Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

19話 <Jeder Gedanke:それぞれの思い>

咲妃はその練の言った言葉に、なんの返答もできなかった、それに呆れたように練は暗然ドゥンケルについて説明をする。

「これはな...今までは効果を継続させるためにわざわざある一定の量の気だけは体の外に放出させてたんだが...これは違う...その放出していた気を全て体に取り込み力の上限をあげる技だ...その代わり、かなりの体力が奪われる...最終的にはこの技の効果も切れるだろう...だから早く決着を着けようぜ?」
咲妃はその練の言葉に引っかかり、そして怒った。

「ふざけるな...何をさっきからガヤガヤ言いやがって...ふざけるな...努力という言葉も知らねぇ奴に...俺を指図する義理はねぇ!!!!!!!!!!!」
「努力を知らない?...」
咲妃の言葉に練は少し引っかかった、それを無視して咲妃は左足を地面にめり込ませるように踏み込み、踵の方に土が盛られる...
そして、右足に思い切り力を入れて地面を蹴った。
咲妃が蹴ったところの地面は不規則に形を崩し、咲妃の速さはもはや光を超えていた。
咲妃はその速さで練を殴ろうとした。
ギュイィィィィン!!!!
次の瞬間、咲妃が練から10メートル離れた地面に叩きつけられる。

「ぐ...何だと...俺の速さに...」
「もうあんな速さ克服したわ...ていうかさっきより遅くみえた...どうした?」
咲妃は怒り狂う、それはまるで女ではなくなるかのように。

「くそったれぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
「...」
練は黙り込みそっと目を閉じる、そして、咲妃の言葉を思い出す。
「ふざけるな...努力という言葉も知らねぇ奴に...俺を指図する義理はねぇ!!!!!!!!!!!」

(その通りだ...確かに俺もそのような奴らを何人も見てきた...だがな、はなから努力してないって決めつける...人の努力を認めねぇ奴のほうが最も酷いんだ...)
咲妃は体制を立て直すと右手の拳をグッと握りそこに気を集中させた、気が溜まると咲妃は練に向かって走り出す、無謀だと思いながらも走った、屈辱だった。
咲妃はその屈辱感から昔のことを思い出した。

4年前...
「陰キャのくせにわざわざ調子乗ってんじゃねぇよ!!!!」
そう言われて咲妃は女子生徒に押し飛ばされる、咲妃は教室の床に勢いよく尻もちをついた、それを馬鹿にするかのように何人かの女子生徒に笑われる。
咲妃は目が潤いながらも、その女子生徒の後ろで別の女子生徒と話している女子生徒を見る。
灯里だった...

(俺がこれでなんで...)
咲妃はその明るい笑顔に憎しみを覚えた、自分がこんな目にあっているのにも関わらず、平然と笑っている灯里が...

(うっとおしい...許さない...)

そして、あえて灯里の親友になりきり今に至る...
咲妃があの頃の出来事を思い出しているあいだにもう咲妃は練まで後5mmのところまで来た。

「しねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!かがやきぃぃぃぃぃぃ!!!!」
「お前には制裁を加えなきゃなぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
それぞれの思いが拳となってぶつかり合う...
咲妃は憎しみ...
練は灯里を助けたいと思う気持ち...
ぶつかり合う...
ぶつかり合う...
ぶつかり合う...
そしてついには爆発音とともに一瞬で光が広がり始め、練と咲妃の戦いの勝敗が分からなくなった。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く