Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

5話 <Name Gewinnen:名前勝ち>

次の日の放課後、練は帰る準備をしていた灯里の様子を伺っていた。
そして、いつ遊びに誘おうかと悩んでいた...

(やべぇ...いざとなると話せねぇ...なんかデート誘うみたいで恥ずかしいなぁ…それにしても...なんかいつもより明るくなってるぞぉ?なぜ?逆に怖いんだけど!)
そう思ってると灯里は練がこちらを見ていたことに気づいた。

(やべっ!!気づかれたっ!!)
「ねぇ?何見てるの?」
「え?い、いやぁ...あのさぁ...」
一瞬、二人の会話に間ができる。
練はバレてしまったら仕方ないと思い、はっきり言った。

「あのさぁ!!今日の放課後...ショッピングモール行かねぇか?」
灯里は少し驚いて、嬉しそうにこう答えた。

「う、うん!!私は大丈夫だよ!」
練は灯里にそう言われるとこう言った。

「よし!!じゃあ、4時に春愛しゅら駅に集合でいい?」
「いいよ!!私は...」
こうして練達は一旦帰ることにした...

練は時間に遅れないようにいつもより早く、家に帰った。

(やべぇ...あっさり成功しちゃった…急がねぇと...ん?視線を感じる...)
練は複数の人の視線を感じた。
練はその視線が後ろから感じるのに気づき、練は後ろを向くとそこには誰か学生らしき人がこちらを伺っていた…
その学生は見られたのに気づくと大慌てで逃げていった。

(なんだ?どこの学生だ?少し気になるけど、今は灯里が優先だ、早く家に帰ろう。)
そう思い、練は早く家に帰った。

4時になり、練は春愛駅の前についた、そこには灯里の姿があった。

(は、はやっ!!時間ぴったりに来たのに、待たせてしまった...)
そう思い灯里のいるところへ向かった。

「いやぁ...早いっすねぇ…灯里さん!!」
「いや...何その反応...別に早くはないでしょ?」
「何時からいたの?ちなみに聞くけど。」
「えーと…3時!!」
「え?」
(いやぁ...早すぎだろ...別に早くないけどって...めちゃくちゃはえーじゃねぇか...)
練は顔にはだしていないが心の中では凄く驚いた。
その気持ちを心の奥にしまいこう言った。
 
「よし!!じゃあ行こっか!!」
こうして、練と灯里はショッピングモールに行くことにした。
練と灯里は雑貨屋で欲しい物を買ったり、本屋でどんな本があるか見てたり、服屋で2人で決めた服を試着してみたりした、その時の灯里の顔は練にとって見た事のないほどの笑顔だった。
そろそろ帰ろうかと思った時、ゲームセンターの前を通った、練は少し欲が抑えられなくて灯里に頼んで、ゲームセンターに行くことにした。

「おっ!!あのゲームとか良さそうじゃねぇか?」
そこには2台のレースゲームがあった。
「お?ギアあるじゃん!!めずらっし!!」
「私あまり車知らないから言うけど、ギアって何?」
「今は珍しい機会だよ...お?この感じ...なつかしぃぃ!!!俺が金だすからやろーぜ?」
「え?で、でもあまり上手くないけどいいの?」
「いいからぁ...やろーぜ?」
「わ、分かった!!やるよぉ...」
こうして、練と灯里はそのゲームをやることにした。
その最中、練は灯里のプレイを見て驚いた。

(やべぇ...手つき上手いなぁ…ちょっと手を抜いているのもあるが、本気だすか...)
練は情けないが、仕方なく本気をだすことにした...だが、それでも灯里は変わらない、そして、ついに抜かされた。

(なにっ!?上手すぎじゃねーの!?ゲーマーとして...負けてらんねぇなぁ!)
練と灯里はゲームの中でだが、熱い戦いをした、練は純粋なプライドの保護のため...灯里は純粋に楽しくやっている、純粋同士の激しい戦いだった。
そして終盤...ゴールラインが見えた。

(来た!!この調子でいけば勝てる!)
その時、練は思い切りアクセルを踏んだ…しかし、灯里は思わぬ行動をとった...なんと、こちらに向かってぶつかろうとしてきたのだ。

(なんだと!?ガリを仕掛けてくるのか!?本気...!?)
その時、灯里の車は練の車の前に横になって止まった、練は突然の事だったので、そのままアクセルを踏み続けた、その様子は練の車が灯里の車を進んで押しているようだった。

(このままだと負ける!この状況をなんとか打破しないと!)
それがつかの間だった...灯里の車から離れようとした瞬間...練は気が緩み、ハンドルを誤った方向へ向けてしまった。

(やべっ!!!!)
ドガーン!!!!!その音がどちらが負けたのかを決めた…

「やったァァァァァ!!!!!勝ったァァァァァ!」
「くそったれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
勝ったのは灯里だった...灯里は凄く笑顔だった...
普通はもっと悔しがるはずなのだが、灯里が喜ぶ様子を見て練はこう思った。

(負けちまったけど...あいつにそういう名前をつけた、親の気持ちがわかった気がする...名前負けしないくらいの...いや、むしろ...名前勝ちしてるよなぁ…)
そうして練と灯里が帰ろうとし、ショッピングモールの出口前の家具屋を通ろうとしていた時...

「おい!!テメェ!!!!」
そこには体が大きくて強そうな男が五人いた。
灯里は少し怯えていたが、練は堂々とこう答えた。

「あぁあぁあぁ...何?いきなり...俺になんか用?それとも...」
一瞬...時が止まったように感じた。
次のの瞬間...強そうな男達にとって、少し気味の悪い言葉を練は言った。

「灯里を拐いに来たとか?」
「え...えぇぇ!?」
灯里は驚いた...あの体の大きい男達が自分を狙っていると思うと体に電流が走ったように怖く感じた...
その様子を察したかのように練は灯里にこう言った。

「安心しろよ...灯里、この俺がいる限り、お前には誰も近ずけねぇ!」
その威勢のいい言葉は灯里にとっては明るく感じた...
だが、少し心配だった。
その様子の灯里をひと押しするような言葉を練は言った。

「なぁに...心配しなくても。俺は約束は必ず守る...」
その言葉で灯里は安心した。
その様子を見て練は安心して、男達の方へ歩きながらこう言った。

「お前ら...もし、こいつを狙っているようなら...忠告しておいてやる…」
練はその男達にギランと目で睨んだ...その目は一瞬火柱がゆらゆらした青い灯火のようだった。
そして、練は男達の方へ走り、1番前にたっている男の頭の後ろを掴み...

ドガァァァァァァン!!!!
家具屋の三面鏡にその男の顔面をぶつけた!
それはまるで重たい石を湖に垂直に落とした時の水しぶきのようだった。
そして次の瞬間、練はこう忠告した。

「この俺がいる限り!!!!もし、こいつの笑顔あかりを奪うような真似をしたら...こういう風にそいつの思考ごとぶっ倒してやるぶっ壊してやる!!!!!!!!!!」
そして、その言葉に怒った男達は一斉に襲いかかった。
だが、練は少しにやけた表情でこう言った。

「あぁー...めんどくせぇ...どうせいつかは使うんだから...やるか!」
そうして、手馴れた手つきで練は上半身だけ服を脱ぎだした…周りの人はきょとんとした目で練を見ていた。

「フゥ...はァァァァァァァァァ!!!!!!!!!」
練は声をだし、魔力を集中させる...
練の周辺を邪悪なオーラが走る、それは禍々しく客観的に見て恐ろしかった。
その様子を見て灯里や男達、そして、その状況を見ていた人達も驚いた。
次の瞬間...辺りは闇に包まれた…

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く