TS初心者娘が彼氏と初めてデートする話。~鱶澤くんの後日談~

とびらの

ハッピーおデートへ行きましょう!

 おれの名前は桃栗太一ももくりたいち。ごくごく普通の高校二年生だ。

 ……いや、ほんとに。自分でもびっくりするくらい普通である。平均より少し小柄で、スポーツはちょっと苦手。趣味はゲームと映画鑑賞。女顔だとよく言われるけど、実際に性別を誤解されたことはない。勉強はわりと得意なほう。どこにでもいる、平凡でまじめな男がこのおれだ。

 おれの話なんて、これ以上したって面白くもなんともない。
 なのでさっそく、彼女のことを紹介しよう。おれと違って、彼女はとても目立つし、いろいろと『変わった』人間だから。

 そう――彼女は、変わったんだ。
 見上げるほど大男の先輩から、見下ろせるほど小さくて可愛い、おれの恋人に。


 気候のいい秋の、日曜日。おれは約束の三十分前に、駅前アイスクリームショップまでやってきた。……早すぎる? そうかな。初デートだもの、遅れるわけにはいかないだろう。
 早めに着いて、新作アイスでも舐めながら彼女を待とうと思っていた。しかし彼女も同じことを考えていたらしい。
 アイス二玉をのせたコーン片手に、ちょうど店から出てきたところだった。

「――アユムちゃん」

 おれが声をかけると、弾かれたように顔を上げる。赤い髪がふわりと揺れた。

「モモチ。おはよっ!」

 明るく笑う。それだけで、おれはうっかり顔面崩壊しそうになった。慌てて、顔をそむけて紅潮を隠す。
 ――ああ、くそ。待ち合わせ早々ダメージを食らった。おれはこの笑顔に弱い。いやおれだけじゃない、こんなのどんな男だって、うれしくなるに決まってる。

 まず、彼女――鱶澤歩ふかざわアユムの顔は、可愛い。
 ふっくらした頬に整ったパーツ、ノーメイクでつやつやの肌。
 猫を思わせる大きな目は、いつもいたずらっぽく輝いている。気が強そうな印象、それがおれの顔を見て、明るく笑うんだ。
 女の子らしく、くすっと微笑むんじゃない。心から嬉しそうにニカーッと笑う。

 ……控えめに言って、即死である。

「どうしたモモチ?」

 アイスを咥えながら、小首をかしげる。ああ、もうこのコンボも凶悪だろ!
 おれより十センチほど背が低く、至近距離だと常に上目遣い。正直言うとこのアダナはちょっと嫌なんだ。けど、彼女の小さな唇が「ももち。ももち」と可愛い音を発し、それがおれに向けられていることに、毎回悶絶するほどときめいているので絶対とめない。
 ……ん? なんかおれ、変態っぽい? ……いやいや、普通だ。だってアユムちゃん、可愛すぎるもん。

 おれはコホンと咳ばらいをし、つとめて平静なようすで、アユムちゃんから距離を取った。

「いや、別に。……おはよう、アユムちゃん。早いね」
「ああ、だって初めての外デートだし……モモチのこと待たせちゃいけないと思って」

 はうっ。いじらしい。そして以心伝心。

「それに新作アイスも食べたかったし。ほらこれ、ミックスベジタブルフレーバーだって! 今逃したらぜったい、二度と食べられないやつだそっ」

 おうふっ。またもおれと同じ発想を! 微妙に毒舌なのも可愛い。

「あはは、案の定まずい」

 上機嫌で、ぺろぺろ舐めてる。その小さな舌にしばらく見とれて――おれは急ぎ足でその場を離れた。
 彼女は黙って、おれのあとを小走りでついてくる。おっと、しまった。歩幅が狭いので、おれのほうが合わせてあげなくてはいけないんだ。
 おれが歩みをゆるめると、すかさず服の裾をつまんでキャッチ。

「捕まえた。モモチってときどき、急に歩くの早くなるのなんで?」
「……あなたが可愛すぎるからです」

 思わず、正直にそのまま言ってしまった。彼女はまるきり冗談だと思ったらしい、けらけら笑いながら、おれの肩をどやしつけて、

「なに言ってんだよ、年上の男を相手に。モモチのくせになまいきだっ!」
「……。いや、鱶澤さん。あなた今、アユムちゃんですよね。女の子でしょ」

 おれが真顔でそう言うと、彼女もふと、真顔になった。
 自分の手を広げ、体格と服装を上から下までざっと見る。

 女性平均より少しだけ小さな身長、華奢な骨格。それに反してオッパ――こほん、もとい胸の膨らみは、十分以上に豊満。びっくりするほどくびれた腰。秋らしいもみじ色のニットに、ハイウエストなミニスカートからは健康的な手足が伸びている。
 スニーカーも、明らかに通学用のそれではない。女の子用のファッションシューズだ。
 どこからどうみても、女の子、である。

 おれと同じものを一通り確認し、彼女は気の抜けた声でつぶやいた。

「……ああ。そういえば。――あたし、今日は女だった……」
「なんで忘れるんだよ!?」
「いやその、忘れたわけじゃないんだけど、実感がないというか。ナチュラルになじみすぎてなおのこと?」
「なんだそれ」

 と、呆れながらも笑いはしない。おれには彼女の感覚はわからないからね。

 まあ、仕方ないよな。
 雌雄同体の宇宙人の混血ハーフで……恋をした相手に合わせ、男になったり女になったりする生態。
 つい先日まで、彼は男として――鱶澤渉ふかざわワタルという男子高校三年生として生きてきた。
 それが、ひょんなことからおれと恋をして……彼は「女性」になった。

 それがこの夏の顛末。

 その後、彼女の体は女のまま、精神はワタル、男に戻った。
 ところが週に一度、日曜日だけ、その心もアユムになる。
 カミングアウトをしてくれたのが二週間前。
 それからおれたちは、恋人同士として、正式にお付き合いをはじめたところである。

 片手にアイスクリーム、片手にはおれの複の裾。そうしてテクテクついてくるアユムちゃん。
 ちょっと場所見知りのケがあるらしく、一人で出歩くのが苦手なんだって。これは大男だったときからそうだという。なにその属性、死ぬほど可愛い。

 ……。なんかちょっと……触りたい。

 おれはシレッと簡単に、アユムちゃんの手を握った。しっかりつないで、横に並ぶ。

「も、モモチ。人前……」

 すぐに紅潮して焦る彼女。地方都市の駅前は、人混みとは言えないなりに賑わっている。おれはつとめて穏やかに言う。

「はぐれたら困るだろ」

 言い訳を与えてあげると、彼女は俯きながら、黙っておれの手を握り返した。

 ――お……おおっ? 手が……うわ。ちっさ。おれの手ってそんなでかかったっけ? いやいやアユムちゃんがちいさいんだ。しかも柔らかくて、ぜんぜん骨を感じない。なにこれ。なにこれーっ!? 
 ……なんか、皮膚が薄いぞ。ふにょっ、ぺたっ、て、おれの手にフィットするかんじ。
 ああ、女の子の手だ。
 気持ちいい……。

「モモチ、どこ行くんだよ。電車乗っていくんだろ? 商店街でなんか買い物?」

 あっ、と、うっかり。おれは一度足を止めてから、何食わぬ顔で微笑む。

「うん、ちょっとだけ。……アユムちゃんに、なにかプレゼントしようかなって」
「ええーっなんで。誕生日ぜんぜん遠いぞ?」
「服とかさ。アユムちゃん、女の子の服全然持ってないんでしょ? デートの時までシノブちゃんに借りるより、何着か買おうよ」

 これはでまかせではなく、前から考えていたことだった。
 もともと男だった彼女、女性服を全く持っておらず、妹コーディネートに任せきりなのだ。月イチでひきこもってたことはともかく、これから女性として生きていくなら、そのままではいけない。
 もちろんお金はおれが出すつもりでいた。男だからってことじゃなく、おれが彼女に着てほしいのだから。
 しかし、アユムちゃんは顔を曇らせた。かといって不機嫌でもない。なんか――モジモジしてる?
 おれは首を傾げた。

「なに? 服、買われるの嫌?」
「……。そういうことじゃないんだけど……」

 と言って、やはりモジモジ。……? ふと、おれは思い付き、まさかなと思いながらも口にした。

「もしかして――今日来てる服、自前?」

 こくり、と頷くアユムちゃん。だがすぐにぶんぶん首を振って、

「ちがうからな! 別に今日のために買いに行ったとかそういうっ。ただずっとシノブに借りっぱなしも申し訳ないとか、汚すの気にして歩くの面倒とかそういうことだから!」
「……お、おう」
「ス、スカートなのも別にっ……通販だから! パンツだと丈とかウエストとかぴったりじゃないといけないけど、情報雑で、やっぱ試着必要で。でもスカートだったらMサイズ買っときゃ間違いないだろうって思っ――なに!? モモチ、どこ行くのーっ!?」

 全力疾走で物陰へ逃げ込むおれを、慌てて追いかけてくるアユムちゃん。てこてこ、小走りがまた可愛い。
 ええもう可愛い。

 ……なあ、この際だから一回、思いっきり言っちゃっていいですか?

 おれの彼女……
 くっそ可愛いぃいいんじゃああああああああっ!

 路地裏にしゃがみ込み悶えているおれに、追いついたアユムちゃんが呆れて嘆息する。

「もう。これからデートに行こうっていうのに、電車に乗る前からそんなへばっててどうすんだよ。そんなんで夕方まで大丈夫?」

 ……きっとダメだと思う。
 けど、ここで帰ってなるものか。
 おれはすぐに立ち上がり、ポケットからパンフレットを取り出した。今日のデート先、地元のちいさな動物園である。それでも資料を取り寄せるのがおれのイイトコロだ。

「ねえアユムちゃん、向こうの駅からバスも出てるけど、歩いても三十分くらいだから歩いて行かない? いや、とりあえず電車に乗って、駅周辺の様子みてからにするか。いい店がありそうなら、お昼食べてから行ってもいいかなって。動物園の食堂、やっぱりちょっと匂うしね」

 どうだろうかと提案するおれに、アユムちゃんはなぜか、あきれ顔。
 眉を垂らし、苦笑いして、

「モモチって、変わってるよな」

 まるで年上の男が言うように、優しい声でささやいた。

「TS初心者娘が彼氏と初めてデートする話。~鱶澤くんの後日談~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く