話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

苦役甦す莇

マウスウォッシュ

Episode41 Want one's head on a plate

 百は側溝で暫く身を潜め、生徒達をやり過ごそうとしていた。


「......さっき友達を待ってるって言ってたけど、なんでわざわざこんな所で?」

 見るからにただの小学生であるトラオが友達との待ち合わせだけで何故こんな地下水道を使うのか全く理解出来ていなかった。


「まぁ......僕もあの人に狙われてるからかな?」


「あの人?」


「クノリって人。」

 何故か自分を付け狙うクノリ。モモには何故自分が追われているのか皆目検討がつかなかった。


「なんであの人が私達を追いかけ回してるのか知ってる?」


「うん。」


「教えて教えて。」


「あの人が僕達を追いかけ回してる理由は単純だよ。ただ、『アザムキソウセキ』君を覚えているから。」


「......どういう事?」

 何故アザムキのことを覚えている事が、狙われることに繋がるのか。


「どうやらあのクノリって人は、人の頭の中を弄ったり出来るらしいんだ。
そのせいで、僕ら以外はソウセキ君の事を覚えていない。」


「トラオ君はソウセキと面識があるの?」


「前自転車のチェーンが外れて困ってた時に、アザムキ君に直してもらった。それから仲良くなった。」


「ふ〜ん。そっか。これから私達はどうなるかな?」

 こんなところにいつまでも居るわけにはいかない。


「分かんない。あの人めっちゃしつこそうだし。最悪家に帰れないかも。」


「家に帰れない?」


「うん。あの人僕の家にまで来るんだ。僕のお父さんとお母さんもあの人に操られちゃって、僕の事を引き渡そうとしたんだ。」 


「なんでそんなにアザムキ君の事をみんなの記憶から消そうとしてるのかしら......?」


「分かんない。でもあの人本気。何かバレたら不味いことでもあるのかも。」


「トラオ君が待ってる友達って誰なの?」


「ジョウジ君っていう子。今、家にすら帰れないから、ジョウジ君に食い物とか絵本とか持ってきてもらうんだ。」


「もしかしてこの辺に住んでるの?」


「今はね。仕方ないけど、この地下水路に身を潜めて暮らしてる。」


「私もそこで一緒に暮らしてもいいかな?」


「全然OKだよ。話し相手いなくてつまんなかったからね。」


「ありがとう。」













 一方、アザムキが今現在いる方の世界。


 フランとクーネはアギルとバンデットの魔の手から逃避行を続けていた。


 クーネとフランはとある洞窟に身を潜め、小休憩を取っていた。


「フラン......もう私のことは見捨てて......貴女だけでもいいから逃げ延びて......」

 クーネは右足を抑えながら、フランに頼むように言った。


「そんな軽薄なこと出来ないよ。クーネは大切な仲間だもん。絶対一緒にアザムキの所に行こう。」


「もう私はダメ......逃げる途中足を怪我してしまって......もう走れないよ......」

 クーネの抑えている右足からは、血がジワジワと流れ出ていた。


「それならアタシがクーネの事おんぶするから。何をしてでもクーネと一緒に逃げるから。」


「......しっ! 何か足音が聞こえる。」

 何かの危険を察知したクーネは、フランと共に洞窟内の岩陰に隠れた。



「えっとぉ......捕獲対象はこの辺に逃げたって事なんだよなぁ…...? でもマジでなんも見つからねぇぞ? 痕跡の1つありゃしねぇ。」

「逃がしたら絶対ボスブチギレるよなァ......やべぇよ......」

「だって船でも逃がしてしまったんだろ? あくまで船で逃げられるのは予測の範囲内だったとしても......流石にその後構えてたのに逃げられたら俺らの面目丸潰れだよな......」


 フランとクーネを探す複数人の男の声が聞こえてきた。


「まぁでも、さっきアッチに置いてあった罠の1つが作動してたから、2人のうちどっちかは足を怪我してるぜ。」

「それなら血の跡を追えば良いじゃねぇのか?」

「それがここで途切れてるから困ってんだろうがよ!」

「それじゃこの辺のどこかに隠れてるって事なのか?」

「ここら辺のどこに隠れる場所が......ってまさかあの洞窟か?」

「馬鹿言え! あの洞窟はクッソ恐ろしい犬型魔獣の住処だぞ! どれだけ切羽詰まった状況だからって、あんな所入らねーだろ!」

「いや、分からんぜ? なんてったって相手はあの実力至上主義ルドだ。中の犬型魔獣の10匹や20匹簡単に殺せるだろ。」

「じゃあどうする? 洞窟の中誰か見てくるか?」

「冗談はよせよ。少なくとも俺は嫌だね。」

「俺だって嫌だぜ。もし捕獲対象がいなくて、魔獣がいたら俺達ひとたまりもないぜ。」

「じゃあどうすんだ? 何の成果も得られ無いまま手ぶらで帰るってのか?」

「いや......それは......」

「ボスと魔獣、どっちが怖い?」

「う......それは......」


「その質問は狡いな。ボスが怖いっつったらお前は俺に洞窟に行けと命令出来る錦の御旗を得るし、魔獣が怖いと言ったらボスに背いたと言って俺を斬りつけるだろう?
そんなどっち答えてもお前の良いようになる質問なんて答える気にはならん。なんなら質問したお前が行けよ。ボスに忠誠を誓えて、尚且つ魔獣も怖かないんだろ? ほら、虎穴に入らずんば孤児を得ずって言うだろ? 早くいけよ。」


「フン!そんなに言うなら行ってやろうじゃねぇの。」


 どうやらこちらに入ってこられるようである。

「くっ......ここはアタシが......」

「待って、いい考えがある。」

 クーネは、剣を握って今にも外に飛び出しそうなフランを止めた。

 危険を察知したクーネは洞窟の奧で眠る犬型魔獣にそっと触れた。

「あまりこの力は人前で使いたくなかったんだけどな......フラン、今から使う力を見ても誰にも言わないでね。」

「うん、分かった。」


 クーネが魔獣に触れた右手の痣が鈍く光り始めた。

「我、汝に命令する。目の前の敵を排除し、我々の安全を確保せよ。」

 クーネが痣の力を使うと、犬型魔獣がのそりと起きた。そして身軽な動きで洞窟の外に飛び出した。

「うわあああ! やっぱり出やがったああああ!! 退散だあああああああ!!!」

 犬型魔獣に怯えたバンデットの連中は、一目散に逃げ去った。


 命令を果たした犬型魔獣は洞窟内に戻って、またゆっくりと眠りについた。


「どうやらやり過ごしたようね。」

「クーネ......今のって......」

「ごめんねフラン。今まで貴女にずっと黙ってた。私は第二の神ナギサに愛された女なの。この痣の力はその証。」

 クーネはとても申し訳なさそうな顔で右腕の痣を見せた。


「......そっか......その痣のせいでクーネは連中に狙われてるんだね。」

「......うん。」

「クーネが秘密を教えてくれたなら、アタシも秘密を教えるよ。」

「え?」

 フランは上半身に装備している鎧を脱いで、自身のお腹を見せた。


「アタシの身体の中には鏃が埋まってるんだ。ほら、ここの鎧の跡をちょっと押すと、鏃の形が浮かんでくる。」

「鏃?」

「そう。この鏃が入ってるせいで、こんな訳わかんない身体になっちゃったんだ。これがアタシの秘密。」


 その話を聞くと、クーネはぎゅっとフランを抱擁した。


「ありがとうフラン......ありがとう......」

 クーネは涙ながらに感謝の意を述べた。


「何言ってんだい。アタシ達仲間じゃないか。」

 フランはクーネを抱き締め返した。








 一方キセ火山上空にて。


 ツタに絡まったホロウは、どうにか抜け出そうと思案していた。

「アザムキみたいにゴリ押しで抜け出るほどのパワーは持っちゃいない......どうしたものか......」

 ホロウは2分ほど考え、ある1つの妙案を思いついた。

「痛てぇけど、このまま死にたかないしな。仕方ない。」

 ホロウはツタに絡まっている左肩の関節を外し、ある程度無理な方向に動かせるようになった体を、ツタから出ている右腕の腕力でひょいと持ち上げ抜け出した。


「あぁ......くっそ痛てぇ......フン!」

 ゴキリという鈍い音と共に、ホロウは外した左肩の関節を入れ直した。


「ここまで高い所に来ると、空の境界を越えてしまうかも......一旦火口まで下がるか。」

 ホロウは上手いことツタに捕まりながら、スルスルと下に滑り落ちて行った。


「ん......? なんだありゃ?」

 ホロウは下に滑り落ちながら、外の景色を眺めていた。すると、今捕まっているのと同じ大きなツタのようなものが、各所から上空に向かって伸びているのが見えた。


 つまり、このツタが出ているのはキセ火山だけではないということである。


「......このツタは確か......レイラインの中心地から伸びてきたやつ......つまりレイラインを通して全国各地からツタを伸ばしてるって事か?」

 スルスルと滑り落ちながら、ホロウは仮説を立てていった。


「正解だよ。ホロウ君。」

 いきなり下の方から声が聞こえ、ホロウは驚いて下を見た。


「てめぇは......武器商人カシア......」

 ホロウの目の前に現れたのは、かつて忍の里の玉鋼から作られる武器を売り捌いていた男カシアであった。


「武器商人......今はちょっと違うかな?」

「そうか......てめぇもバンデットか......」

 ホロウは滑り落ちるのをやめ、器用にツタの上に立った。


 すると、カシアもホロウの真似をするように器用にツタに上に立ちこう言った。




「僕は今から月に行かなくちゃならない......君が今ここで僕を止めるってんなら......昔みたいに決闘でもしようや。」

「苦役甦す莇」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く