Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

8話 <Wunsh Raum:願望空間>

灯里の視界は真っ暗だが少し光が見える...それだけしかない空間に灯里は閉じ込められた。
手足は縄のようなもので縛られ椅子に座らされて固定されていた。
次の瞬間、目の前の扉が開き、誰かが部屋に入ってきた。

「問題です...私は誰でしょうか?」
灯里はその声を聞いてすぐに分かった。

「その声は...姫虎ちゃん!?」
「せいかーい...さて、耀 練はもう死んだんじゃないかな?」
「練?練がいるの!?」
「さっきも言ったじゃぁん...死んだって...」
(!?)
灯里は驚きのあまり心が削られたように感じた。

「う、嘘よ、れ、練くんが死ぬはず!!!」
「死ぬのよ...死ぬ運命なの...」
姫虎は即答した...そして、絶望に浸っていた灯里を嘲笑った。

「どうせこうなるなら...いっそ、あいつに構わなかった方がマシだったでしょう?...ははっ!!」
「そ、そんな...そんなことって...」
「はははははははははははははは!!!!」
「そういえば...あの...咲妃...かしら...今は体育倉庫の中だわ...助けはもうこない...残念ね...ふふっ!!」
「...」
「あっそうか!!元々...陰キャで暗いあなたになんて助けは来ないわねぇ...ははははははははは!!!」
「...」
灯里は黙った...何も言えなかったのだ、この2人のいる空間には笑い声だけが響く...
しかし、灯里はある事を思い出した...それは、ショッピングモールに練と遊びに行った時の一言だった。
「この俺がいる限り!!!!もし、こいつの笑顔あかりを奪うような真似をしたら...こういう風にそいつの思考ごとぶっ倒してやるぶっ壊してやる!!!!!!!!!!」
次の瞬間、灯里はこのような事を言った...

「助けは...来るっ!!!!!!!」
「何!?」
「耀くんは助けてくれるって言ってくれた!!!!」
「何を今更...助けなんて来るはずがない!!!」
「たとえ、今すぐでなくても...耀くんは...耀くんは...助けに来るんだぁぁぁぁぁ!!!」
灯里の声は校舎じゅうに響いた...だが、たとえ叫んだところで状況が変わることはなかった。

「残念...来ませんでしたぁ!!!」
姫虎がその一言を言ったその時...
バコォォン!!!
奥の部屋で何か物音がした...

「なんだ!?」
部屋の奥では物凄い音と悲鳴が聞こえる...姫虎は状況を察し...怯えた...

「ま、まさか...そんなはずは...」
奥の部屋はやけに静かになる...一瞬、時が止まったかのように。
姫虎がほっと安心しきったその時。
ドゴォン!!!
次の瞬間、姫虎と灯里がいる部屋の扉が外れた...
ホコリが舞い...あたりは灰色に染まる...その中にぽつんと人影が写っているのを姫虎は確認した...

「ま、まさか...」
「その...まさかだよ?」
あたりが確認できるようになった姫虎と灯里の目の前にはなんと練がいた。

「耀くん!!」
「そんな...お前は...死んだはずじゃ...」
「勝手に殺すなよぉ...スクールカースト上位の姫虎さんよぉ...お前の下僕さまには事情をちゃんと聞いたぜ...」
(!?)
姫虎はどうしても驚きのを隠しきれなかった、その様子を見て練は少し笑った...
そして、練は灯里にこう言った。

「待ってろ灯里...今すぐ助けてやるからな!」
「ふっ...あの役立たずがぁ!!」
「あ?お前のために頑張ってやってくれたのに...何いちゃもんつけてんだよ...」
練は姫虎にそう言って、ギロりとした目で姫虎を睨んだ。

「く、くそ!!!まぁいい...こんなことも想定していた...ならば...最終手段だ!!!!」
姫虎はそう言ってパンッ!!って手を叩くと練を異空間へと連れていった。
あたり一面が紫色で...深い闇のオーラを感じた。
そこで、練は何か違和感を感じた...

「ははははっ!!ちなみにここは全て私に有利な状況になっている...全てが私の思いのまま...後、灯里はここにはいない...」
「なんか面倒くさそうな技...」
「ははははっ!!これこそ私の技...願望空間ヴンシュラオム...あなたは今から...死ぬのよ...」

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く