虫のこえ

マウンテン斎藤

第1話 -ナマリ-



 昼は騒がしく、夜は静けさに包まれる。公園とは本来そういう場所だが、ここは違う。辺りは森に囲まれ、遊具が山型のアスレチックとキリンの滑り台、2人分のブランコしか無く、子供はほとんど遊びに来ない。たまに来るのはお年寄りばかりで、昼は閑散としている。そして夜は、、、彼らの溜まり場になっている。



「…おいおいトザンカさんよォ!なんでお前はそこでアタックしなかったんだよ!そこは普通行くだろ!男ならガツっと告白するだろ!彼女もきっとお前に惹かれてたはずだぜ!?あぁなんて勿体ねえことを!」

身振り手振り、大げさなジェスチャーをしながら熱く息巻く男に、トザンカは答える。

「いやぁ〜、オイラその辺は経験なくてさ。どうすれば良いのか分かんなくなっちゃったのよ。それがまた美人でテンパっちゃってさ、惜しいことをしたなぁ〜。相手が山なら良かったのになぁ〜。もしくはオイラがハイユーみたいに男前だったら...」

トザンカの情けない言葉にハイユーはため息をついて

「はぁ、、お前なぁ。山を登る勇気はある癖に、女にアタックする度胸が無いなんて、、、生前の俺なら引っ叩いて喝を入れてやってたね。」

「あはは。今はもう手がないし無理だねぇ〜」


茶碗をひっくり返したような形をした、山型のアスレチックをよじ登りながら、熱く語り合っているのは二匹の生き物だった。一匹は米粒みたいに小さく、6本足で器用に山を登っている。もう一匹はそれより少しだけ大きく、頭に生えた大きなツノが、暗闇の中でも月明かりに照らされて輝いている。


「大体なんで俺たちはこんな体で蘇ったんだよ。不便で不憫で仕方ねえわ。」

ハイユーが不満を漏らすと、

「そおかなぁ?オイラは登り甲斐があって楽しいけどなぁ。この山を登ってると、あの頃を思い出すよ。」

トザンカは快活な足取りで山を登っていく。すると二匹の前方に山の頂上が見えてきた。

「お、そろそろ着きそうだな」

ハイユー達が山の頂上に着くとそこは窪地になっており、窪地の底に一匹、先客がいた。

「ハイユー!トザンカ!もぅ、待ちくたびれたよ!君たちがあんまりに遅いから、曲を3つも書きあげてしまったよ!…さぁ!早く宴をしよう!今夜は半月だ!もう待ちきれない!酒は持ってきたか?!」

ブンブンと手を振り、よく通る大きな声でこちらに話しかけてきた男にハイユーは面倒くさそうに答える。

「はいはい。持ってきたよ。ほら、あそこに生えてる木の樹液だ。結構重かったんだぞコレ。」

ハイユー達は窪地に降りながらその男の文句を垂れる。

「まったくもう〜。シキシャはいつも飲む前から酔っ払ってるよねぇ〜」

シキシャと呼ばれた男は嬉しそうに樹液を受け取ると、チュルチュルと吸い取るように飲んだ。

「あぁ〜。これだよこれ。これがないと宴は始まらない。」

シキシャはプハーっと息を吐くと、樹液が入ったボトルを持ったまま、羽根をバタつかせ慌ただしく喋り始めた。

「さてみんな!早速宴を始めよう!私たちは一度は死んだ身だが、天の思し召しで再びこの地に蘇った!この小さな身体に魂を移して、大地を踏みしめているのだ!酒を飲み、曲を奏でて盛大に祝おう!」

シキシャが興奮して飛びそうになるのを制止してハイユーが質問した。

「ちょっと待て。今日もアイツは来ないのか?」

ハイユーが公園の隅のブランコにある小さな光を指し示すと、シキシャはチラッと見て答える。

「あぁ、、ナマリか。どうやら彼は1人が好きみたいだ。私たちとあまり関わりたくないらしい。いつもああやってブランコの上で空を見上げているよ。寂しいやつだ。」

それを聞いてトザンカは悲しい顔をして言う。

「彼、、ナマリは生前の記憶がないんだよ。オイラも一度会って話してみたけど、みんなと話すみたいに、彼とは喋れなかったよ。オイラの事はたくさん喋れても、彼のことは何一つ聞けなかった。自分が生前に誰だったのか分からないのって、とても辛いことなんじゃないかな。オイラ達はここで生前の記憶について語り合うけど、記憶のないナマリは話に入って来れないよね。」

シキシャは少し気まずそうな顔をして、樹液が入ったボトルを見つめながら言う。

「あぁ、それで彼は自分の名前も分からないと言うので、私がナマリと名付けたんだ。彼の喋り方には少し癖があったからな。」

そうか。とハイユーが呟くと沈黙で空気が淀んだ。シキシャは遠くナマリのいる方を見つめた後、目を伏せ、また樹液を口にした。樹液をグビグビッと飲んだ後、一呼吸、息をついてから話し始める。

「ま、とにかくだ!また今日も皆無事に宿主が死なず、蘇ることが出来たんだ!盛大に祝おうじゃないか!人生今を楽しんだものが勝ちなんだから!」


シキシャが木の枝を持ち、葉っぱに書かれた楽譜を開いて、演奏の準備を始めた。ハイユー達も葉を巻いて笛を作り、木を丸く削って太鼓を作った。今宵も公園に、騒がしい夜が訪れる。

「虫のこえ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く