異世界へようこそ!

上級騎士アストロ

第一章〖過去〗

「アスター様は今まで何をしていらしゃったのですか?...」

アスター「ん?....ああ、前は....」

アスター”さてどうしようか.....„

アスター「んーとどこから話そうか.....まず俺は遠い所から来た、理由はあまり言えない事情があって言えないがそこからぶらりとただ旅をしている」

アリサ「い、意外とざっくり言いますねハハッ」

彼女は呆れてるのか分からないような笑い方をした。

アリサ「えっとではたまたま私が襲われたの見たのですか?」

アスター「ああ、そういうことになる」

アリサ「そうなのですか....」

アスター「そういえば研究所とはなんだ?」

アリサ「え?研究所ですか?知らないのですか?」

アスター「遠い所から来たから情報には疎くて」

アリサ「.....分かりました、研究所は祝福ギフトを研究する機関です、ですけどあまり進歩していないと聞いております」

アスター「なるほど....」

アリサ「研究所に行かれたギフト所持者はご家族や親戚に協力してもらっているのでお金を配布されているそうです」

アスター”なんか徴兵みたいだな....„

アリサ「ですがあまり進歩していないせいなのか、残虐非道な行為に走っている場所もあるらしいのです」

アスター「...........」

アリサ「と研究所に対しての私の情報はこれぐらいですね、どうですか?役に立ちそうですか?」

アスター「うんありがとうある程度知れただけ十分だよ」

アリサ「いえこれでも恩は返しきれないくらいです....」

アスター「そこまで気にしなくてもいいのに」

アリサ「何を言ってるのですか?命を助けてくれた人に無礼なことをするなんて私は絶対いやです!!!」

アスター「そ、そうか...」

アスター”とりあえず研究所だけは知れた....
祝福ギフト関連の場所か....うーん行かないとダメなのか....„

アリサ「あ!?」

アスター「ん?」

アリサ「アスター様の分まで食べてしまいました....美味しすぎて...

アスター「いいよいいよ気にしなくてもけどよく食うねそんなにお腹空いてたのか?」

アリサは顔赤らめながら言った。

アリサ「あ、ああお腹空いてなんかいません最低です!」

アスター”さっそく無礼なこと言ってるような気がするけどまぁいいか食べずに済むし„

アスター「まぁまぁ......」

アリサ「むぅ...」

顔を膨らませながらこちらを上目遣いで睨んだ。

アスター”ダメだ笑いそう....こんな女の子っぽいドジを見せると逆に萌えも来てしまうのだろうな„

アスター「さてと寝る準備でもするか」

アリサ「え?あ、はいそうですね」

アスターはポーチから布を2枚出し、1枚は地面に敷き

アスター「これは布団として使い...」

アリサ「....分かりました」

アスター「まぁ不便だと思うが我慢しててくれ」

アリサは敷かれた布に倒れこみ、寝る体勢に入った。

アリサ”ごつごつしてる.....„

所々石が埋まっているので、そう感じたのだ。だが安心したのもつかの間。アリサは思いだしてしまった。盗賊達に襲われたことを、彼女はなんとなく察してしまった、母を多分帰ってこないだろうと....
アリサは体にかけていた布団をぎゅっと握りしめ体を少し丸めた。
騎士は見ていた。だがどうしようもないのであえて何も言わなかった。近くにある木に背中から倒れこみそのまま座った。

騎士”昔か.....„

少し前のことを思いだした。

”なぁ....„

”ん?„

”もしさ異世界やらあったら、何がしたい?„

”え?急に唐突だな?ハハッ頭おかしくなった?
いい精神病院教えようか?„

”大丈夫いい病院行ってるから„

”かぁー遅かったかぁー„

”って!じゃなくて異世界あったら何がしたい?„

”まぁあっても行けなければどうしようもないけど、もし行けたらかわいいかわいい女の子見つけてすぅはぁすぅはぁするかな?„

”うわぁ....お前の方こそ病院行け„

”まぁ冗談さておき...んー何がしたいかのんびりと暮らしたいかな?„

”はぇ~案外普通だなハハ„

”普通って...まぁいいかまぁ理由はな..........„

ズズッ

他の記憶を思い出してしまった。

っ!!??

頭を振った。

思い出してしまった記憶を置いとき、
「のんびりと暮らしたい」ということについて考えた。

騎士「のんびりって全然のんびり出来てないじゃんハハッ....はぁいつも通りか」

そう独り言を呟いた。





アリサ「あ、お母様....」

アリサは母を見つけ走った。だが走ったのと同時に母は離れて行った。

アリサ「待ってお母様!どうして遠くに行くの!!」

アリサは走り続けたが、ついに母の姿は見えなくなった。だが周りに黒い人のような影が現れた....彼女は察した、察してしまった。
この影が盗賊達であること。

アリサ「いや!!お願い来ないで!」

アリサはしゃがみこみ、頭をかかえながら
「来ないで!助けて!」と叫び続けた。
.................



「ハッ!!??」

アリサは起き上がり、さっきの悪夢を思い出した。今でも倒れそうな頭を手で支えながら

アリサ「ううっ....」

騎士「.....どうした?」

アリサ「.....あ、アスター様....いえ少し悪い夢を見てしまいまして....」

アスター「そうか...悪い夢を見たのか....」

アリサ「アスター様はどうして起きてるのですか?」

アスター「ん?ああ、見張りだ襲われないようにな」

アリサ「....ァスター様私近くに居ていいですか?....」

アスター「ん?.....まぁいいよ」

アリサ「ありがとうございます」

アリサはアスターの近くにより彼の隣に座りこんだ。

アリサ「私怖かったのです...」

アスター「.......」

アリサ「母が助けてを呼びに行き、盗賊達が私の居る馬車の周りに居て、逃げれなくてけどついに馬車の扉が開いて盗賊が私を連れ出したのです....」

アリサ「私はもう....死ぬんだって思ったときにアスター様が出てきて....ううっ...」

彼女は泣いてしまった。だが我慢しようとしてるのか、小さな声で泣いていた。
騎士は泣き出した彼女の頭に置き、そっと撫でた。彼女は安心したのか騎士に抱きつき大声で泣き叫んだ。

アリサ「うわぁぁぁぁぁ」

アスター「..........」





チュンチュン

朝が登り初め、墨を塗ったように黒かった空は日が登るうちに徐々に黒から青へそして青から澄み渡るキレイな水色になっていった。
木々にこぼれる光が彼女の顔にかかり彼女は目覚めた。

アリサ「んんっ.....」

騎士「ん?起きたか」

アリサ「おはようございます」

彼女はボーとしていたがよく見たら彼に抱きつきながら寝ていたのだ。

アリサ「...........」

騎士「よく寝れたか?...」

アリサは顔が赤くなり、騎士に寄せていたのが恥ずかしくなり、バッとすぐに立ち上がった。

アリサ「///////あ、ああな、なんてことを!!」

騎士「ん?」

アリサ「ご、ごめんなさい私アスター様に身を寄せながら寝てしまって....」

アスター「ん?ああいいよいいよ気にしなくても」

アリサ「お邪魔じゃありませんでした....」

アスター「いや別に、それに昨日はあんなことがあったんだから仕方ないよ」

アリサ「.....そ、そうですね」

アスター「うん、んじゃ顔でも洗ったらすぐに街の方にでも行くか!」

アリサ「はい!」











「異世界へようこそ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く