Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

17話 <Letzte Nachricht:最後の予告>

練は咲妃のもとへ凄い勢いで飛び込み咲妃の頬を力いっぱいの拳で殴った。
その勢いで咲妃は遠くの校門の壁に衝突した。
そして練は飛び込んだ勢いで崩れた体制を直して立ち、こう言った。

「いやぁ...実はさっきから若干意識は戻ってたんだよねぇ...お前が灯里を殺そうとした時の灯里の涙が俺の顔に当たった瞬間に...」
「なんだと!?」
「いやぁ...あいつは無能力者じゃなかったんだって安心したぜ...」
「あいつが?信じられねぇ...ありえなねぇ!!!!!!!」
咲妃は怒りを源にして、力を溜めだした...

「ゆるさないぃぃ...ゆるさねぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
そう言って咲妃は練に向かって飛び込む。
練はそれをもろともせず反射的に咲妃を殴りった。
ドゴォォォォォォン!!!!!
再び咲妃は校門の壁に衝突する...
そして、練は決め台詞ゼリフのようにこう言う。

「あぁ...言っただろ?お前の笑顔を奪うような真似をするやつはあのチンピラのようにしてやるってさ!!!」
灯里はその言葉を聞いて、あのショッピングモールでの出来事を思い出した...灯里は涙を流した...
練はそっと灯里に寄り添い両肩を優しく掴みこう言った。

「泣くな...笑顔になってくれよ...な?」
「か...耀くん?...うん!!!!」
練にそう言われた灯里は涙を浮かべるも万遍の笑みを浮かべた。
しかし...まだ終わっていなかった。

「調子に乗るな...乗るなぁァァァァァ!!!!!!!!」
咲妃が校門の壁の瓦礫から練のところまでわずが0.00000000001秒ぐらいの速さで近ずいてその速度を使って練の頭部をすごい速さでで殴った。
ゴォォォォォォォォ!!!!!
練は殴られた衝撃で後ろの方へ一直線にぶっ飛んでいった。
ドガァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!!
練はその破壊力溢れる咲妃のパンチで学校の校舎に衝突した、そこから1部の範囲が崩れ、その時にできた瓦礫は練の体全体に降り注ぐ。

「耀くん!!!!!!!」
「ふふふ...アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!耀 練!!!!!お前はまだぁ...死んじゃいねぇんだろぉ?...ハハハハハハハ!!!!!!さぁ...やろうじゃねーか.....................
殺し合い最後の戦いを...」

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く