創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚

カノン

『創造』

朝食後・・・・・・

「それでは創っていきましょう。創る時に『創造』と唱えれば創れます。通常スキルはMPを50消費し、ユニークスキルは1000消費します。レン様のMPなら無くなる事はないですけど、一応の説明です。では言っていきます。」

じゃぁやるか、『創造』!

創造後ステータス

name:レン・サクリファイ
race:人族
age:0
sex:男
level:1
HP:12000000/12000000 (×500)
MP:49992100/50000000 (×500)
STR:18000 (×500)
AGI:36000 (×500)
DEF:12000 (×500)
HIT:102,000 (×500)
AVO:48000 (×500)
MAG:96000 (×500)
skills
unique:創造 時空之王 叡智之王
 大罪之王 蒼炎 自己超過 遮断不可
 必要経験値減少 取得経験値倍加
 成長率倍加 贄与奪
normal:
身体能力向上スキル
 ステータスUP(極) 胆力Lv1 屈強Lv1 剛力Lv1 鉄壁Lv1 鋭敏Lv1 豪運Lv1 剛健Lv1 集中Lv1 豪魔Lv1 
戦闘スキル
 武術Lv10 瞬動Lv2 剣術Lv1 槍術Lv1 鎌術Lv1   弓術Lv1 投擲Lv1 軽業Lv1 空歩Lv1
 魔力操作Lv1 魔力察知Lv1 
 魔力吸収Lv1 魔力錬成Lv1
 火魔法Lv1 水魔法Lv1 土魔法Lv1 
 風魔法Lv1 光魔法Lv1 雷魔法Lv1
 闇魔法Lv1 聖魔法Lv1 影魔法Lv1
 隠蔽Lv1 偽装Lv1 鑑定Lv1 心眼Lv1
 並列思考Lv1 気配察知Lv1
 危機察知Lv1 自然治癒Lv1
 魔力消費減少Lv1 
 Dp:世界神の加護 創造神の加護
 武闘神の加護 魔導神の加護
 魔神の加護 商業神の加護
 酒神の加護 ??????の加護
title:世界神の加護を与えられし者
   時間ときと空間の覇者
   全てを知りし者
   大罪を犯し者

「このくらいですね。他に必要なのはその時になってからでいいと思います。また、創る時に魔力を感じたと思うので練習していきましょうか。」

まぁ、微妙にだが感じられたな。これが魔力か・・・・・・こうしてみると本当に異世界に来た感じがするな・・・・

「まずは外に行きましょうか。ラティア様とガリア様には外出許可を取っているので大丈夫です。」

流石メルだな・・・・準備万端じゃないか。それでも庭で練習するのか?

「庭でも良いのですが、折角なので壁の外に行きます。レン様は外に行きたいと思いますので。」

まぁ、そうだな。外に行きたくないと言えば嘘になるが・・・・・・メルも一緒に行くようだし、大丈夫だろう。

「私も付いて行きますよ。ていうか私が居なければ何処にも行けないですからね。それでは行きましょう。」

そうだよな、自分が0歳だっていうのを忘れてた。これで街の様子やどんな所か分かるだろうし、少し楽し・・・・

「はい、着きました。周りに人が居なかったので『転移』出来ました。・・・・どうかしました?」

・・・・・・いや何でもない。魔法の練習をしよう。

「?そうですね。では、まず先に行うのが魔力循環です。これは魔法を使うにあたって基本中の基本です。これをやらなければ無詠唱で魔法使うことは出来ませんからね。では早速・・・・・・」

ちょっと待ってくれ、無詠唱で魔法を使うのか?

「言っておきますが、この世界で魔法を無詠唱で使う人は少ないです。〖詠唱〗というのは、魔法を使うのを補助するものです。しかし、〖魔法〗とは、イメージで使うものです。少数の無詠唱を使える人はこれを知っていますが、詠唱をする人はこれを知りません。また、知っていてもイメージが出来ずに諦める人が大半です。しかし、レン様は元々はこちらの世界で言う異世界人。異世界人とはイメージ力が優れていると聞いています。なので、レン様には無詠唱で魔法を使っていただく訳です。分かりましたか?」

メルのことだから何か理由が有るのだろうと思っていたが、そういう事か。ありがとう。

「納得して頂けたなら、早速魔力循環に取り掛かりましょうか。先程、魔力を感じたということなので、その魔力を血液の様に身体全体に循環させます。」

まずは魔力を感じる・・・・・・これだな。これを循環させる・・・・・・・・難しいな・・・・・・こんな感じか?

「もう少しですね。魔力に無駄があります。その無駄を無くしてください。魔力を1流したら、戻ってくる時も1になるようにです。」

1流したら1戻ってくる様に・・・・・・・・・・・・こんな感じか?

「はい、そんな感じです。これを毎日行うことによって、無意識に出来るようになり、そうなると、魔法を早く打てるようになります。」

そうなのか、ゲームで異世界について知っていると思っていたが、知らない事が色々あるな。

「他にも知らない事がいっぱいありますから、一緒に見ていきましょうね。」

そう言うメルの笑顔は直視出来ないほどに可愛かった。
ヤバいな・・・・惚れそうだ・・・・・・

「それでは、魔法を使っていきましょう。まずは五大属性の火、水、土、風、雷の初級魔法からやりましょう。」

やる事が無いから、毎日やるか・・・・・・






どうでしょうか?これだと、2100文字くらいなんですけど、コメントお願いします。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

前のやつで書くの忘れてました。一般的なステータスです。

name:カリブ
race:人族
age:24
sex:男
level:4
HP:1200
MP:2000
STR:120
AGI:240
DEF:80
HIT:680
AVO:320
MAG:640
skills
normal:武術Lv1 剣術Lv2


こんな感じです。どれ程幸がゲームをやり込んだのかが分かると思います。
しかし、上には上がいますので・・・・・・



8/19 再更新→レンのステータスに書き足しました。

「創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ラインハルト

    これからも頑張って更新して下さい。

    2
コメントを書く