創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚

カノン

レンvs世界最強 2

 頭の中で響く機械的な声。その声には感情らしきものが見当たらない。メルや世界神、ましてや自分の声でもない。機械的で無機質な声が自分の頭の中で響いている。

 『マスター、御自分のステータスを御確認ください』

 その声に導かれるように無意識にステータスを見た。

name:レン・サクリファイ
race:人族
age:4
sex:男
level:83
HP:5012000000/5012000000 (×500)
MP:151500000/151500000 (×500)
STR:102018000 (×500)
AGI:3636000 (×500)
DEF:6612000 (×500)
HIT:9102000 (×500)
AVO:7848000 (×500)
MAG:102010 (×500)
skills
unique:創造 時空之王 叡智之王 
 大罪之王 蒼炎 自己超過 遮断不可
 必要経験値減少 取得経験値倍加
 成長率倍加 贄与奪
normal:
身体能力向上スキル
 ステータスUP(極) 胆力Lv1 屈強Lv10 剛力Lv10 鉄壁Lv10 鋭敏Lv10 
 豪運Lv1 剛健Lv10 集中Lv10
 豪魔Lv4 
戦闘スキル
 武術Lv10 瞬動Lv10 剣術Lv10
 槍術Lv1 鎌術Lv1   弓術Lv1 投擲Lv1 軽業Lv1 空歩Lv1
 魔力操作Lv9 魔力察知Lv9 
 魔力吸収Lv9 魔力錬成Lv10
 火魔法Lv7 水魔法Lv6 土魔法Lv6 
 風魔法Lv8 雷魔法Lv7 光魔法Lv5
 聖魔法Lv4 闇魔法Lv3 影魔法Lv8
 無属性魔法
 隠蔽Lv10 偽装Lv10 鑑定Lv7 
 神眼Lv7
 並列思考Lv8 気配察知Lv10
 危機察知Lv10 自然治癒Lv10
 魔力消費減少Lv7
Dp:世界神の加護 創造神の加護
 武闘神の加護 魔導神の加護
 魔神の加護 商業神の加護
 酒神の加護 ??????の加護
title:世界神の加護を与えられし者
   時間ときと空間の覇者
   全てを知りし者
   大罪を犯し者
   混ざりし者

 な、なんだこれ!?おかしいだろ!急にステータス上がりすぎなんだが!?
 いや、待てよ?さっき聯立れんりつがどうとやらって言っていたな。

 『そうです、マスター。ユニークスキルの〘大罪之王〙が発動され、マスターにガリア様のステータスが上乗せされています』

 まさか・・・・俺の知らないところで自分が勝手に強くなっていた・・・・・・もっと自分が努力して強くなりたかったんだがなぁ・・・
 というか貴方だれ?凄く自然に会話していたんだが、

 『失礼しました。私はユニークスキル〘叡智之王〙から創り出された固有名〘ウィズ〙と申します。よろしくお願いします』

 はぁ、とりあえずよろしく。
 それで、なんだっけ、ユニークスキル『大罪ノ王』だっけか?
 俺そんなの発動させてないんだけど?

 『ユニークスキルというのは、無意識的に発動するものと、意識的に発動するものがあります。
 今回使用した〘大罪ノ王〙は無意識的に発動するものです。いつ、何処で発動するかはわかりません。
 今回はマスターのもっと強くなりたい、もっと戦いたいという思いが発動条件だったようです』

 まぁ、確かに互角に戦えたら物凄く楽しいんだろうなって思ったけどなー
 けど、とりあえずはこれでもっと楽しめるから一応は感謝しようか
 さぁさぁ!続きだ続き!

ガリアsideーーーーーーーーーーーーーー

 ん?急に気が強くなったな・・・・
 うむ、間違いない、俺と同等程度がそれ以上だな・・・・
 ・・・・・・・・くっ、ハハ、ハハハハハハ!!流石は俺の息子だ!
 あぁ、久々に楽しめそうだ!

ガリア 「最早言葉は不要、さぁ、楽しもうじゃないか!」






もう嫌だ・・・何故に学校があるんだ・・・家に引きこもって小説書いて寝てゲームしたい・・・
おっと、愚痴がこぼれてしまいましたね(故意的)笑笑
さて、遅れてしまいました。結構バトル系書くの難しいですね。読んでいる方で、こーゆー風に書いた方がいいよっていう感じのがある人は、是非とも教えていただけると嬉しいです笑笑
あと、コメントは全部にいいねさせて頂いてます!
最後まで読んでいただきありがとうございます!


追記
このあと、いつになるかわかりませんが、章ごとで纏めます。1話1話読むのが面倒、一気に読みたいという人は、そちらを読んでいただければと思います。

「創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く