イタダキマス〜とりあえず魔王の手下になって世界作り直します!あれ?なんかループしてない?〜

駅構内の狂っぽー

お知らせ

この小説まがいをお読みくださった皆様へ。作者です。長い間、稚拙な文章のお相手をしてくださってありがとうございました。更新をしていた間は本当に嬉しかったです。さて、こういったお話は本当は反響のあるうちに書けばよかったですね…今書いても誰も読まないかもしれないですし、またこれを読んだ人は拡散まではしなくてもせめて頭の片隅で決着をつけて頂きたいと思います。
 さて、本題に入りますが、今回のお知らせを最後にイタダキマスの更新を最後にしたいと思います。理由は主に2つです。
1つはモチベーションのお話。モチベーションって簡単に言えばやる気の事なんですが、なら、やる気ぐらい頑張れよってそう思う方もいらっしゃるかと思います。だけどそれがなかなか上手くいかないんです。1回、更新に間が開くとどうしても気持ちが向かなかったり、忘れちゃったりで最後の方では2ヵ月くらい間が空いたりとかしちゃってもうダメだなって思ったりはしましたけど、それでも途切れ途切れ書いてた感じですね。だけど書きながらでも、もう更新は難しいかなって思ってたのは事実です。
 2つ目はプレッシャーの話。ノベルバって下の方は競走が凄くておすすめとか見るといいねとかお気に入り登録数が2桁とか1桁とか結構ざらにあって。だからプレッシャーがかなり凄かったんです。こんな人間のつまらん授業中の想像がなんでこんなになってんの…みたいな。正直に言うとここまで来たのはもう奇跡だと。言い切ります。もうこれは奇跡なんです。ここまで多くの人に見られたこと、見させて頂いたこと。PVとかも1800まで行ってて、もう感動しました。なんですけど、問題も別にあって、コメントってあるじゃないですか、あれって励みにもなるけど、個人的にはプレッシャーだったりして、推敲してる最中にこれでいいかなって考え出して1話まるごと書き直したり、今となってはいい思い出だな、と。
 ここまで来て僕がしたかったのは、ケリを付けるって事と、感謝です。別に自慢とか自分語りじゃないんです。こんな人間に付き合ってくれてありがとうって、そう伝えたかったんです。またご縁があれば僕の書いた小説にどこかで会えるでしょう。宣伝とかしないタイプなので、別に読んでいただかなくて結構です。皆さんが小説を楽しく読んで、それで見聞が広がったり、楽しく毎日が送れたら幸いです。




ありがとうございました

「イタダキマス〜とりあえず魔王の手下になって世界作り直します!あれ?なんかループしてない?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く