Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

14話 <Vergebung Gottes:神の許し>

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!!!!
物凄い速さで爆撃音に近い打撃音が体育倉庫を駆け巡る。
咲妃はもちろん苦しむ...一瞬後悔すら覚えるほどの痛みだった。

「1097...1098...1099.........1100」
次の瞬間、咲妃の鳩尾にその衝撃が加わり身体中に尋常ではないほどの痛みが走る、その痛みは言葉を1つ2つ並べたぐらいじゃ表しきれないほどの痛みだった。
ドガァァァァァァァァァァァン!!!!
その衝撃で咲妃は体育倉庫の壁を貫通して運動場へとぶっ飛んでいった。

「あぁ...やりすぎた...」
練は咲妃に挑発するようにそう言う。
それに乗った咲妃はさすがにキレたのか今までの人達のように気を溜め始めた。

「クソがァァァァl!!!!!みんな使えねぇわコイツは倒せねぇは...この世の中はクソだ...クソがァァァァ!!!!!!!!!」
「自分の失敗を...仲間とか世の中のせいにするんじゃねーよ!!!!」
咲妃の言葉に怒りを覚えた練は、咲妃に向かって駆け走り、咲妃に拳を向ける。

「うるせぇ!!!!!!」
咲妃も負けずに練に拳を向ける。
違った意味を持つ怒りの拳が激しくぶつかる、その衝撃で周りは嵐のような風が吹き荒れる。

「ぶっ潰れろぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
咲妃は女からはでなさそうな声でそう叫ぶ。
練は咲妃のその圧倒的な力におされている、そして、練は咲妃から何かを感じた。

「クソ...なんで...お前まさか...」
「そうだよォ!!!!!!俺はまだ、自分の力を使っちゃいねぇ!!!!!!」
「何!?」
「お前...さっきから気づかねぇのかァ?自分の力が弱ってきていることに...」
そう言われると練は自分の力がだしきれないことに気づいた。
そして、咲妃は自分の能力をあかす。

吸収性アブソアビリティ...俺の技じゃない...生まれた時から持っている、能力インフィニティスキルだ...お前は俺に触った回数分!!力が抜ける!!そして、その力は俺の元へくる...そんなことでを知らずに俺に刃向かって...後悔しろぉ!!!!!!!!!」
次の瞬間、咲妃は練にぶつけた拳に力をいれて、一気に練を殴り飛ばした。
そして、練はさっきまでいた体育倉庫に向かって衝突した。
ドゴォォォォォン!!!!!!!

「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!ざまぁねぇなぁ!!」
「耀くん!!!」
灯里は練の元へ向かおうとすると咲妃はこう言った。

「おっと...ダメだぜ...灯里...お前もさっさと死ねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」
そう言って咲妃は灯里に向かって走り殴りかかってきた。
灯里は一瞬...もう死ぬのかと思ってしまった、後悔...悲しみ...負の感情がぐちゃぐちゃに混じる。
もう咲妃は目と鼻の先だった、あまりの勢いに灯里は涙を浮かべながら目を瞑った次の瞬間...

シュゥゥゥゥゥゥン!!
咲妃の左側から凄い勢いで衝撃波が飛んできた、そして、咲妃の頭に当たりその衝撃で砂煙が舞う...
咲妃はそれを諸共せずは視界を確保するため光線が飛んできた方向の砂煙を空気を切るようにはらった...

「今の衝撃波は...まさか...」
「たく...あいつにあんなこと言われたら...行くしかねぇか...」
そこにいたのは姫虎だった。

「姫虎ちゃん!!!」
「姫虎!!貴様...裏切る気か...」
「裏切るか...違うね!!!!」
姫虎は咲妃にはっきりとこう言った。

「私は...神に許しをもらいに来た!!!!!!!!!!」

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く