創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚

カノン

兄と姉

しかし、父親と母親はどんな人かわかったが、兄と姉を見たことないな。学園だったかそんなとこに通ってるそうだが、帰ってこないなんて事あるか?

レン 「お兄様とお姉様はいつ頃に帰って来るのでしょうか?」

ガリア 「アレクとククリアか?俺も詳しくは知らないんだが、たまにしか帰ってこないからな・・・・ラティアは知っているか?」

ラティア 「いいえ、私も詳しくは知らないわ。けど、私たちが帰って来るといつの間にかいるのよね。」

お父様とお母様も分からないとか、正体不明すぎるだろ。困ることはないんだが、俺のことは言っておくべきなのだろうか?いつ会えるのかわからないな・・・
まぁ、会えた時に言えば良いだろう。

?????? 「これが僕達の弟か~」

?????? 「中々良さそうではないか?」

?????? 「はは、この歳でここまでだと結構凹んじゃうな~」

ん!?何処から湧いてきた!?
レンが今まで何も無いと思っていた所から、そこに居たのが当たり前かと言うようにその2人はレンの目の前にいた。

ガリア 「お?帰ってきたか。丁度お前達の話しをしていたんだ。丁度いい時間だし、昼食を食べながらお互いの紹介といこうか。」

ラティア 「えぇそうね。今日は久しぶりに私がご飯を作るわ。」

・・・・・・大丈夫なんだろうか?完璧そうな人に限って何か1つ凄くヤバい弱点がありそうなんだが・・・・料理がそれだったらキツイな・・・・・・
と、レンが考えている間にラティアとメルはキッチンへと向かっていった。その他の4人は特にする事が無いので話しながら(レン以外)ゆっくりとダイニングへと向かった。

ダイニングにて・・・・・・
テーブルには既に何品かが乗せられていた。綺麗に彩られた様々な料理が並べられ、とても美味しそうに見えた。
こ、これは・・・・・・見た目は凄く美味しそうに見える・・・・・・

ラティア 「あら?もう来たの?もう少しかかるから待っててね。」

ガリア 「おぉ!今日はいつにも増して美味そうだな!」

ラティア 「そうよ、久しぶりに帰ってきたし、皆居るからね。豪華にいったわよ。」

メル 「これで、もって来るものは最後です。食べましょうか。」

と言ってメルが持ってきたのは何かに包まれたものだった。
なんだろうあれ・・・・凄く気になる・・・・・・

ガリア 「では、食べながらレンの為の自己紹介といこうか。まずは俺からだな。俺はガリア・サクリファイ。サクリファイ家の当主と共に剣聖とも呼ばれている。」

ラティア 「次は私ね。私はラティア・サクリファイ。ガリアの妻で巷では魔導女王とか呼ばれているらしいわ。私はこの呼び方には納得していないわ。もっといい呼び名があるはずだもの。」

アレク 「次は僕だね!僕はアレク・サクリファイ。サクリファイ家の長男で、今通ってる学園の生徒会長をしているよ!」

ククリア 「ん?私か。私はククリア・サクリファイ。兄と同じ学園に通い、生徒会副会長をしている。」

メル 「私もですか?それでは失礼して、メル・サクリファイです。サクリファイと付いていますが、実際にはサクリファイ家の子ではありません。色々な事情があり、ラティア様に拾われました。」

レン 「では、最後に俺ですね。レン・サクリファイです。お父様、お母様、メルには話していますが、魂が異世界人の特殊な人族です。」

さて、兄と姉はどのような反応するかな?

アレク 「知っているよ!さっき覗いた・・・からね!ククリアも同じ反応したけど、最初はビックリしたね!今でも信じられないくらいだよ!」

レンは予想外すぎる言葉に言葉を失った。
・・・・知っている?何故だ?しかも、覗いたってなんだ?

ククリア 「レンが驚くのも仕方がない。覗いたと言われ、何を言っているか理解出来るはずもない。兄上よ、ちゃんと説明してやれ。」

アレク 「そうだね!それじゃ説明するよ!これは僕のユニークスキルで、『記憶之断片』っていうのでね、自分よりも低いレベルの人の記憶を見れるっていうスキルなんだけど、あまり使わないようにしてるんだ~。これ使っちゃうと大体の人の記憶が見れるから、作戦とかわかっちゃって面白くないからさ~。」

あぁ、そういう事か。確かに俺はレベル1だからな、仕方がないことだ。

アレク 「あ!それじゃぁさ、皆のステータスを公開しようよ!隠蔽とかも外してさ!」

ガリア 「それはいい案だ。アレクとククリアも成長しただろうし、ステータス公開といこうじゃないか。」

ラティア 「はいはい、それはご飯を食べてからね。冷めちゃうわよ?」

ガリア 「む?それはいかんな。それではいただこうか。」






いいねありがとうございます!嬉しいです!学校始まるので更新遅れるかもしれないですが、頑張って更新します!
最後まで読んでいただきありがとうございます!

「創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く