クラス皆異世界召喚されたのに僕だけ転生ってどーゆーことですか!?

かんざきNanaka

第2話 落ちるまで

 どうも 筆者のかんざきさんでごさいます。 えっ? たいして話が進んでないのに、過去の振り返りなんてしてんのって思っている諸君、一つ言おう
許してつかーさい、次なに書こうと思っていて閃いたのが燐君(?)の家族などについてを思いついたんです。
とゆうことで、レッツラゴー!


 俺、いや 私黒鉄  燐くろがね りん の今までのことについて振り返りたい。

 まず家族についてだ、父と母と妹と暮らすごく一般的な家庭だった、家族構成だけは……
なんと 私の家族は皆中性的な顔なのだ 
 父は私と同じ女性よりな感じであり街を歩けば、誰かしら話かけて来るのである、美少年すぎなのでござる。
 母は男性よりなイケメンな感じ、街をあるけば女性のお鼻が赤い噴水になって倒れる人が沢山いる イケジョすぎなのでござる。
 妹は可愛らしい感じの美少女だ、妹が帰って来ると、鞄いっぱいに入ったラブレターが必ずある
紫乃さんといい勝負である。
 で私はと言うと、女性よりな感じで父似な感じなのだが、あまりモテなかった、どうしてかはいまだに分からないままだ、で今の学校に通う前の中学では仲の良い友達は結構いた、だが皆今の学校と違うところへ行ったり、引っ越したりして友達皆と別れてしまった。悲しいことに今の学校ではイジメられている、ぐっ……
 話は戻して、仕事や学校についてだ
 父と母はなんと、両方社長さんだったのだ、
父は、ゲーム会社の社長、母は、モデル雑誌の出版社の社長で、家は結構裕福であり いつも、妹と私をどっちの会社に行かせるか話あっていた。
 妹は中高一貫の学校のお坊っちゃま、お嬢様学校で寮生活していて、皆余り家に帰って来なく、家でも学校でも一人が多かった。


でいろいろなんやかんやあり、
あの神様はご丁寧に私だけ殺って、広大な草原のど真ん中に落としてくれたわけである。


短めでごわす、待たせた癖に短めですみません
何でもしまs ゴホン なんでもないです。
byかんざき

↓第三話へ

 

「クラス皆異世界召喚されたのに僕だけ転生ってどーゆーことですか!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く