クソスキルを駆使して異世界攻略?

えだまめもち

プロローグ


「ここはどこだ?」

   辺りを見回すとそこは学校の教室ではなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  中学校生活が始まって一ヶ月が経とうとしていた。

キーンコーンカーンコーン

「気をつけ、礼、さようなら」

「「さようならー」」

  チャイムが鳴り、帰りの会が終わる。

   今日からテスト期間なので授業が早く終わった。

「勉強だりーなー」

   平均的な頭の俺は家に帰って勉強をしなければならなかった。

「よう!早く帰って勉強しようぜ」

   と声をかけられた。

   彼は中学校が始まってすぐに出来た俺の親友、石川太一だ。

「わかったよ。準備するから待ってて」

   そういえば言い忘れていたが、俺の名前は千葉海斗。いたって普通の中学生だ。

   持って帰る教科が多くて辛い...

「あと持って帰るものは...あった。よし帰ろう!」

   帰る準備が終わり、椅子から立とうとしたとき、

「うわっ!?いってーなー」

   頭に激痛が走った。

   まあ、たまたまだろう。そう思っていたのもつかの間、目の前が真っ暗になった。

「クソスキルを駆使して異世界攻略?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く