創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚

カノン

レンvsアレク&ククリア

メル 「とりあえずレン様のMPを回復させましょうか。『MP譲渡』」

メルがレンに近づきそう言うと、レンの体が薄く光った
!?な、なんだこの感触・・・!メルのが俺の中に入ってくる・・・!
※実際には、メルのMPが俺の中に入ってくるっていうだけであって別に意図してやった訳ではございません。ございませんが、なんとなく謝っておきます。大変申し訳ございませんでした。

どことなく悔しいな・・・負けるとはわかっていたがもっとやれると思ったが、流石としか言えないな
さて、次はアレク兄さんとククリア姉さんか・・・いつも二人で試合してるっていうから連携がすごいんだろうか?まぁ、対策はしていくか・・・

ガリア 「レンのMPも回復したことだし、アレクとククリア対レンの試合を始めるか。兄と姉なんだからあまりみっともない姿を見せるなよ?」

アレク 「大丈夫だよ!目に物見せてやるからね!」
ククリア 「勝ちます。」

お父さんあんまり煽んないでよ・・・

ガリア 「ハッハッハ!二人ともやる気十分じゃないか、それでは始めるか。
試合始め!!」

お父さんがそう言った瞬間にククリアが飛び出してきた。
やはりと言うべきか姉さんが前衛で兄さんが支援と魔法攻撃って感じか、っていうか姉さん早っ!まぁとりあえずは様子見って感じでいいかな・・・

ククリア 「あまり舐めない方がいいぞ?」
レン 「っ!!」

やっぱりアレク兄さんがウザイな・・・多分だが全体的にエンチャントかけてるんだろう。さっきよりククリア姉さんのスピードが更に早くなってるからな・・・まずは兄さんの魔法からだな。

レン 「合成魔法『魔法遮断結界』」
アレク&ククリア 「「っ!!」」

さて、これでアレク兄さんは魔法が使えないし、ククリア姉さんは支援が受けれないな
『魔法遮断結界』文字から分かる通り、魔法を遮断し封じ込める結界。結界の中にいる人間は魔法が使えず、まが結界の外に出られない。
アレクとククリアが苦笑しながら

アレク 「僕の弟は優秀すぎて兄さん立つ顔がないよ」
ククリア 「ま、まぁ武術に持ち込ませなければいけるだろう」
レン 「あまり舐めるなよ?」

その一瞬でレンはククリアの懐に入っていた。アレクは魔法が使えないのでスグに退避、ククリアが対処する。

ククリア 「くっ!!」
レン 「ハハ、これを耐えるんだね、楽しいよ!とりあえずこれをくらえ『玄明窩』」

レンがククリアに蹴りを入れ、吹っ飛ばした後にアレクに接敵した

レン 「アレク兄さんは先に退場しといて『蓮月』」
アレク 「かは・・・っ!!」

音速を超える速さで拳を打ち出し意識を奪う。そしてククリアの剣とレンの拳が打ち合わさり、そこから衝撃波が生まれる。

レン 「あとはククリア姉さんだけか・・・・・・この技人に使うなって言われてたし父さんまでとっておきたかったけど使うか」
ククリア 「こちらも奥の手だ、やってやろうじゃないか」
レン 「『上下花迷子しょうかはなめいし雲嶺毘湖鯉鮒うびねこりゅう』」
ククリア 「『冠覆転易かんりてんえき』」

凄まじい音と砂煙であたり一帯見えなくなった。
砂煙が晴れ立っていたのは・・・

ククリア 「はぁ・・・はぁ・・・私の・・・勝ち、だな・・・」

ククリアが立っていた。
『上下花迷子・雲嶺毘湖鯉鮒』
音速のアッパーカットをくらわせ、浮いた相手をかかと降ろしで沈める2弾撃
『冠覆転易』
自分が受ける攻撃を全て相手に返す、ただし、1日1回という制限がある

ガリア 「ふむ・・・やはりククリアの『冠覆転易』は強いな、1日1回という制限があったとしても初見にはわからんな。」
ククリア 「いえ・・・全部を、返せません、でした・・・はぁ・・・それに、未だ戦闘経験のない弟にこれです。私も兄上もまだまだです。」
ガリア 「ハッハッハ、そうだな。アレクに関しては何もしていないからな。とりあえずは決着だ
アレクとククリア対レンの試合はアレクとククリアの勝利!!」




アレク 「納得いかないよ!!」
ククリア 「何もしていない兄上は黙っていてください」
アレク 「ぶぅ」





すみません寝落ちしましたすみません
はい、ということで過ぎた事はしょうがないもう気にしません!笑笑
もう技名考えるのめんどいです笑
いい技あったらコメントで私にください笑笑
最後まで読んでいただきありがとうございます!

「創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く