Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

25話<小話:怪談>

「ねぇねぇ姫虎ちゃん!!」
灯里は何やら楽しそうに姫虎を呼ぶ。

「どうしたの?灯里ちゃん。」
「あのねあのね?校舎の三階のあの暗い廊下あるでしょ?」
「確かぁ...あそこ誰も通ってないわね。」
灯里は楽しそうに姫虎問いかける。

「なんでか、知ってる?」
「うーん...雰囲気が怖いとか?」
「ううん」
灯里は首を横に振って楽しそうにこう言った。

「あのね...あそこね?幽霊がでるんだって!」
「へぇ↑!!!!!」
姫虎は灯里の楽しそうな発言を聞いて驚いたのか、姫虎からはでそうにない声をだした。
姫虎は顔を真っ青にしながら灯里にこう言った。

「ちょ、ちょっと!!まさか、そこに行くわけじゃないでしょうね!!」
「え...そうだけど?」
「...」
灯里の言葉に姫虎は絶望し、廊下に倒れた。

「ひ、姫虎ちゃん!?」
結局、灯里と姫虎はその問題の廊下へと行くことになった。

「結構雰囲気あるね♪でも...」
灯里は姫虎のほうを向いてこう言う。

「なんで壁の隅っこなんかにいるの?」
姫虎は灯里の後ろの壁の隅っこに震えながら立ち尽くしていた。

「だ、だって...こういうところあまり好きじゃなくて。」
「もしかして姫虎ちゃん...心霊系にがry」
「そ、そんなことあるわけないじゃない!」
姫虎は顔を赤くしながらそう言った。

「よーし行くぞぉぉ!!」
姫虎は怖いのを紛らわすために大声をだして、自分から先陣を切って歩き出す。

「ひ、姫虎ちゃん?」
灯里は姫虎の行動に少し疑問を抱くも、姫虎に続き、歩き出した。
姫虎と灯里は廊下の割にはやたらと長く感じた...

「姫虎ちゃん、なんか長くない?」
「確かに、目の前に出口は見えるのに歩いても歩いても出口に着かない感じ...」
「もしかして...幽霊?」
「ひっ!!」
灯里の言葉に姫虎は驚く、灯里は姫虎の驚く顔を見てこう言った。

「あれ?もしかして姫虎ちゃん...怖い?」
「いや!!そんな訳ないでしょぉぉ!!!」
咄嗟に姫虎は答えた。

「とりあえず!!走れば行けそうだから走るぞ!!」
「あっ!!待って!!」
姫虎は必死に走った...
※皆さんは学校の廊下を走らないようにしましょう。

姫虎はあろうことか廊下でつまずいてこけてしまった。

「姫虎ちゃん!?」
姫虎はまるでどこかのモンスターハンティングゲームの緊急回避を思わせるような豪快なこけかただった...しかし、その勢いのままなにか見えないものに顔をぶつけた。

「痛っ!!」
姫虎はそう言って上を向いた時なにか空間が歪んだように見えた、歪み方も人の足のように見えた。
そこで灯里はなにかに気づいた...

「あれ?なにか見たことあるような...」
「...」
姫虎は察した...
姫虎は黙って、その歪みが発生したところをトントンと優しく叩いた。
その瞬間、歪みがピンと姿勢と正したような気がした...

「...」
姫虎は黙って右手に拳をつくってその歪みを勢いよく殴った。

「うわぁ!!!!」
その歪みが声をだし、尻もちをついて倒れた、そしてその歪みがなくなっていきある人の姿になった。
その姿を見た姫虎がこう言った。

「やっぱりお前かァァァァ!!!!練!!!」
そこには練が尻もちをついて、痛がっている姿があった。

「練くん!?」
「あっ...いや...これは...永遠エーヴィヒカイトって技の練習してて...それだけじゃつまんねぇからちょっとここを通ったやつにいたずらしようと...」
練が丁寧に説明してる間に姫虎は練の目の前まできていた、そして、姫虎は右手で拳をつくり練に殴りかかる。

「死んで詫びろ!!!!」
「おいおい嘘だ...うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
結局...練は次の日、顔がパンパンに腫れた状態で学校に来たのであった。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く