クラス皆異世界召喚されたのに僕だけ転生ってどーゆーことですか!?

かんざきNanaka

第5話 君の名前は………

「そ、それじゃぁ…………﹝アオ﹞で」

『なぜに、アオ?』

「いやぁ~なんとなく?」

『なんとなく………こいつぁ~ひで~や』

なにその突っ込み方…………

「じ、じゃあどんな感じのがいいの?」

『だから言ったじゃん可愛い感じのでって(なんで分からないのかなぁ?』

「具体的に、言えよ、おぉ?てゆうか、実体がないとなんとも言えんぞ?」

『しょうがないなぁ、分かったよ、見せればいいんでしょ』

 ボンッ!

 そこにいたのは、服は、ゴスロリっぽい?髪はショートで水色、結構小さめの身長で150cmぐらい………そして、女性歴の短いでもわかる……巨乳………なぜだ?前は、「すごいなぁ………」って、思ったけど、今は憎悪と虚しさしか湧かない………ついに心まで女性に……くっ……ロリ巨乳め

「どうっ!これが私の姿よ!可愛いでしょ!」

「あぁ、今決めたよ、君の名前は﹝ロリ巨乳﹞で」

「な、なにを言ってるの?もっと良いのがあるでしょ?」

「いいのってなんだよ!まだ女性になってから1日しか経ってないにもわかるんだぞっ!………貧な人も苦労するわ………こんなの………」

「?」

は?見たいな顔をすんな………
素直に決めてやるか………うーん………の名前燐だから、火に関する感じの………

「﹝ホムラ﹞」

「え?」

「だから、﹝ホムラ﹞お前の名前」

「あ、あんまり可愛いとは言えないけど、いいんじゃない?」

「じゃホムラで」

こうして、結構呆気なく、名前が決め終わった。
燐はふと……

「そろそろ別の場所に行こうかな?まだ、ここに来て1日しか過ぎてないけど。あ、一人は寂しいので、実体のままでいてくれる?」

「まぁ、いいけど」

「んじゃ、まぁ、街でもいきますか。近くにある街は?そういえばここ、どこ?デカイ草原の中心付近ぐらいしか分からないけど………」

「あぁ、ここね、ルーナ王国のフリーゼ草原よ、近くは、王都だけどね」

「ふーん」

「なに?興味無いの?」

「まぁ、あんまり?そういえば、他の奴らどうしたんだろう?」

「あぁ、お友達ね」

「友達と呼べるかは知らないけどね」

「ふーん」

そして、ロリ巨乳と、異世界転生者性転換者は、王都を目指すことにした。


第6話へ↓

「クラス皆異世界召喚されたのに僕だけ転生ってどーゆーことですか!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く