創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚

カノン

異世界へ(前準備)

 あまりの眩しさに目を閉じていると、メルセディアの声がした

「到着しました。ようこそ、異世界«イストフィール»へ。」

 目を開けるとそこには、ゲームの中で見た景色が広がっていた。壮大な森、多種多様なモンスター・・・・
 これは・・・・すごいな・・・・しかし、今の状況は何なんだ?視点が結構高いようだが・・・・・・

「今、幸さんは魂のような状態です。ここで、この世界についての情報と貴方についての情報を教えます。」

 あぁ、そういうことか。確かに何も知らずに会話していたら何も知らない俺は怪しいやつだからな。

「お分かりいただけたようで何よりです。それでは説明します。
 この世界の名前は«イストフィール»、この世界では大陸が四つに別れており、東西南北で名前が決まっています。また、それぞれの大陸での大きな違いは、そこにいる種族です。東大陸の獣人族、西大陸の精霊族、南大陸の人族、北大陸の魔人族がそれぞれ住んでいます。大陸の間には大きな川が流れており、移動する時には転移装置を使用するようです。貴方が転生するのは、人族の大陸です。人族の大陸は《ストラフォード国》が統治しているようですが、中には反乱を企てている貴族がいるようですね。貴方が転生する家系は【サクリファイ家】です。父親がガリア・サクリファイといい、世の中では剣聖やドラゴンスレイヤーなどといった称号が付いています。母親はラティア・サクリファイといい、世の中では、魔導の最高峰に位置する人です。更には姉と兄がいます。姉がククリア、兄がアレクです。貴方は転生したらレンという名前に変わります。ステータスなどは転生してからのお楽しみということでお願いします」

 うん、何言ってるのかわからん。国とかはいいけど、父親が剣聖?その上ドラゴンスレイヤー?人外かよ・・・・母親は魔導の最高峰?人外の子供なんだ俺・・・・・・やっていける自信がないんだが・・・・

「私から言えるのは頑張ってください、ということだけですね。以上で説明は終わりですが、分からないところや知りたい事はありますか?」

 知りたい事?特に無いと思うが・・・・そういえばメルはこのあとどうするんだ?一緒に行くにしても子供になる訳ではなさそうだが?

「私は家のメイドとして幸さんに仕えます。安心してください。」

 誰もが惚れそうな眩しい笑顔でメルはそう言った。
 ・・・・そうか。それじゃ他には無いから行こうか。

「わかりました。それでは転生を開始致します。」

 メルがそう言うと、俺の意識は闇の中へと落ちていった。








更に酷くなっている感じがしてたまりません。
最後まで読んでいただきありがとうございます。



2018年12月12日/修正

「創造の力で異世界無双~言霊使いの異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く