ノスタルジアの箱

六月菜摘

あきられたおもちゃ

わたしは あっという間に あきられてしまった 
あなたが捨てた おもちゃなのです。



あなたが向けてくれた想いは、いつのまにか
風船のように 遥か彼方に旅立って行って。
地上でぼんやり見送る私を 振り向きもせず、見えなくなる面影。

確かに、あなたから、恋をしてくれたはずなのにな。



おもちゃなので、遊んでくれなくなったら
哀しく ベッドにほうられて、ほっぽっておかれたまま。

もう そのほほえみは、私を見てはいない。
空虚なまなざしは どこか他所を見つめている。

抱かれたとしても、もう熱くない肌。
こちらを見つめもせずに、指先だけで手繰られる。
耳もとで囁いてくれた 過ぎ行く言葉たち。

きっと、取り戻すなんて、できはしない。
こうして、私は 耐え切れずに行方を くらます。
葉の裏に、花の影に、生きた亡霊のように。
たいして遠くには行けなくて。
そんな自分が嫌いで、情けなくて、消してしまいたくて。



あの日、すがるように追いかけた私。

ずっと すきだよ。この先 ずっと。

どうして、そんな約束事が言えたのだろう。
どうしても、振り向いてほしかったからだろうか。

未来を信じていないのに、伝えてしまった言葉に
自分自身が囚われて 霞んでいく。
別に守らなくてもいい、宙に浮いた約束。



なのに。一年後、あなたから手紙が届く。
なぜ思い出したりしたんだ。さみしさから?

もう他の存在が、私に行くなと引きとめる。

今頃どうして 私の手を掴もうとするの。もう、遅いよ。 
捨てたおもちゃは くすんで涸れてしまった。

もう、誰かを傷つけられないんだよ。引き返せない。
きっと、また繰り返すだけなのに。

あれから、ずっと、忘れずにいたんだ、あの一言を。

ずっと すきだよ。この先 ずっと。
繰り返し、聴こえてきた、呪文のように。



恋を失うことは、世界を失うことだ。



「ノスタルジアの箱」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く