話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

苦役甦す莇

マウスウォッシュ

Another:EpisodeEXー1 作者の小話8

どうもマウスウォッシュです。今回もバリバリ作者の小話書いていきます。

本題に入る前に少し最近の話をしたいと思います。
ホントに情けない話なのですが、実は先日人生初の緊急搬送を経験しました。

原因不明なのですが、夜中にいきなり気分が悪くなり、マーライオン状態となってしまって、そこから水分補給しようと思ってもゲロルシュタイナー祭りで死にかけました。

かなーり久しぶりに点滴打ちました。死ぬほど辛かったのが一瞬で治りました。医療って偉大。


まぁ自分の情けない話はこれくらいにして、始まりました第三章サイの物語。


一章と二章は明確に繋がっていたのに対し、こちらは少し独立しているように見えますが、ちゃんと一章と二章の流れを汲んでいます。

今回は軽くキャラクター整理をしていきたいと思います。






サイ・イスルギ......記憶喪失の男。家族と右腕を失い、ゴクとヨギと共にマゴクを目指し、異世界を渡り始める。


ゴク......マゴクと言う伝説の生き物のレプリカ。自身が保有する道具を悪用されることを嫌い、サイの元へと逃れる。


ヨギ・コウウェン......記憶喪失したサイの友人。一流の料理人を目指す為にサイの旅に同行する。初めて異世界に渡った際に気絶し、異世界人の血を輸血されとんでもない力に目覚める。


裁定者......遥か昔にサイの世界に裁定を下した者。ゴクと同種の存在であるマゴクと融合しており、マゴクから与えられた道具で裁定を下したとされている。


マゴク......遥か昔にサイの世界に裁定を下した裁定者と融合していた生物。今現在はとある世界に居て、何かしら起きた為にゴクへ救難信号を出すこととなる。


ニャルマ・アルフェン......ゴクを造り出した科学者の一人。ゴクを造り出す目的を教えられずに国に利用された被害者であるため、自身が造り出してしまったゴクを自身の手で殺す為に、ゴクを追いかけ続けている。


ティフォル・フォーティマー......とある罪で死刑を言い渡された囚人。死刑囚を利用するプランのテストケースとして、ゴク捕縛ミッションに駆り出される。爆破装置付き首輪を付けられ、あと1ヶ月しかない時間をゴク捕縛に使っている。


ミカ・サナギ......異世界からやって来た魔女。軍人時代からニャルマと友人であり、ゴク捕縛ミッションに参加する。


サリュー・ゴウガ......サイ達が初めてやって来た異世界に住む異世界人の一人。病院で看護師をしていて、サイに対して特別な感情を抱いている。


レーア・アソート......サイとよく似ていると言われる異世界人。モガの孫であり、過去に村を飛び出して行った後、消息を絶っている。


モガ・アソート......レーアの祖母。レーアが村を飛び出して行った責任を自分に感じており、サイが村を訪れた際にはレーアと見間違えた。


シュン・アホリ......異世界の村に住む青年。昔のレーアを知る存在であり、ご飯に困っていたサイを助ける。


カエデ・アホリ......シュンの姉。しかし血の繋がった家族ではなく、また、生身の人間では無い。家族用ロボット『Pシリーズ』と呼ばれる郡の一体であり、現在は 部屋を空けている。








こんな感じでーす。さて、ロボットと言われているカエデとは、あの二章の楓と関係はあるのか......そしてサイとにているレーアとは?

色んな謎が残るまま、色んな思いが交錯したまま物語はまだまだ続きますよ!


それではAnother:Episode11どうぞ!

「苦役甦す莇」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く