娯楽主義者の高校日常

ノベルバユーザー177220

第二話

月島 side

やあ、どうも娯楽主義の月島春水だ。とりあえず入学式には、遅れてしまうから自己紹介でもしようか。

名前  月島(つきしま)春水(しゅんすい)
年齢 15才?
性格 ダラダラ、楽しい事や面白いと感じたものには積極的、テキトー
好きなもの 面白いと感じた物や者
嫌いなもの シリアス展開
趣味 人をからかう事やオモシロ展開に持っていくこと
特技 全部

とま~こんなものかな?他にも聞きたいことがあったら口には出さず………てか、小説だから口ではなく文字か。ま~文字を打って送らずにそのまま心の中に保存しておけよ。俺の事が好きなら、俺ではなく
作者にコメントで聞けよ。

とりあえずは、こんなことをしていたら着席時間になってしまったわ。とりあえず入学式は、スキップでお送りするわ。それじゃ、第二話これで完結。













何か大切なこと忘れているような気がするわ~。
ま、いいっか。寝よ。














学園側  side

生徒会書記「続きましては、新入生代表の言葉。
新入生代表の方は上に登りください。………………………………え?まだ来てない?」
ザワザワ ザワザワ ザワザワ ザワザワ ザワザワ
学園長「新入生代表は何してるんだーー ️」
こうして安楽高校の入学式は一向に終わらなかった。















_____________________________________________________
お久しぶりです。
とりあえずは最初の方はグダグタ感満載で進んで行きますが、それに関してもご了承ください。
あと、主人公に関しても心の中に閉まっていてください。笑笑

「娯楽主義者の高校日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く