クラス皆異世界召喚されたのに僕だけ転生ってどーゆーことですか!?

かんざきNanaka

第1話 異世界ってすげぇのね




ゴツンッ!

「アイダッ! イツツツ おいおい神様落とす場所もうちょっと変えろよ、いてーじゃねーですか」

 全く召喚されると思ったら〝神様〟の手違いで死んだ
召喚しようとしたのも〝神様〟のやつだし
下界に落とされて早々岩場に落としやがるし
全部あの〝駄神〟のせいじゃねぇーか、とあるな某男女平等パンチさんはいつもこんなこと味わってるんだなぁ いやそれより酷い気がするけど、
初めに決めねばならんのはこれからの方針だが……
そういえばあの〝駄目神様〟が

〝ステータスは自分で確認しとけ〟

みたいなこと言ってたっけ?
えーっとたしか……

「『ステータス オープン』」

うおっ! ゲームとかであるようなメニュー画面が出てきた 本当に異世界に来てしまったんだなぁー

えーっとステータス、ステータスはっと



ステータス
 name  〔???〕 ( 黒鉄  燐くろがね りん )
  ??族  job 〔???〕Lv.1
筋力 150
体力 150
耐性 150
魔力 1500
魔耐 150

スキル
補助系統
 〔魔法攻撃強化〕 LvMax
魔法系統
 〔時空魔法〕 LvMax
ユニークスキル
 〔叡智〕 情報干渉
 〔創造〕 ありとあらゆるものを作り出す力



ほぇー凄いなー

 『ようこそ この世界 へ まず最初にキャラクタークリエイトを開始します』

 「えっ? キャラクタークリエイト? どうゆうこと? というかあなたは?」

 『私は スキル 〔叡智〕です あなたのサポートさせていただきます』

 「あっはい よろしくお願いします」

 えぇ まじ? スゲーなファンタジーって サポートしてくれるのはありがたい でキャラクタークリエイトって
なんぞ?

 『キャラクタークリエイトについて説明致します』

 ※〝キャラクタークリエイトについて〟※
 〝転生者で神に認められたものが可能とする身体整形技能 いつでもどこでも 姿、形変えることが可能〝

なるほどね ゲームと同じ感じで行けるのね

 「じゃあ お願いします」

『了解しました。』

 ピカッ!

「うおっ! ここは?」

『サロンでございます ではこちらを設定してください』



name 〔リン〕
種族   〔human〕
年齢   〔17(固定)〕
性別   〔男〕

身体形成自動化中



これでいいかな?

『完了しました 』
ピカッ!

おお元の場所に
ふむふむ 少し筋肉がついた気がする 肌もすべすべに…… ん? 髪の毛が長い……銀髪? 顔はどうなって?

水辺で確認すると……

 目が緋色、顔が…女の子…だ…と

「どーゆーことだ!ゴルァー! 変わんねぇ てゆうか
もっと可愛くなってるは!」

息子は……な、なくなっている 女じゃねーか俺

膝を折ってガックリと倒れこんだ

「ス、ステータスはどうなって?」



name 〔リン〕
〔human〕job〔???〕Lv.1
〔female〕
 


男したけど な、なぜ女になっておられる
もう諦めよう うんそうしよう
変わったといえば筋肉が少しついたことかな?
前世は『もやし』とも呼ばれてたからなぁそこだけは良かった… でだスキルの確認をしなければ

※前回 紹介らしきなにかをお読みください※

ふむふむなるほど分かったけども 
時空魔法なくね
 
「叡智さんカミーン」

『はい何でしょうか?』

「時空魔法って何?」 

『ご説明します』

※〝時空魔法について〟※
〝時や空間を司る上位魔法系統スキル、例えば時間を止めたり、空間をねじ曲げテレポートできる魔法〟

えっ強かない?下手な攻撃魔法より強いよね?バランスブレイカーかよ
 あと多分〝駄神〟も俺の魂やら心臓やらを空間をねじ曲げたときに取っちまったとか?
いい迷惑だわっ!

まぁいいや でこれからの方針は

「どこかで、お金稼がねば 今無一文だし……」

全くいいなぁ無事召喚された奴ら てか紫乃さん大丈夫かな?けど召喚された奴ら資金とか渡されてるだろうなぁ…てか今ここどこよ?

「叡智さんマップとかある?」

『はい 今出します』

ふむふむ、なるほろ 大草原の中心辺りの岩場ねぇ

「フッざけんなぁーッ!近くの町まで45kmってどーゆーことだ!あんのッ〝駄目神様〟がぁーッ!
ゼェ…ハァ…」

もう奴のことは諦めよう
そういえばステータスの人族の平均って?

「叡智さん人族の平均ステータスってどのくらい?」

『だいたい100~150ぐらいです」

もろ平均レベルじゃねーか……
多分job決めないとステータス上がらなそうだし…
武器も無いし……武器? 〔創造〕で作れるよね?

「叡智さん〔創造〕で武器ってどうやって作るの?」

『イメージで生成可能ですただし明確なイメージがなければ使える物は作れません。』

そーなのか じゃあどうすれば

『〔創造〕とリンク可能ですが しますか?』

リンクってなんぞ?多分自分のイメージで作らなくても叡智さんが勝手にやってくれたりするやつかな?

「じゃあお願い」

『了解しました 。 リンク完了しましたステータス画面から生成可能武器を選択してみて下さい』

ふむふむ、じゃあこの ナイフで……

「おぉー!凄いなっ! ちょっと振ってみよう」

ズシャーーン

お、おぉ? 降っただけ地形破壊しちまったぞ?別に伝説の武器でも無いよな?画面にはただ〔サバイバルナイフ〕っ書いてあっただけやぞ?
もしかして俺スキルチートか?よくあるステータスチートじゃなくて……ヤバいな…全部最強クラスの武器だったら某慢心王のゲー○・オブ・バビ○ンみたいに飛ばしまくったら、地形破壊で魔王コース一直線じゃあねぇーか

「な、なぁ叡智さんもう少し弱い武器ってあるか?」

『殺傷力の低い武器でしょうか? それでしたら
〔スリングショット〕を選び、あと〔ゴム弾〕をお選び下さい』


スリングショットってパチンコみたいなやつだよな?
ゴム弾も柔らかいやつだろうし、引きによって強さがかわるなら地形破壊しなさそうだし

〝スリングショット ゴム弾を選択しました〟

うんよく知ってるY字のやつだ、ゴム弾も結構柔らかい

「まずは、めっちゃ強く」

キュー

「発射!」

ドパンッ!

「えっ?」

ドガーーン!!!

「ホワイェッ!? 強すぎ、パワーバランス考えろよ!
なんだ?叡智さんに任せたら全部こんなのか?」

どうやら俺、いや私はスキルチートらしい神様公認の

降りてから随分たったこんなことをしていたら疲れた
ので……

「寝よっ……」

寝袋作って寝ました 快適すぎです。


第2話へ↓

「クラス皆異世界召喚されたのに僕だけ転生ってどーゆーことですか!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く