奪~クラス殺しで異世界旅行へ~

【九】↔いちじく↔【無花果】

三話=街+冒険者

 数日が立ち、俺達は、街に着いた。
 俺達は早速、冒険者ギルドに行くことにした。


 10分位歩いていると、盾の間で剣がクロスされており、その真ん中に槍が1本貫いている絵が、描いてある建物に着いた。ここがギルドだと言うのは、簡単にわかる。

 俺たちは、中に入った。

 中には居ると、右側が酒場となっており、真ん中に紙が貼ってある、掲示板見たいな所があり、左が受付となっている。

 俺たちは、左側1番端の列に並び、順番が来るのを待つ。

 10分位して、とうとう俺たちの順番が来た。
受付の人、に、どの様なご用件でしょうか?と聞かれたので、

「2人で冒険者登録をしたいのですが」
 といった。
「はい。分かりました。では、こちらの紙に、名前、歳、種族、武器、使用可能魔法術を書いて、提出してください。」と言われた。

俺たちは、名前、歳、種族だけを書き込み、提出した。

 その後、ギルドカードを作るために、ある水晶に、手をかざした。
 すると、何かが光り、ギルドカードが出てきた。
 俺は、ギルドカードを見てみた。


 名前=タイガ・ヤマシ
 種族=人
 Rk. C1
 money 000000000000000000000000
 LV=39
 平均ステータス=58083
 魔法属性=火 水 風 雷 回復 召喚
 魔術属性=妖 呪 忍 幻
 裏魔法属性=光 闇 時空 重力 氷 影
 裏魔術属性=気 悪魔 天使 神
 partymember
 名前=タイガ・ヤマシ
 名前=サクラ・カンザキ
 partyRk. C1
 魔物討伐数=ゴブリン×3


 と書いてあった。
 隣に居る咲良のを見てみると、


名前=サクラ・カンザキ
 種族=人
 Rk. C1
 money 000000000000000000000000
 LV=1
 平均ステータス=700
 魔法属性=水 回復
 魔術属性=妖 幻
 裏魔法属性=光 時空 氷
 裏魔術属性=天使
 partymember
 名前=タイガ・ヤマシ
 名前=サクラ・カンザキ
 partyRk. C1
 魔物討伐数=0


 やはり、俺のステータスは、この世界に来たばかりの奴には、高過ぎるステータスなようだ。

 こうして、冒険者登録は、幕をおろした。

 その後、俺たちは早速依頼をしようと、掲示板を見ていた。

 今の俺たちで出来る依頼は、

 “スライム討伐„
 スライムを5体討伐する。
 報酬 銅貨2枚、鉄貨5枚(25レイ)
――――――――――――――――――――――――――――――
 “マジック・ウルフ討伐„
 マジック・ウルフを5体討伐する。
 報酬 銅貨5枚(50レイ)
――――――――――――――――――――――――――――――
 “ゴブリン討伐„
 ゴブリンを5体討伐する。
 報酬 銅貨3枚(30レイ)
――――――――――――――――――――――――――――――
 “薬草採取„
 薬草を15束集める。
 報酬 銅貨8枚(80レイ)
――――――――――――――――――――――――――――――
 “毒消し草採取„
 毒消し草を15束集める。
 報酬 銀貨1枚(100レイ)
――――――――――――――――――――――――――――――
 の5つしかない。
 俺たちは、お金を集めているため、全て受けることにした。


 ここは門を出て少し歩いた所にある草原。ここにスライムが居る。
 先ずは魔法の訓練として、魔法を使った攻撃をすることにする。

 スライムを見つけた俺は、魔法を唱えた。
「燃える弾、打ち出さん時、今、今宵、敵を燃やせ、ファイアーボール」
 そして俺は、火の玉を打ち出した。
 すると、前に居たスライムは、跡形もなく、塵と化した。

 次に、咲良の番だ。咲良の唱えた魔法は、
「凍る敵、固まらん時、今、今宵、相手を凍える氷と化せ、アイス」
 と、早速裏魔法を使い出した。

 今日は、魔法だけで、敵を倒し、その日は、夜営をした。


裏魔法属性の、蘇生、創造を消して、影を入れました。

「奪~クラス殺しで異世界旅行へ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く