メイドの鈴木さんは僕に恋をした

破錠 斬々

第1話:朝

自慢ではないが俺の家は金持ちである。

この言葉は世間で言うとかなりバッシングされるが家は代々大きな資産家だ。

祖父の時代から金融業界で名を上げた『有森グループ』のただ一人の孫それが俺だ。いずれは実家を継ぐ予定ではあるが今は普通の高校に通っている。

家の大きさは庭を合わせて「東京ドーム〇〇個分!」とテレビで言いそうなことを言ってみたいが実際は100坪ほどで小さいトレーニング用のプールがあるくらいだ。

実際東京でこれ程の大きさの家はなかなか見つからないだろうが俺の思っている金持ちのイメージからしたらこの家はとても小さすぎる。

お爺様は「余る金は貧困な子供たちに手を差し伸べよ」と口癖で言うため息子である父さんも寄付を何年もし続けてきた。

そのため我が家にある全貯金は500万程度。どこにでもある家庭より少し多いくらい。まぁ不満はないけど。

まぁだらだら物語を進めていたら読者はいなくなるから早く始めるとするがまずは自己紹介から。

僕の名前は有森湊ありもりみなと。先ほど説明した通り『有森グループ』の三代目になる男である。

そして今寝ている俺を起こすのが…

???「ぼっちゃま朝ですよ。日曜日でも長く寝てると明日の学校に支障が出ます。早く起きてください」

俺専属のメイド鈴木奈緒すずきなおだ。

俺専属メイドと言っても家には鈴木さん一人しかいない。父さんと母さんは海外に出張中なので鈴木さんは俺にしか仕事をしなくて良い。だから結果的に俺専属なのだ。

奈緒「ぼっちゃま?何を一人でもぞもぞされているのですか?」

そしてこの鈴木さんには一つ問題点がある。それは…

奈緒「起きてくださらないのなら私もぼっちゃまの隣で寝て好きにさせてもらいます」

俺にベタ惚れだと言うこと。

湊「わかった!わかりましたから俺のベッドに入らないでください!」

とても心臓に悪い。俺が数分でも遅く起きると鈴木さんは直ぐに俺のベッドの中に入ろうとする。


ベッドに入るだけならまだマシだが鈴木さんは俺の隣で自家発電をし始めるからその日は気まずくなる。

奈緒「もう。ぼっちゃまは冷たい人ですね…たまには私と寝てくださってもいいじゃないですか…」

湊「え…流石にマズイですよ。年頃の男女が同じベッドで寝るなんて意味わかって言ってるんですか?」

奈緒「S@X?」

駄目だ…この人は主人に仕えるメイドという立場でありながら下ネタを何のためらいもなく発言する。


湊「はぁ…もういいです。朝ごはんにしましょう…」

奈緒「かしこまりました〜♫ぼっちゃま少々お待ちくださいませ」

朝ごはんの準備ができた。今日の朝ごはんはフランスパンとベーコンエッグとコーヒーか。

湊「鈴木さんありがとう」

奈緒「あぁー!ぼっちゃままた私のことを苗字で呼んでます!二人でいる時くらいは奈緒と呼んでくださいといつも言っているではありませんか!」

湊「流石にそれは駄目です。親しき仲にも礼儀ありと言うでしょう?俺たちが年が近くでも主人とメイドの関係であることには変わることはありません!」

奈緒「確かに私とぼっちゃまは主人とメイドの関係。しかしそれと同時に私たちは友達でもあり先輩と後輩でもあります!」

湊「まぁ確かに…一理あります」

奈緒「ですので先輩命令として今日から私のことを奈緒お姉ちゃんとー

湊「無理です。いくら先輩命令だとしてもそれだけは勘弁してください」

奈緒「ぼっちゃまの意地悪…」

奈緒が俺に名前で呼んでほしい気持ちはわからなくはない。でも奈緒お姉ちゃんは恥ずかしすぎて外では呼べない。もちろん家の中でもだけど…

奈緒「じゃぁせめて『奈緒』とだけでも呼んでもらえませんか?」

うーん。ここまで下手に出られると鈴木さんが可哀想すぎる。まぁここは聞いてあげるか。

湊「鈴木さんにはいつもお世話になってるのでせめて家の外では『奈緒さん』と呼んでもいいですよ?」

奈緒「ぼっちゃま本当ですか!?」

鈴木さんがテーブルを叩いて立ち上がったせいで飲もうと思ったコーヒーが最大に溢れた…
それくらい嬉しいんだろうな…

湊「家の外でだけですよ?」

奈緒「ありがとうございます!」

さて、朝食を済ませたことだし本でも読むか。

俺は暇さえあったら本を読む。別に学校では陰キャラな訳ではなくちゃんと友達と話したりもする。只々本が好きなだけだ。

コンコン。ガチャリーー

奈緒「ぼっちゃま今大丈夫ですか?」

俺の部屋のドアをゆっくり音を立てないように開ける鈴木さんが俺を訪ねた。

湊「えぇ大丈夫ですよ。どうかさたんですか?」

奈緒「実は買い物に行かなくてはいけなくて…」

何だ買い物か。多分留守番か荷物持ちの頼みだろう。

湊「荷物持ちですか?それなら着替えるんで待っててください」

奈緒「はい!リビングでお待ちしておりますね!」パァァ!

奈緒さんは表情豊かだ。きっと俺の予想が当たってたんだろう。嬉しくて笑顔が溢れていた。

湊「お待たせしました。買い物に行きましょうか」

奈緒「はい。では参りましょう!」

湊「今日は何を買うんですか?」

奈緒「卵が切れてしまったのでまずは卵ですね。その後トイレットペーパーと洗顔を買います」

湊「今日の夕飯の材料は?」

奈緒「勿論リストの中に入ってますよ!抜かりはありません!」

何とも頼もしいように見えることだ。鈴木さんがこんなに頼もしく見えるときは必ず失敗する。

ーーー

奈緒「ささ、スーパーに着きましたね。さっき言った物と今日の夕飯の材料を書いたリストを…ゴソゴソ

奈緒さんがバッグから買い物リストを取り出そうとしている。何か失敗の匂いがする。

奈緒「あれ?あれ?どうして見当たらないの?絶対ここに閉まったはずなのに…ゴソゴソ

湊「もしかして忘れたんですか?」

奈緒「いえ!ぼっちゃまの専属メイドである私がそんなヘマをやらかすわけが…ゴソゴソ

湊「忘れてきたんですね…」

奈緒「そうみたいです…」

鈴木さんが涙目で今にでも泣きそうな目でこっちを見てくる。別に泣かなくても…はぁ…わかりました。

湊「すz…奈緒さん。泣かないでください。俺は別に奈緒さんの作る料理を食べれたらそれでいいですよ。だから今日は適当に材料を買いましょう」

奈緒「ぼっちゃま私にそのような言葉を…やっぱり私はぼっちゃまが大好きです!」

湊「ちょっと大きな声でそんなこと話さないでください!周りがなんて言うか…!」

オバさんA「まぁ奥様聞きました?これだから最近の若い子は慎みがありませんよね?」

オバさんB「えぇ全くですよ…これだから若い子は」

湊「///奈緒さん行きますよ!」ギュッ

奈緒「あっ…」

あのオバさんたちに見られるのが恥ずかしくて鈴木さんの手を無理矢理握って連れてきてしまった。奈緒さん痛くて怒ってないだろうか?

奈緒「」ポォォッ///

赤面してる。

奈緒「ぼっちゃまは積極的ですね///私は特に構いませんけど周りの方々に何と言われるか///」

さっきの鈴木さんの言動のせいでもっと恥ずかしいことを受けたことを話してあげたいがそこはぐっと堪える。

湊「と、とりあえず早く材料を買いましょう///」

奈緒「はい!///」

ーーー

奈緒「ただいま帰りましたー」

やっと家に着いた。時間は6時半ごろだから今から夕飯の準備をしたらいい時間帯だろう。
湊「鈴木さん何か手伝いましょうか?」

奈緒「いえ、今日ぼっちゃまにはとても迷惑をかけたのでぼっちゃまはテレビでも見ていてください」

…本当に鈴木さんは人に甘えるのが下手な人だ。

湊「いいえ!手伝います。まずはこの玉ねぎの皮をむけばいいですか?」

奈緒「……あぁはい!まず玉ねぎをお願いします!」

ーーー

奈緒・湊「いただきます」

結局完成したのはシチューだ。でも鈴木さんの作るシチューはどんなコックのメニューよりも好きだ。

美味しい。

湊「(この味)好きだなぁ…」

奈緒「!!」ボッ!!!

ん?何故鈴木さんが今顔を赤くした?何か変なことでも言っただろうか?

湊(ポクポクポク…チーン!)

湊「……」ボッ!!!

湊「いや、これはそのシチューを美味しいくて好きだなって意味で別に深い意味は無いですよ??勿論鈴木さんのことも大切に思っていますがそのえっと」

あぁくそ!こんな時に限って思うように言葉が出ない。これでは鈴木さんが困るし下手したら泣かせてしまうようなセリフだ…

奈緒「わ…私も大好きです!!」

湊「えっと、シチューがですか?」

奈緒「どっちでもです!ぼっちゃまもぼっちゃまと作ったシチューもどっちも大好きです!」

え、ええぇぇぇ!!

奈緒/////////

まさかの愛の告白!?別に今が初めて言われた言葉じゃないがこんな面と向かって言われたのは初めてだ。

どう返事をしたらいいのかやくわからない…

湊「その、俺も好きですよ?どっちも…」///

奈緒「はい!私もどっちもです!」

湊「ぷっwぷはははははははっ!」

奈緒「え、どどうして笑うんですか?」///

湊「いやー『私もどっちもです』なんて普通に聞いたら意味不明だなって」

奈緒「もぉーう!からかわないでかださいよーぼっちゃま!」///

湊「あーすいません…フフッ!」

奈緒「あー!また笑った!許しませんよー?」

湊「いやー本当すいません」

奈緒「いいえ!私はもう怒りました!罰として私と一緒に後片付けをお願いします」

湊「そんなのが罰でいいんですか?」

奈緒「え?他に何かあるでしょうか?」

湊「いいえ。ありませんね」

ーーーーーーーーー

奈緒「ぼっちゃま、今日は一日お疲れ様てました。また明日から学校がありますので早くお休みください」

湊「わかりました。鈴木さんも明日から学校なので早く寝てくださいね?」

奈緒「はい。お休みなさいませ」


○月○日

今日はぼっちゃまと素敵な朝を迎えられました。

朝食を済ませた後暫くしてから買い物に行かなくてはいけないことを思い出しぼっちゃまと一緒に買い物に行くことになりました。

そしたら私が買い物リストを忘れてしまい焦っていたらぼっちゃまが『奈緒さんが作る料理なら何でもいいです』

と言ってくださったので私は嬉しすぎて『好きです』と叫んでしまった。でもぼっちゃまは嫌な顔一つせず私の手を引っ張りオバ様から逃げてくださいました。

家に帰ってからはぼっちゃまと一緒にシチューを作り二人で食べました。

食べている時にぼっちゃまは『好きだなー』と言いましたがそれはシチューの事だと直ぐに気づきましたが私は気づかないふりをして顔を赤くしました。

それを見たぼっちゃまは話を誤魔化すように訂正していましたが今度は本当に私の事を大切に思っている。と言ってくださいました。

あまりの嬉しさに私も好きと答えました。

それが今日何よりの幸せです。




今日から「俺が道端で拾った本はただの本じゃなかった件について」とは別に新作の「メイドの鈴木さんは僕に恋をした」を連載させていただきます。

一応短編ストーリーと考えていますのでご了承ください。




「メイドの鈴木さんは僕に恋をした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く