話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

日辻くんのゆるゆる取説

七白人間

第4話 席替え

俺は日辻、今日席替えがあった。やたらうざいやつと離れたが、身長のおかげで必ず後ろだ。先生に前がいいと抗議をしたらクラスメイトの視線が痛かった。俺はなんて哀れなんだと思った。
俺は天パだ。この前友達のフロス・ガナーくんと遊んだ。そしたらガナーくんが
「オマエノアタマ、デンシキキノニオイガスル」とか言われたら。天パを実は巻いているとか言いいたいのかあいつはお前もガナーチョコレートなくせにまぁガナーくん許してやろう。そう思った。
翌日今度はウル・ナチが遊びにきた。ナチの隣に座ったとき、
 「ヒツジ、ナンカデンシキキのニオイシネ?」
俺はまた同じことを言われた。まぁこの前も許したし、許してやろうと思った。
さらに翌日、ナデ・ラシが遊びにきた。ラシも同じことを言った。
 「ユウ、ナンカデンシキキのニオイスルネェ」
と言われた。しつけーよ、なんない言われれば済むんだ。俺の頭は電子工場かよ。そう思った。未だにその原因はわからなかった。

「日辻くんのゆるゆる取説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く