話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は趣味に没頭します

ててて

11 彼の過去

ルーフィス視点




「くそ!くそ!くそ!!なんで、なんで私の周りにはクソみたいな男しか寄ってこないのよ!!」

それは、お前もクソだからだろ。

「なんで、あんな女に取られなきゃいけないのよ!!そんなにあんな女がいいの!」

取っ替え引っ替えのあんたよりはいいと思うよ。

「なんで私ばっかり!」

よく言うよ。


今日のババアはいつもより機嫌が悪い。いつものこの時間なら厚化粧で身体がもろで出るような服を着て男を迎える。そして、部屋からは出てこない。

どうやら昨日まで一緒にいた男と別れたようだ。

(今日は荒れるな)

そんな風に思いながら部屋の押入れにいた。押入れからは絶対に出るなと言われている。まぁ、出たくはないが。夜は特に。

すると、不意に扉が開いた。

「あんたよ、あんたがいるせいで私は男に恵まれないんだわ。あんたのその目。大っ嫌い。昔の男なんか思い出したくもない。あんたなんか産まなきゃ良かった。……あぁ、あんたが居なくなればいいのよ」

その時に見えたババアの顔は初めて見るものだった。これが笑顔か。そして、意識が途絶える。


気づいたら外にいた。外に出たのは何年ぶりだろうか…身体の節々が痛い。殴られたのか…

「…あんのクソババア」

ひとまず、屋根のある路地を見つけた。どうしたもんか。これから生きていく知恵など持ってない。いつもは水とゴミに入ってるカスでしのいできた。だが、これからはどうしのぐか。

2日がたった。ひとまず民家のゴミを漁り川の水を飲んで生活した。これであとどれくらい生きれるだろうか。何日?何週間?何年?あと、どれくらい続けなければならないのか。

「ねぇ、君。こっちにおいで。」

高そうな服を着た男が話しかけて来た。

(もしかしたら、奴隷売りか?)

奴隷になれば働かなければならないが必要最低限の食料はもらえる。この時の俺はもう、なんでもよかった。

飯が食えれば、水か飲めれば、生きられれば。

そうして、高そうな服を着た男についていった。馬車に乗ると、男から水とパンをもらった。パンは初めて食べた、硬かった。でも、今まで食べてきた物の中で一番美味しかった。
そして、屋敷に着くと、たくさんの人に囲まれて風呂に入れられ、髪を切られた。前髪は切るのをやめてもらった。また、目の色を嫌われて捨てられたら困るから。そして、服を着せられた。服なんてババアが捨てようとしたやつしか着たことがなかったが案外、自分に合うものだと苦しいことがわかった。

「ねぇ、君。僕の二人目の息子にならないかい?僕には息子と娘がいるんだ。その娘がね、リアって言うんだけどまた可愛くて可愛くて…じゃなかった、もし行くあてがないなら僕の息子になってよ。」

(この人は何を言ってるんだろうか…路地裏に捨てられた平民の汚い子供だぞ?)

そんなのを欲しがる人がいるのか…

「なんで、君を欲しがったか不思議そうだね。んー、そうだな。じゃあ、僕の娘に会ってみてよ!きっと分かるから」

よくわからない男だった。でも、行くあてもなく食べるものもない俺にとっては断る理由がない話だ。俺は男を見てしっかり頷く。

「おぉ!了承してくるか!!私の名前はエルバート・エルディーナだよ。慣れてからでいいからお父様と呼んでね。さぁ、行こうか」

そうして、連れられた部屋には女の人と長男とみられる男が立っていた。

「ふふふ、その子がさっき言ってた新しい家族ね。私はフィーリア・エルディーナ。この子はあなたのお兄さんになるウィリアム・エルディーナよ。」

お兄様の方は紹介をされるとぺこりと頭を下げる。一応、自分も下げておく。すると、扉がまた開いた。

「失礼します、お父様。お呼びでしょうか」

そこには、自分と同じくらいの年頃の女の子。

(あ、この子…)

なんとなく、お父様?が俺を屋敷に欲しがった訳がわかった。

(俺と同じ紫の目だ。)

この日から俺の人生は大きく変わった。と思う。それに気づくのはまだ何年も先の話だが。



ここまで読んでくださりありがとうございます!
フォローも300突破しました!!やっばいです!

新作☆異世界転移した少女が幸せになる物語☆
٩( ᐛ )وこっちはちょっと甘めです! 

「悪役令嬢は趣味に没頭します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 柊歌

    最後のフィーリアの挨拶で苗字がエルバーナになっちゃってますよ

    2
コメントを書く