外章。私は何故か海を漂っていた

11月 ミツシ

1話。【行方不明】

 何故こうなったのだろうか…?
 私は今救命ボートの上にいる。つまりここは海、そして目の前には…飛行機のが落ちていた。
 確か私は、ポ皇へ向かおうとして、極東大陸が見えてきたときに、桔梗からロケットエンジンに切り替えるといわれて、徐々に高度が下がってきていたのは感じていて、そして気が付いたら海を漂っていた。 
 あの飛行機は私の他に機長が乗っていたはずだったが、海水を検知したら自動で開く救命ボートの上には誰一人も乗っていなかった。
 救命ボートにはオールや非常食、簡易ろ過装置が付属してある作りだった。そのオールを使い、残骸が多く漂っている海を捜索したが、誰一人として見つからなかった。
 いや…、何かがおかしい。
 国際航空法で海に落ちても浮くように、さらにわかりやすいように常備することが義務だったはずのブラックボックスが一つも見つからなかった。
 偶然読んだ本に記載されていたボックスの写真を思い出して探しているが、どこにもない。
 数十分探した末、見つかったのは…

「防水用無線機と水、信号弾、それに…階級章…?」

 見たことがない階級章らしき布を、コクピットあたりから発見した。
 飛行機は、見るも無残に真っ二つになっており、浸水をし始めていたが、運よく乗り込むことができ、これらすべてを機内で発見した。
 しかし、この階級章も実に謎だった。

    ☆

  ✙   ✙

  ―――――――――
  ―――――――――

 こんな感じの階級章だった。
 後々調べてみたが、このような階級章はどの国家にも使われていなかった。もちろん我が国も…
 まぁ、今はそんなことを思っても仕方がないので、無線機を使い、救助を呼ぶことにした。だが…
 キューゥン
 ノイズが入るだけでどこにもつながりそうにない。周波数を合わそうにも何番に合わせばいいかもわからない状態であった。
 なんかいろいろ絶望度が半端ないので、私はあきらめて水を飲むことにした。




「外章。私は何故か海を漂っていた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く