Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

3話 <Kafige fur Menschen:人の檻>

次の日、俺は昨日校長に明日から高校に行くように言われたので、僕は何もなかったかの様に高校に行った。
練は昨日とほとんど同じ道を歩いているのに気持ちの方は凄くよく分からない状況にあった。

新しい高校に行けると言うワクワクと昨日の灯里の様子からくる不安感...その様な気持ちが入り交じった気持ちであった練は気持ちの面で凄く気持ち悪かった、練はその様な気持ちで高校に行く事になった...

校門の前に着くとその奥には灯里の姿が見えた...灯里は練の姿を見ると再び練から逃げる様に走り去っていった、練は追いかけようとしたが、後ろから姫虎が両肩にとびついてその両手でぎゅっと練を抱いてきた、練はそれに驚き、練は姫虎の方へ向いてこう言った。

「う、うぇぇ!?あぁ...姫虎か、どしたの?」
練の動揺っぷりに姫虎は笑いながらこう言った。

「はははははっ!!そこまで驚かなくても!!何?今日からこの高校へ来るの?」
その質問に練はまだ驚きが残ったままこう言った。

「う、うん!!そうだけど、その前にまた職員室に行かないと行けないんだ。」
そう言われて姫虎は一瞬都合の悪そうな顔をして、その顔を無かった様に直してこう言った。

「あぁ...そうなんだ!!うん!!仕方ないね!!ちなみに、クラスはどこ?」
そう言われてやっと普通になった練はこう言った。

「確か...2の3かな?校長がそう言っていた気がする。」
それを聞いて姫虎は驚きながらこう言った。

「えぇぇぇ!!!!一緒じゃん!ちなみにだけど灯里ちゃんも一緒のクラスだよ!?さっき灯里ちゃんの様子気にしてたっぽいから休み時間とかに聞いてみたらどうかな?」

「あっ!!そうなの!?それならその時に聞いても問題はないな。」
練はそう思い職員室に向かおうとした時、腕を強く掴まれ姫虎はこう言った。

「後ね、灯里とはそれ以降は関わりをもたない方がいいと思うよ?」
え?と練は思わず口にして悩みつつこう言った。

「うーん、分かった。考えと...」
と練が言いかけた時。

「ダメ!!!!!!今まで私の友達で灯里ちゃんと話した人の2、3人に鬱がうつっちゃったんだから!」
姫虎のダメという言葉におされて練はこう言った。

「あ、あぁ...分かった、分かったよ!」
そう聞いて姫虎は分かったと言い自分のクラスへ行った。
それを練は確認してから職員室に向かった。

練は職員室に向かう途中こう思った。

(昨日の灯里の様子といい、今日の姫虎の様子といい...
この学校なんかおかしくないか?確か、鬱病っていうのは一時的にその人をネガティブにさせる病気...他人に移ったとしてもそれもまた一時的なもの...それも、もっと小さい被害のはず...えっ?)
練は何かに気付いたがいつの間にか職員室に前についていて、練の隣では担当の先生が大丈夫?と呼びかけていた。

練は、はっ!!と我に返りその先生と自分のクラスへ向かった。
そしてまた教室へ向かっている最中にさっき思った事について再び考えた。

(もしかすると、姫虎の友達は鬱なんてうつってないんじゃないか?...とりあえずそういう事と仮定して、ならどうしてあの時、姫虎は嘘をついた?...あんな奴が嘘をつくとは思えないが...やっぱりなんかおかしい、少なくとも、今から俺が向かう教室には何かあるぞ。)
そう思っているうちに教室前についた、先生は先に入り生徒達に練について話をしている。

そして、教室の中から入ってきなさいという先生の声が聞こえたので練はうすうす教室へ入った、教室の中には水色のショートボブの女、金髪のイケメン男、姫虎などが居たが練はなにより、教室の後ろの窓際の席に座っていた灯里が気になった。

その時、練の見た灯里は机に顔を向け、暗い顔をしていた、まるでさっきまで嫌な事が起きていたみたいだった。

練はその様子を見て、もっと考えてしまう、まるで疑心暗鬼にでもなったみたいだ、それでも練は仕方なく生徒達にこう挨拶した。

「えぇ...みんなっ!!...よろしく!!」
練はこの言葉の後に顔を黒板の方へ向けてボソッとこれしか言えねぇ...とつぶやいてから再び前を向いた。
それに続けて先生は練について短く説明し、僕が座る席に指を指した。

そこは灯里の隣だったその瞬間、女の数名が少し気に食わなさそうな顔をした、その中には姫虎もいた。

練はその状況下の中、堂々とその指定された席に向かう。

机と机の間の道を歩く...まるで闇の中を永遠とさ迷う様だった。

その中に1人ぽつんと...灯里が椅子に座っている様に練は見えた。

練は席に着くと灯里の方を向いた...
その灯里は昨日以上に暗い顔をしていた。
練はその様な灯里にこう言った。

「お、おい...大丈夫か?」
「........」
灯里は答えない、まるで魂が抜けたようだった。
さすがに練も腹を立ててこう言った。

「おい!!ちゃんと言わねぇと分かんねぇだろ!」
それを聞いた生徒達と先生は練の方を向いた、先生はその練の態度に呆れてこう言った。

「はいってそうそう何ぃ?静かにしなさい!」
そう言われて、練は黙った。

その状況を見ていた生徒達はクスクスと笑っていた。

練はその状況を潔く受け止めて、次は自分に出来る事は何かと考えた。

(どうやったら...灯里は幸せなのか。)

(どうやったら…前みたいに明るい灯里が見れるのか。)

(助けたい...助けてあげたい...)
練はそう思った。
そして、練は過去の出来事を思い出した。

2年前...
「だ、大丈夫か!!!!!」
練は両手で1人の女を抱えてそう叫んだ。
そして、女性はこう言った。

「私は...もう...だい...じょうぶ...そんな事より...あなたが...生きてて...」

今...
練は我に返る、そしてこう思った。

(灯里はあいつに似ている...今度こそ、守りたい!)

練はそう決断したのであった。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く