Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

26話<Mystery:謎>

ここは英才高校えいさいこうこう付近の街、練と灯里はちょうど下校している途中だった...

「はぁ...なんか面白いことないかなぁ...」
練は両手を頭の後ろに重ねながら退屈そうに歩く、そこで隣にいた灯里はこう言った。

「私といるのがそんなに退屈?」
「ん?退屈」
灯里の質問に練は冷たく即答した。
その練の態度に灯里はこう思った。

(そ、そんなに冷たくしなくてもいいのに...わ、私だって...)
練は灯里の落ち込んだ顔を見て心配したのか、声をかける。

「おい、どうかしたのか...」
ドゴォォォォン!!!!
次の瞬間、練たちの目の前にあったビルが崩壊した、周りの人達は慌てて大声をあげる、練たちはその状況を把握していてもたってもいられない状態にあった。

「行くぞ!灯里!」
「分かった!耀くん!」
練たちはその崩壊したビルの元へ向かった、そこにはもう既に警察、消防隊、救急隊員などの人達が救助活動を始めていた。
そんな中マスコミの人達は空気を読まずにニュースに報道したり、新聞に掲載する写真を撮る、サイレンが鳴り響く中でも人の声は微かに響く、それぐらい周りの人達も必死だった。

「これは酷いね...」
「あちゃー...では済まされないか...」
ふと、練はなにかに気づいた。

「なんかさっきから変な気力みたいなの感じるんだけど...」
シュゥゥゥゥゥン...ドゴォォォォン!!!!
次の瞬間、パトカーが密集しているところに何かがすごい勢いでぶつかっていき、その一体が爆発したのを周りの人達は確認した、もちろん、練たちもその状況を確認した。

「なんだ...あれ...」
「耀くん...あれ、なんかつい最近体験した気がするんだけど...」
「あれは学校で起きた事件だろ、これに比べらしょぼいぞ。」
練と灯里は黙って被害状況を目で確認する。
そして、練は呆れながらこう言った。

「あぁ!!もうなんでこんなに能力者って悪事を働く奴らが多いのぉ?仕方ねぇなぁ!ほんとによォ!」
そういって練は全速力で爆発したところに向かう。

「耀くん!?...もぅ...あんなところに行きたくないのにぃ!!」
灯里は呆れつつもしぶしぶ練のところへ小走りで向かった。
もちろん練は灯里よりも早く爆発したところへ着いた、そこはまるでその一帯だけ隕石が落ちたような穴ができ、真ん中にあるパトカーは鉄のプレートのように平たくなっていた、周りにいた人はおそらく死んだであろう、最低でも重症はしているであろう、そのように感じさせる程に人が倒れていた。

「えぇ...」
練が呆然としてその景色を眺めていた次の瞬間...練の右頬を何かが圧縮するような感じを感じた。
ドガシャァァァァァァァン!!!!
そして、そのまま練はすごい勢いでその付近にあったパトカーのフロントガラスにぶつかった。

「キャァァァァァァァ!!」
周りの人達はもちろん悲鳴をあげる、自分より年がしたの高校生が普通にしていたら起こらないようなことがその大人達の目の前で起こったのだから。
しかし、練は少し痛かったようだが、何も無かったかのようにポカーンとしていた。

「え?今何が起きた?」
すると、練の目の前に凄く大きく、筋肉質な体の男が現れた。
練はその男にこう質問する。

「お前は...誰だ?」

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く