種族ガチャ

ミラRISE

異世界留学⑤

学園で俺が掛けに使われたことを知った親父は、案の定「殺す」と小さく呟いていた。流石に危ないなと思い今日完成した『飛行』の魔法の術式を渡すと表情が和らぎ、見せてくれと言ってきた。
王城の中にはに行き魔法を発動する。周りでは王城の警備兵や侍女、王宮魔導師など結構な人がいたため目立ってい待ったのかみんな揃って固まった後拝んできた…
ちょっと、いや結構引いたな。
周りを軽蔑の目で見ていると親父と甲兄さんが近寄って来た、でもそれより周りを気にしていた遊矢は翼を掴まれ可愛らしい悲鳴を上げた。

「「本物みたいだな(ですね)」」

「ひゃっ!」

「うわっ!どうした遊矢」

悲鳴を上げた遊矢はその場に経たり込肩をビクつかせていた、急な事で驚いた司は近寄っていったが遊矢の1m位に近ずいた瞬間体が壁にめり込んでいた。

「大丈夫ですか司?」

「ん?一体何が起きた」

「いや私達にも急に司が壁にめり込んでいた所しか分かりませんでした」

「はぁ?まあそれは良いとして遊矢は?」

壁にめり込んでいたのに痛みも何も無い事に驚いたが、自分の身より娘の方が大事な司はすぐさま遊矢を探すすぐに見つかったが言葉が浮かばなかった…ひとつ以外は。

「くまちゃんパンツ」

「?どうしましたか」

「今日が俺の命日か…」

そう言い残し司はその場に倒れた、甲哲は司が見ていた場所を見て何があったのかを把握した。
中庭の真ん中、空に飛んでいる遊矢のパンツを見て興奮しすぎた余りに、思考が停止してぶっ倒れたのだ。確かにむっつりやそういう部類の人は皆が同じ事になるだろうが、自分の娘でなるかと甲哲は呆れてしまった。

「遊矢さんもうそろそろ降りてきてください。出ないと私達が目のやり場に困ってしまいます。」

「分かった」

遊矢はゆっくり甲哲の元に滑空して降りてきた。

「どうしましたか?」

「あの翼を触られた時に体が痺れて、全身の力が抜けたんだよ」

「はー何ででしょうか」

「な、何ででしょうね」

「それよりも司殿が倒れてしまっては話す人が居なくなってしまいますよ、どうするんですか!」

「そこら辺は大丈夫ですよ」

甲兄さんはそう言って俺の耳元に口を近ずけて話してくれた、聞いた瞬間甲兄さんをひっぱたきそうになったが…
甲兄さん曰く「俺は娘と嫁に甘い声をかけられたら生き返るし、強くなる!」だそうだ。生き返るは人間やめてるし、強くなるは黄色い歓声の間違いじゃね?
取り敢えずやってみてと言われたから近づくと、甲兄さんからついでと言って膝枕させられた。
それから耳元に口を近ずけて…

「起きろ親父!」

………

反応なしだ。

「遊矢さんもっと囁く感じで『お父さん起きて』ってゆう感じでやってみては?」

「えっ!恥ずかしっ、そんなこと言ったら多分俺恥ずか死するぞ」

「でも司が起きない事には何も…」

「うぅ、わ、分かったよ」

遊矢は甲哲に言われて従う事にした。だって甲兄さん言葉使いは優しいのに何かを強制する時、声音と表情が怖かった。ちびるかと思った…だって女になってから(医者曰く)下半身の尿を我慢する筋肉が男より女の方が云々かんぬんらしい。
半ば強制だがやることにした、耳元に口を近ずけて…

「お、お、お父さん起きて?」

(やばい恥ずい!顔熱い…
って起きねーし!死〇!)

「遊矢さんもうちょっとハキハキと言ってみよう」

「えっ」

「言ってみよう」

「は、はい」

何でそこまで俺に言わせようとするのか分からない!と遊矢が心の中で叫んでいる時甲哲は密かにカメラを使い、その場を撮っていた。何故中立に位置する甲哲がそこまで司に協力するのか…それは!

遊矢のおはようボイスが欲しいからだ。

言ってしまえば、大音量の目覚ましより圧倒的に目が覚める。遊矢が幼少期の時によく浴理沙と一緒に預かっていた時に、2人で起こしに来た時は朝が苦手な甲哲が速攻で起きたからだ。甲哲は内心(これでいい寝覚めが出来ます)と最近の悩みを解決出来たことに、喜んでいた。

「お、お父さん…起きて」

「うおっしゃゃゃゃゃや!司復活!」

声を張って呼ぶと司が勢いよく飛び上がり遊矢は尻餅をついた、起き上がった司は遊矢をニヤニヤしながら見つめ頭を優しく撫で始めた。
撫でられ始めて恥ずかしくなった遊矢はいつぶん殴ってやろうかと考え始めると、司はおっさんと部屋を出ていった。

「へ?2人は何処に行ったんだ」

「お父様達は話し合いに行きました」

振り返るとカリーナと王妃が居た、いつの間に。
心の中でつっこんでいると王妃が話しかけてきた、それも誰が言ったのかデリカシーの無いことを。

「あなたがユウヤさんですわね」

「お、おう。そうだぞ」

「失礼ではありましょうがその…」

「…ん?」

「…お胸を触れせてくださいませんか?」

「…え?」

その後王妃アリリア・フォルサイダさんに胸を揉まれ、一生懸命耐えたのだが。すごくショックを受けていた、椅子に座って「私の3倍はありますわ」と小さな声で呟いていた。でかいより普通以下の方が動きやすくていいよ、って言おうとしたけどしばかれそうだから黙っていた。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く