Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

9話 <Illusion aus Eifersucht geboren:嫉妬から生まれた幻想>

願望空間ヴンシュラオム?...はぁ...また厄介な能力をもった輩がいたもんだ...めんどくさいねぇ...」
練は呆れた様子でしかも、自分が不利だと言うこともまるで知らないように姫虎に言う。
それに動じず姫虎はこう言った。

「なぁに?所詮は負け犬の遠吠え...何を言っても変わらない...」
「それが...お前の思考...いや、考えか...残念だ...」
「何をふざけたことを!!!さっさといくぞぉぉぉ!!!!!」
姫虎は練に向かって衝撃波を放った。
練はそれに呆れたかのようにこう言った。

「女からそんな口...聞きたくなかったなぁ...」
練はそう言うとバンッ!!と手でその衝撃波を弾いた。

「な、何!?」
姫虎の衝撃波を弾いた手はシュウ...と音を立てて、手のひらは赤くなっていた...だが、練は普通の顔をしていた。

「なんだぁ...手が少し熱くなるだけじゃん...もっとやってこいよ...びびってんの?」
そう言いながら練は姫虎に近ずいてくる。

「く、くそっ!!こうなったら!!」
姫虎は練に向けて手をかざすと手のひらに大きい魔法陣が展開された。

魔法操作第一闇式衝撃波コマンドファーストダークネスショット!!!!」
次の瞬間、その魔法陣から物凄い迫力の衝撃波が放出された、その衝撃波はまるで姫虎の心の闇の深さを表し、禍々しく、恐ろしいオーラを放っていた。
練はそれに動じず前に進見ながらこう口ずさむ。

対応防壁フィットバリア...」
次の瞬間、練の周りからバリアが展開され練を囲んだ...
そのバリアは少年漫画にででてきそうなバリアそのものだった。
しかし、そのバリアは姫虎の放った衝撃波をことごとく消した。
姫虎はその状況を見て驚いた。

「何!?そ、そんな...馬鹿な!!」
「そのまさかだよ...これで2回目だな、{対応防壁フィットバリア}...相手の攻撃の威力にぴったりと合わせて調節しぶつける事で相手の攻撃とバリアの威力を調和させ無力化できる技...ただ、弱点もあるが。」
「く、くそぉぉぉ!!!なぜぇぇぇ!!!」
「お前は過ちを犯した...いじめというな...楽しいのかどうか知らんが全く無能なやつだなぁ...これが、救えない人と言うやつか」
「何がだ!!!くそぉぉぉぉぉ!!!!!!」
次の瞬間、灯里の周辺から魔法陣がたくさん展開されそこから大きい気団が複数でてきた、その気団一つ一つが練に対する恨みを表すように濃い紫色だった、

魔法操作第二複数連射コマンドセカンドマシンガン!!!!!!!!」
次の瞬間、その気団一つ一つがいっせいに練に向かって放たれた、まるで姫虎が持つ恨みを全てぶつけるように...
それでも、練は冷静だった。
そして、その様子を見た姫虎の怒りは頂点に達した。

「死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」
一瞬、時が止まったかのように感じた...少し長く感じた...練は姫虎の様子に呆れながらこう言った。

「残念だけど、お前みたいな残念な人間に付き合っているほど俺は暇じゃない...さっさと終わらそう...お前の思考世界をな!!!!」
「何を馬鹿げたことを!!!さっさと死んでしまえぇぇぇぇ!!!!!!!」
対応反射壁フィットカウンター!!!!!!」
練は威勢の良い声を出すと次の瞬間、練の前に巨大なバリアが展開された。

「ぶっ潰れろぉぉぉぉ!!!」
「残念、潰れるのは...てめぇの方だァァァァァ!!!!!」
ドッカァァァァァァァァン!!!!
練と姫虎のいる空間には煙が舞い、あたりが全く見えない状況になった...破裂音が響き、声はひとつもしない...
その時...

「あぁあぁああ...服が汚れちまったよ...」
練の声だった...姫虎は地べたに仰向けになって倒れていた。

対応反射壁フィットカウンター...さっきのバリアの応用...これはだいたいの技を跳ね返すことが出来る...これで3回目だが、残念...俺は他にやることがある、やられる訳にはいかねぇ...じゃあ...だしてもらえるか?」
「なんで...なんであいつに構うんだ...あいつは陰キャなのに...」
「それはお前が作り上げた...幻想に過ぎない...お前がやったんだろ...姫虎...」
姫虎は怒りから覚めて冷静になる、何故か姫虎の目から涙がでてくる、一言でいうと悲しさだろうか、そういったシンプルな回答で終わるほど、姫虎は純粋な気持ちで泣いていた。

「だって...だって...あいつが鬱陶しかったんだよ!」
練は灯里のことでいっぱいいっぱいだったが、自然と悲しい気持ちになった。

「あいつは...小学生の時からそうだ!!いつも笑顔で...皆に親しまれていた!!羨ましかったんだ!!悔しかったんだ!!なんで...あいつばかりに人が集まる!!なんで...あいつより人一倍頑張った私に...人が来ないんだ!!だから...俺は...あいつの嘘の噂を流して悪い印象をつけて、それをうまいこと利用して集団でいじめたんだ...」
状況を把握したうえで練はこう言った。

「お前の言いたいことは分かる...しかし、お前は道を間違えた...嫉妬から生まれたいじめ...お前はそんな外道のすることをして、楽しいのか?お前はそれが原因で今まで何人の人間が自殺したかを知っているのか?」
「...」
姫虎は黙り込む...今までとはまるで違う雰囲気だ。

「お前のしたことは人間のするようなことじゃない...人間のような、何か怪物だ...」
姫虎は何も言えなかった...全くもってその通りだと思ったからだ...
次の瞬間、姫虎の後ろの少し離れたところからおそらく灯里のいた部屋に繋がるであろうゲートがでてきた。

「行け...お前には完敗したよ...世界は広いな...」
「はぁ...その考えがはじめからあれば、道を間違えずに済んだのに...まぁ...もう遅いか...この自分で作り上げた空間で懺悔しとけ...ここではお前の都合のいいように出来てるんだろ?きっと、神も許してくれる...」
そう言うと練はそのゲートをくぐって姫虎のいる空間から姿を消した...

「ふっ...今更、神は許してくれるのかなぁ...」
そう言うと姫虎は気を使い切ったのか自然と気を失った。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く