ノスタルジアの箱

六月菜摘

夢見がちな女の子


♪ Someone to watch over me

ジョージ・ガーシュインの この歌がすき。
甘い綿菓子を 身体中に巻きつけたみたいな気分になる。

いつかどこかの 誰かに宛てた あてのない曲。
もうすぐ 運命の人に逢えますか。
私だけのあなたは、必ずいるはずだもの。

いつかきっと すてきな人が現れる。
私は森の中で迷子になって 途方に暮れているから
あなたが運命の人ならば、放ってなんておけないはず。

登場予定はまだ先だったのに姿を現した うっかり屋さん。
だからもう、腕をつかまえてしまおう。逃がさない。
あなたにとって私は、たった一人の運命の女の子なの。

特別な人は、みんなに騒がれなくていい。囲まれなくていいの。
私だけを見てくれる、私だけの人がほしいのだもの。
委ねる鍵は、たった一つだけ。

ねえ? 見守ってくれる人って、空から降りて来るのかな。



♪ Walz for Debby

ビル・エヴァンスの 空気を震わせるピアノ音。 

少し急ぎ足の 心地よい 少女のワルツ。
ロマンチックな気分に浸って、跳ね回ってしまおう。

きっと少女は 誰かを想って
夜中に一人、草の庭で ステップの練習をする。
夜露が降りて 足元を濡らすまで。

夜の淵には 甘いささやき。 
夜の果てには そっと あなたに包まれたい。

そんな願いが 言葉なくても届く気がするだなんて
勝手な年頃の片恋は、うすい雲に流れていく。



♪ Almost blue

真冬の凍りそうな夜空
窓を開けて、震えそうな空気の中で 空を見上げて
だいすきな碧いシリウスを探してから
チェット・ベイカーのトランペットを吹く音を耳につける。

これで、大抵の寂しさとは向き合えた。
明日は きっときらりと光る一瞬がやってきて
自分から探しに行こう、まだ生きていこうと思えたんだ。

絶望の淵に立たされて もう立ち上がれないと
何度も 何度も 挫けても
こうして今まで 奇跡的に存在できたことを
いつの日か 遠い日に なつかしくなるように。 

ひとりぼっちだった時に暮らした部屋で
音楽と 優しい人の声が 木魂のように積もっていって
いつしか 私を勇気づけてくれたこと 忘れてはいないよ。











「ノスタルジアの箱」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く