お狐様には逆えない
ホラー

連載中:1話

更新日:

お狐様には逆えない

  • あらすじ

      村を守ってくれる「お狐様」。不作で苦しむ農民たちに雨や日の光を与えられ、豊作を願う儀式をとりおこなってくださった。人間に化けることのできるお狐様は、綺麗な金髪をした巫女の姿で、民たちから情報収集をしておられた。祭りの日付や、悩み相談など、農民たちのありとあらゆる情報を持っていたお狐様は、たくさんの民に慕われていた。
     
     
     
      そして2068年8月。そんなお狐様の正体が明らかとなった。
     
     
      「ここだよな、お狐様の祠」
      「なぁんだ、半分壊れてんじゃん」
      「壊してやろうぜ」
      「やめなよ、…神様だよ」
      「関係ないわよ、どうせ神様なんていないのよ」
      「そうそう、ちょっとくらい傷つけたって何も起こんねぇよ」
     
     
     
     
     
      -『高校生の男女6名が、2週間前から行方不明となっています。6名とも、同じ高校のようで-。』
     
     
     
     
     
     毎週日曜日に更新します。

「お狐様には逆えない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品