クソスキルを駆使して異世界攻略?

えだまめもち

あんまり笑わないで....

その本を俺は開いた。
そこに書いてあったことは....
『頑張ってね(笑)』
俺はすぐにこの本を捨てた。
それしか書いてないのかよ!
「おおおおおおいおいおいなんでその本捨てたんだよ!」
俺は本を拾って見せた。
「それしか書いてないのかよ!」
それな、と思っていたら太一は何かに気がついた。
「こんなにページがあるのにこれしか書いてないわけないだろwwwwww」
たしかに。でもそんなに笑うことないだろ。
「ほらwwwwみてみろよwwwwかいてあるだろwwww」
笑うな...
「うわぁーwwwこんなに書いてあるしwwwwああああぁぁぁー!腹が痛いwwwww」
うるせぇー


この本は異世界転生した人が何をすればいいのかわからないというときに読む本です(笑)
まず、異世界に転生したら鑑定スキルを持っていると思います(笑)
鑑定を、思い浮かべてください(笑)


鑑定...
すると、頭のなかに浮かんできた。
「うぉーすげー」


[ステータス
 千葉海斗
 人間
 LV1(0/0)
 HP24/24(0)
 MP13/13(0)
 攻撃力12(0)
 防御力13(0)
 速度16(0)
 スキル 『Thousand leaf(0/10)』
     『stone river(0/10)』 
     『鑑定LVn』
 称号  『苗字魔法LV1』        ]

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
...ん?
『苗字魔法』ってなんだよ。

「クソスキルを駆使して異世界攻略?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く