短編︰東方禁恋録

乙音

第4話 時は巡り

今までは平仮名だと分かりづらかったり、子供の表現力では余り物事を表せなかったり
するので第三者視点でしたが、藍夢が成長したので、これからは
主人公視点で書いていこうと思います。




そんなこんなで、楽しい暮らしから4年の月日が流れた。
私は今、10歳。

同じく霊夢も私と同じ10歳だ。
長年の修行の成果もあり、霊夢はぐんと強くなっていた。

私も、霊夢と一緒に霊夢のお母さんの修行を受けていたこともあり、
結構強くなっている。

少なからず、白黒の魔法使い、霧雨魔理沙よりは強い。
ほとんど外に出ないから、命の恩人の霊夢と、霊夢の親友の魔理沙としか会っていないが。

あ、でもごく稀に紫さん-本名 八雲紫、妖怪の賢者-が神社に来るかな。
それから霊夢と遊びに来る子達も少々。

それは吸血鬼だったり、それの従者メイドだったり、他の神社の巫女だったり、
魔理沙と仲のいい魔法使いだったり……それはもう様々。

やっぱり未来の博麗の巫女だけあって、人との繋がりは広いようだ。

私も霊夢を用いて結構話したりするが、それでも今話した吸血鬼……レミリア、
従者、咲夜、守矢神社、早苗、魔理沙と仲のいい魔法使い、アリス、パチュリーくらいとしか繋がりがない。

合計で5人だ。

霊夢と知り合って約5〜6年、幻想郷に来て10年だというのに
ここまで交流が少ないのもどうかと思うかもしれない。

だが、今までずっと楽しく過ごしてきたし、
不自由も特に無い。

自分でも満足な暮らしだと思う。
でも、たまには少しくらい人と交流してみてもいいかなあ、とは思う。

だから、今日は出かけるつもりだ。
今日だけでなく、これからも、結構出掛けたいと思ってる。

なんで急に心変わりしたのかって?
ん〜……やっぱり、霊夢に近付きたいからかな。

一応霊夢の親友として、幻想郷で5番目以内には強くなっておきたいからね。
だって、霊夢はいずれ博麗の巫女になる。

少なからず、幻想郷で3番目以内には強くなるだろう。
その時私が弱かったら、不釣り合いというかなんというか……。

だから、色んな人と知り合いたいし、何より友達も沢山欲しい。
私の友達づくり100人の夢も夢ではないのだ!

え?初めて聞いたって?……しらないなぁ。
まあ、本当の目的は弾幕ごっこ。

幻想郷は広い。
私の知らない所にも、きっと強い人なんてゴロゴロいるだろう。

だから。
色んな人と実践をして、経験を積むのだ。

いざと言う時、強くても動けないようでは意味が無い。
だから、経験を積んで、強くなる。

それが私の真の目的。
まあ、友達作りがしたいのも本当だけどね。

よし、これからは友達作りと強くなることを目的に頑張るぞ!

「短編︰東方禁恋録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く