イタダキマス〜とりあえず魔王の手下になって世界作り直します!あれ?なんかループしてない?〜

駅構内の狂っぽー

銭湯品質向上委員会襲来

「我々はこの王宮内の浴室の水質悪化の知らせを受けてここに来たんだ。何か前と変わったことは?」
些細なことでもいいんだ、とサブローと名乗った男は付け足す。
「でも変わったことと言われても…入るの1回目ですし…ねぇ、主?」
というか王宮内の浴室って銭湯ではないのでは?と全力でツッコミたい。
「うん?そうだね。タオルで遊ぶの楽ししー!!ルイも遊ぼーよ」
「えっ、い、いやしかし…」
タオルって浴槽に入れたらダメだった気がする…ていうかこの人達に見られたら危ないタイプなのでは…
バタバタと背後で音がする。
 アルジかタオルを浴槽に入れて遊んでいるのを男達の目に入った瞬間、その大多数が顔を真っ赤にして倒れた。
「大丈夫ですか?」
「あーほっとけ、そいつら女性経験が無いんだ。だから王都の歓楽街に行っとけとあれほど言っておいたのに…」
「あ、そうなんですね…えーと名前が分からなくて、ハハ、すみません」
「お、そうかまだだったか。俺はジローという。ジョブは騎士だ、そこのサブローの兄でもある」
  浴槽のお湯を試験管に入れていたサブローは兄さん、僕はもう自己紹介したよ、と振り返る。
「あ、私はルイ、そこの人はアルジ。名乗るのが遅くなってすみません」
ぺこりと頭を下げる。ジローの顔が赤なっていることに気づき声を掛ける。
「あの、大丈夫ですか?顔赤いですよ?」
「出来れば、その…服を…」
「ん?服…どういうことだ?ん!?」
この日、ルイには新しく「恥ずかしい」という感情が芽生えたのだった。

「イタダキマス〜とりあえず魔王の手下になって世界作り直します!あれ?なんかループしてない?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く