Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

20話 <Bester Freund:親友>

しばらくしたら光が消え...そこには二人の影が見える...その影は互いに背中をみせ、ただただ立ち尽くす。

「耀...お前は...何故...そんなに.......」
バタン...
咲妃倒れた、その時のその時の咲妃の姿はさっきのような筋肉質な体ではなく、女性っぽい体だった...
その様子を見る限り、咲妃は力を使い切ったのだろう。
一方、練は立ってはいたがいくつかの深い傷があり、とても大丈夫とは思えない姿だった。
その状態でも練は咲妃の方へ振り向くと、咲妃の質問に答える、それが練が咲妃にできる最後の行動だと思ったからだ...

「お前は俺と似ている...俺は大切な人を失って、他の人が誰かと楽しそうにしている時、なんで俺が失ったものがお前らにはいるんだと思った、お前もそうなんだろ?...例えば...何故自分がこんな目にあっているのにあいつはあんなに平然としてられるんだ...とか。」
咲妃には心当たりがあった...
(私がこれでなんで...)
そう...あの時だ...
咲妃はそう確信した。
練はそれを確信するかの様に納得した。

「そうか...」
練は少し悔やむようにそう言った、そして、練は続けてこう言った。

「どんな理由があろうとも、他人を恨んじゃいけねぇ...むしろ自分を恨め...場合によっちゃあ相手も悪いが、自分にもなにか悪いところはあったはずだ...他人を恨むな...いくら他人に殴られようとも、悪口をはかれようと...恨みの先には何もいいことがない...恨みの先は恨み、その先も恨み、恨みの無限ループだ...そんな沼みてぇなもの恨みに浸かって人生楽しいか?...今なら間に合う...お前は多分、警察とかに捕まると思うけど...帰ってこい...俺は待ってる。」
その言葉に先は感動を覚えた、今までないくらいに...
咲妃は泣きながらこう言った。

「こんな俺を...こんな俺を!!!!お前は待っててくれるのか!!!!」
練はその咲妃の質問に潔くこう言った。

「あぁ...男に二言はない...待ってるぞ!!!!」
その言葉に咲妃は心を打たれた...そして、腕で涙を拭いこう言った。

「分かった...」
運動場は穴だらけ、校門は破壊され校舎は崩壊寸前、その状況下で行われた約束だった。
その荒れた場所にパトカーや救急車の音と誰かの声が鳴り響く。

「耀くーん!!」
灯里だった、灯里は逃げた後、咄嗟に警察を呼んだらしい、灯里の走る背後にはこっちへ歩いてくる姫虎の姿も見えた。
灯里は練に駆け寄ると勢いよく練に飛びついた、練はそれを知ってたかの様に受け止めギュッと抱きしめた...

「耀くん、耀くーん!!!!!」
灯里は練の生きていたことに少し涙を流したが喜び強く抱きしめる。

「痛い痛い痛い痛い!!!!!」
練は灯里が抱きしめているところがちょうど傷口にあたり強い痛みを感じた。
それでも灯里は抱きしめるのをやめない。

「もういいから、そんなもん後でもできるだろ。」
灯里は悲しそうにこう言う。

「だって...耀くんが...生きてて...」
そこに追いついてきた姫虎がこう言った。
「そこでイチャイチャするのは勝手だけど、咲妃の事を最後まで見送ってあげないと。」
そう言われると灯里は咲妃の方へと目を向ける。
今、咲妃は警察に手錠をかけられ警察が咲妃をパトカーへ乗るように誘導しようとした次の瞬間...

「咲妃ちゃん!!!!」
咲妃には確かに聞こえた、灯里が自分を呼ぶ声を...
咲妃は顔を向けず、灯里にこう言った。

「なんだ...灯里...」
「たとえ嘘でも、親友になってくれてありがとう!!!!咲妃ちゃんが釈放された時また咲妃ちゃんに会うことがあったら、今度は...今度はちゃんとした、親友になってくれる?」
咲妃はまたもや感動した、自分が今までいじめてきた相手に叩かれ愚痴を吐かれるのではなく友達の上をいく親友申請されたのだ。
咲妃は流石に断れなかった、ここで断ってはいけないと思った。

「あぁ...いいぜ...待ってろよな!!!!親友!!!!」
「うん!!!!」
灯里が咲妃の威勢のいい返答に答えると咲妃は警察にパトカーに乗せられ、パトカーが走り出すと一瞬で咲妃の乗ったパトカーは姿を消していった。
その様子を練と灯里は最後まで見届けると練はバタっと倒れた、流石に耐えきれなかったのだ。

「耀くん!!!!耀くん!!!!」
「耀 練!!」
練の意識が遠のいていく...
そして、練は意識を失った。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く