Warld End Story

ツバキ

出会い

かつては多くの人々で賑わっていた街、トワイライト。そんな街ももう…焼け野原となっていた。

レヴィリアスに位置するが、ガルタニアとの交流が深くこの街では両国の人間が住んでいた。だから、だからこそこの街は最初の戦場となった。

戦争が過ぎ去ったトワイライトはまさに地獄だ。死体があちこちに落ちており、植物さえ枯れ果てている。そんな中で、動いている者がいる。たった二人の少年少女が。



「この戦争はいつ終わるんだろうね…」

少年が少女に問う。そんな事は誰も分からないと知っていても、心の中の不安は口に出したくなるものなのだ。

「もしかしたら、本当に世界が終わっちゃうのかな」

少女が泣きそうな声で呟く。壮絶な戦いを見てきた彼女にとって、その言葉は冗談ではない真剣なものだった。

「ねぇ、いままでどれだけ苦しかったかをさ、二人で言い合おう!苦しみも分かち合えば軽くなるんだって母さんが言っていたんだ。」

少年が少女を元気づけるようにそういった。自らの母はもうこの戦争で亡くなっているというのに、彼は明るく笑おうと務めた。自分まで泣いてしまったら彼女はもっと悲しくなる、そう思ったからだ。

「そう言えば名前を聞いていなかったね。僕はレント=ブランケン。君は?」

「…リア。リア=ムーリットだよ。」





                  二人の物語はここから始まる

「Warld End Story」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く