メイドの鈴木さんは僕に恋をした

破錠 斬々

第十話:流行り病

 いつも通りの日常、当たり前な毎日、そう思っていた日々に不幸とは突然に現れるものである。今日がその日であった。

 「湊さん、ちょっといいですか?」

 普段はエリナの後ろに使えているマリアが珍しく自分から話しかけてきた。少し身体をモジモジさせながら勇気を振り絞るように頑張って話す。

 「実は今日、エリナ様が風邪を引かれたんです。ですから、湊さんが良ければ、放課後にお見舞いに来てくれませんか?」

 マリアはエリナのことを気にして俺に話しかけたようだ。俺はマリアの気持ちを尊重するために行くことにした。

 「分かった。放課後一緒に行こう。あ、お見舞いに行くんだったら途中お土産とか買ったほうがいいんじゃない?」

 俺が行くことを告げるとマリアは喜ばしそうな表情になり土産を買うことを賛成してくれた。
 
キーンコーンカーンコーン…

 時間は流れ気づけば今日最後のチャンイムの音が校内に響き渡った。帰りの支度を始める為、バッグに課題や教科書を詰め込む。

 「ぼっちゃまー、一緒に帰りましょうー」

 帰る支度をしていると三年のクラスから来た鈴木さんが現れた。しかし、俺は帰るわけにはいけないので彼女からの誘いを断った。

 「すいません、今日エリナが風邪を引いたらしいんでお見舞いに行ってきます。」

 鈴木さんは少し残念そうな顔をしながらも渋々了解してくれた。

 「分かりました…でも、できるだけ早く帰ってきてくださいね?お夕飯準備して待ってますから」

 彼女は少し寂しそうに教室を後にする。突然入った予定を残念に思ったのだろうが幼馴染であるエリナが風邪なのだから止めることも難しいみたいだ。

 「湊さん、準備はできましたか?そろそろ行きましょう。」

 学校を出ると俺たちは二人で歩いた。この時間は部活動を行なっている生徒たちの声が学校の外まで漏れる。歩き続けるほどその声は小さくなっていき俺たちは町の商店街に着いた。

 「あの、お土産はエリナ様の好きなプリンでも大丈夫だと思いますか?それとも、もっと別のものを選んだ方が良いのでしょうか?」

 マリアは弱々しい声で訪ねてくる。マリアが良いと思ったものを選べば良いと思ったが本人には難しい選択のようだ。

 「風邪なら喉も痛めてるだろうから、プリンのほうがいいんじゃない?そのほうが食べやすいだろうし。」

 「そ、そうですか!?なら、湊さんはどんなプリンが良いと思いますか?カスタードだとか、カラメルだとか、クリームだとか、どれにしましょう?」

 選択肢を減らしてあげると、前以上に選択肢が増えてしまい心の中で呆れてしまう。コンビニに到着する前にこんなに悩んでいてはいざプリンを目の前にした時はどうなるのかと気になったが、混乱されては困るのでまたアドバイスを授ける。

 「それなら、噛まなくても飲み込めるクリームがいいんじゃない?それに、コンビニだからあまり種類もないだろうから、多分クリーム系かカラメル系しかないんじゃないかな?」

 提案をするとマリアはとても喜ばしそうな表情をした。

 「なら湊さんが選んだものにしますね!」

 コンビニへ着くと案の定、店内にはカラメルとクリームだけが販売されていた。

 「おー、湊さんの言う通りこの二種類だけでしたね。でしたら、さっきオススメしてくれたクリームプリンを買うとしますかね。」

 マリアはカラメルプリンを大事そうに持ちながら会計を済ませようとした。

 「大丈夫だよ。プリンんなら俺が払うから。」


 「そんな、湊さんには私が付き合ってもらってるんですから私が払います!」

 会計の時、俺が財布を取り出そうとするとマリアは俺の手を止めようとする。

 「プリンぐらいで気にしないで。それに、俺もエリナのお見舞い行くんだから俺も出したほうがいいだろうから。」

 俺は動きを止めたマリアの手を優しく退け会計を済ませた。

 「うぅ…なんだか申し訳ないです。」

 会計が終わった後もマリアは俺がお金を払ったことを気にしていた。

 「だから気にしなくていいって。それより早く家に行こう!」

 お土産のプリンを持ち俺たちはマリアの家に向かった。

 「お嬢様ただいま帰宅しました。具合はどうですか?」

 エリナの家に行くとマリアはすぐにエリナの部屋へ向かった。マリアは部屋の外からエリナに声をかけるが部屋の中からは苦しそうな咳が聞こえる。

 「あ…マリア帰ったのね。おかえりなさい。具合は…あんまり良くないわ。食欲もないし…ゴホッゴホッ!」

 エリナは苦しそうに大きな咳をする。本当に容態が悪く今日は会わないほうが良いと思った。

 「エリナ様、今日は湊さんがお見舞いに来てくれましたよ?私の隣にいますけど会われますか?」


 「え、湊がそこにいるの?ちょ、ちょっと待ってて今出るから!」

 体調を悪そうにしていたエリナの声は一変し部屋からはドタドタと暴れる音がする。

 「ゴホッゴホッ!ごめん湊、待った?」

 部屋の中の物音が消えるとエリナの部屋のドアが開きマスクを着けたエリナが出てきた。

 「待ってなかったけど…具合大丈夫なの?無理なら寝てていいから」

 部屋から出てきたエリナはとても顔色が悪かった。無理に起こしてしまっては治る病気も治らなくなってしまう。俺はエリナを押し戻すようにベッドに寝かせた。

 「そ、そんな…折角来てもらったのに寝てるなんて失礼じゃない?」

 「風邪引いてるのにそんなこと気にしなくていいから。」

 エリナは布団で顔を半分隠しながら問いかける。

 「わ、私林檎でも剥いてきますね。」

 部屋のテーブルにコンビニで購入したプリンを置きマリアは部屋を後にした。
 部屋の中はとても静かになっていた。存在するのは部屋の床に置かれた加湿器の音と、外から聞こえる下校途中の小学生たちの賑やかな声と年頃の高校生二人だけだった。

 「なんか改めて二人だけになると気まずいね。別に初めて二人きりになるわけじゃないのに。」

 特別話題があるわけでもなくエリナは楽しそうに話しかける。部屋が暖かくしてあるせいか不思議と俺の身体も火照り始める。

 「気まずくなることなんてないでしょ。小さい頃はいつも一緒に居たんだから、ただ久しぶりなだけだよ。」

 部屋の中は只々静かな空間を築き上げていた。

 「あの頃はさ、私と湊の二人だけで遊んでいたのに何で今は違うんだろうね…」

 エリナは俯いたまま話しかける。どこか寂しそうでどこか支えて欲しそうな声は俺の心を迷わせた。

 「あの頃っていうと、鈴木さんがうちに来る前のこと?」

 彼女が来る前の俺たちは今よりも濃い関係だった。

 『大きくなったら結婚しようね!』

 あの頃にした恥ずかしい思い出。それは幼い頃だからできた行為なのかそれとも本気で考えていた行為なのかそれは当時へ戻らないと想像もつかないが少なくとも俺は、あの頃に交わした約束と言う名の『契約』は今も忘れていない。

 「そうだよ。私たちが交わした契約はまだ有効期限がある。私はそれまでに湊と結婚する。」

 「無責任なこと言うかもしれないけどあれは子供の頃にしたただの『約束』じゃないか。それを今更掘り返すような真似は…」

 「私はっ!真剣に考えてるの!」

 エリナの声がビリビリと俺の全神経を伝って感じ取れる。

 「わ、私はね本気なんだよ?嬉しかったな…『みーくん』が私に誓いの言葉を言ってくれた時のこと思い出すだけでね嬉しくて鳥肌が立っちゃうの。」

 懐かしいような恐ろしいような気分になる呼ばれ方の『みーくん』。俺をこんな風に呼ぶのは世界どこを探してもエリナただ一人だろう。

 「エリナ、あれは小さい頃のおままごとでした口約束だ。それをっ…」

 「みーくん、どんな家に住みたい?何人子供が欲しい?私はみーくんに求められるだけ与えてあげる。みーくんと私の中を邪魔するものは全員消す。みーくんは私と一緒になるために存在するのであってみーくんにあんな売女は相応しくないの。ねぇ?みーくんは分かってくれるよね?ねぇ?ねぇ?」

 もう彼女に俺の言葉は通じていない。今、彼女の脳内は彼女だけの世界で支配されている。幼い頃の約束が今はこんな呪いのような形になってエリナを支配しているなんて考えたくもない。

 「え、エリナ少し落ち着いて。」

 「あ〜みーくん、あなたの目や鼻や口や耳や髪がみんな好き。あなたのダメなところなんてどこにもない。でも、一つだけあなたには壊れた場所がある。それは『ハート』。『ハート』だけは私を向いてくれない。話をするときは目や鼻や口や耳や髪は全部私に向けてくれるのにその『ハート』だけは私を向いてくれない。それは、あの女が歯止めをかけている。あの女さえ、あの女さえいなければいいのに…」

 エリナの目は混沌のごとく黒く濁っている。いつものような明るく生意気な彼女は今の彼女の心の中には存在していない。彼女は両手で自分を抱きしめガタガタと震えている。真冬のように震える彼女の体を俺はそっと包むように抱きしめた。

 「…!みー…くん?」

 抱きしめたことで安心したのかエリナの震えは無くなった。それと同時に彼女の混沌のごとく黒く濁った目は少しずついつもの彼女の目の色に戻っていった。

 「ごめんね、ごめんねエリナ。」

 エリナの様子が変わったとき、俺はいつも彼女の体を抱きしめ謝る。その行為は意味があるのか一時的ではあるが彼女の震えを抑える。

 「うんっ…うんっ…私こそごめんね。なんか取り乱しちゃって。また迷惑かけちゃったね。」

 彼女の心が取り乱すのは決して初めてではない。それは彼女に心の病があるのかは分からないが彼女には二つの性格が存在するように思える。

 「俺は気にしてないよ。でも、今度から気をつけてね。」

 俺も悪い人間だ。本当にエリナのことで困っているのなら彼女に近づかないか彼女に相応しい病院を紹介するなど対策を取らなくてはいけないのだろうが今までそんなことはしたことがない。俺自身も彼女の黒いところを認めたくないのか行動をとることに怯えている。

 「今日はもうおやすみ。寝るまでは俺が見てるから、目を瞑っていいよ。」

 「うん。おやすみ。」

 エリナはそっと眠りに入った。彼女の寝顔を見て実感した。一日でも早く、俺とエリナとの『契約』を切らなければならない。その為にもはやく『あれ』を見つけ出さなくてはならない。

【あとがき】
ご愛読ありがとうございます!
今回も投稿が遅れてしまって本当にすいません!!
でもこれには深い言い訳があります!
まず書き方を変更しました。それにより一時的に全文字書き直すことになったのでそれにより長時間消費してしまいました。
それとお知らせにも書きますが「メイドの鈴木さんは僕に恋をした」を全話改修(書き直し)する計画をしていました。
どうすれば今までの話をもっと面白く+話を変えずに書き直せるかと考える為に時間を使ってしまったので投稿が遅れてしまいました!
長く多い言い訳すいません!本当すいません!
もう逃げます!次回話にご期待を!じゃあまた!
【お知らせ】
前回話更新の際に予告していた「あの夏二人で見た打ち上げ花火は君の胸の中だった」を数ヶ月前より公開しています。まだ一話しか公開してませんがこれからどんどん面白くなるのでぜひ一度だけでもご愛読ください!

「メイドの鈴木さんは僕に恋をした」の全話を改修(書き直し)します!長い時間をかけて行いますのでご迷惑をおかけする時があるかもしれませんがみなさんのご理解とご協力をよろしくお願いします!
改修後の目印としては
(変更前:第1話→変更後:第一話)と題名の英数字を漢数字に変更しますのでそれを確認し読んだ場合、話の中身や書き方が変更されているので新しい「メイドの鈴木さんは僕に恋をした」を楽しめますよ!
【返信コーナー】
アニメ好き不登校 様→二回にわたるご指摘ありがとうございます!俺を僕に変更のことでしたがそれは難しいです!ごめんなさい!また何かございましたらご指摘ください!

ティナ 様→ご指摘ありがとうございます!できるだけ早く変更します!

他の読者の方もフォローやいいねをありがとうございます!私の作家魂の支えとなっていますのでこれからもよろしくお願いします!

「メイドの鈴木さんは僕に恋をした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    ねぇ!!
    早く更新してぇー!
    なんなら株買うよ??

    あと、文章力が上がってると思うんでその調子で頑張って下さいね!

    2
  • ノベルバユーザー170248

    頑張って

    0
  • アニメ好き不登校

    「おー、湊さんの言う通りこの二種類だけでしたね。でしたら、さっきオススメしてくれたクリームプリンを買うとしますかね。」

     マリアはカラメルプリンを大事そうに持ちながら会計を済ませようとした。
    なんか変じゃない?

    0
コメントを書く