Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

18話 <Dunkel:暗然>

緊張が走る...
練はすごい戦いになると予想し、灯里にこう言った。

「灯里...姫虎を抱えて逃げろ...」
「え?...何言ってるの?」
「見ての通りこいつは今こんな感じの電撃ゴリラになってる...とても女とは思えないほどの力だ...俺も真面目に戦うから運動場にでかい穴が開くほどの戦いになるかもしれない...だから逃げろ...」
「い、嫌だよ...」
「早く行けぇぇ!!!!」
灯里は練のその言葉を聞いて練の言ってることは本気だと分かった、灯里は練のためだと思い決意した、練に託した、灯里は急いで姫虎を背中に抱えて全速力で逃げた。

(耀くん...死なないで...)
練は灯里が居なくなったのを確認すると安心したのか、一呼吸ついた...
風が吹く...まるで今から戦いが始まることを表すように...そして、風は静まる...

「そろそろ...このめんどくせぇ戦いに終止符を打つか...はっ!!!!!」
そう言うと練は気を集中させ始めた...
練はその途中...灯里との思い出がいくつもいくつもフラッシュする...

「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」
風が吹き荒れる...竜巻をも超えた凄い風が吹き荒れる...
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ...

「はぁっ!!」
一瞬、練の周辺が強く光った、それと同時に爆弾が爆発したような爆発音が鳴り響く...
咲妃は咄嗟に腕で顔を覆い防御態勢にはいった。
シュゥゥゥゥ...
その光で発生した熱で辺りは煙で充満する...
咲妃はあの一瞬で何が起こったのか分からなかった。
咲妃はいち早く練を殺すために目を閉じて練の気を探る...

(見つけた!!!)
咲妃は練の気らしきものを確認した、そこに右手をかざし気団を撃ちまくる...
その直後に練の気は消えた...

「殺ったか...何が終止符を打つ...」
咲妃がその言葉を言いかけた次の瞬間、後ろから聞き覚えのある言葉が聞こえた。

「何が殺ったかだ...何も殺れてねぇぜ?」
「何!?」
ドゴォォォォォォン!!!!!!!
咲妃は運動場の地面に穴が開くぐらい、衝突した、だがその衝突で感じた痛みよりも、何故練がそこにいたのかに疑問を抱いた。
咲妃は確かに確認した、の気を...だがは咲妃の背後にいた...
咲妃はその事に関して考えていると練がそれに応えるようにこう言った。

身代わりフェイク...自分そっくりの分身をつくる技...お前が感じ取った気はその分身の気なんだよ...俺はお前が俺の気を探っている間に後ろでいつ気づくか待ってたんだよ...」
「何だとォ!?ナメやがってぇぇぇ...はっ!?」
練の挑発に乗った咲妃はふと立ち上がり、練の方を見上げた。
だが、咲妃の見た練はさっきの練とは全然違った。

「あれ?もしかして今まで気づいてなかったの?寂しいなぁ...せっかく今のところのフルパワーを出してあげたのに...」
「あ...あが...あ...」
咲妃は何も言えなかった、練の様子を見る限り...自分には到底勝てない化物だと感じた。
肌は人間とは思えないほどの灰色で両目はまるで世界の終わりを表すかのように紅く、首から右目にかけて禍々しい紋章のようなものがあった、ただ...前のような黒い上昇気流みたいなものはなかった、見た目だけ見れば前よりも弱そうに見えるが咲妃は確かに感じた、その弱そうな姿の内側にある本当の強さに...
それに少しの恐怖を覚えた咲妃に練はこう言った。

「あぁなんだ...何にビビってんのかと思ったら俺にビビってたのか...この俺の暗然ドゥンケルに...」

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く