Licht・Ritter:リッチ・リッター

∞云エンド∞

1話 <Anfang:始まり>

未来に対しての理想というものは極めて叶えにくいものだ、そして残酷だ。

理想というものは自分の思い通りの事へ繋がり、自分の思い通りの結末になるが現実は違う、自分の性格や偏見そして人から人に伝達される噂というハンマーの様なもので理想を映し出すスクリーンは壊される。

この様な事で現実を知らされた人達は沢山いるが、これはその様な事にあって独り身になったある一人の女子高生が体験した出来事...

「はぁ...家帰ったら何しようかなぁ...」
彼女は凄く疲れた様子でそう言い、はぁっとため息をついた。

どこにでもありそうな住宅路の端を独り寂しそうに歩く、まるで普段は集団で行動しているアリが一匹で行動してるかのようだった。

そうしていると、その女子高生の肩を鷹が獲物を攫う時の様に鷲掴みにされた様に感じた、というよりかは実際に今もされている。

女子高生が後ろを向くと、そこには三人の不良男が少し笑みを浮かべこう言った。

「なぁ...今から俺らと遊ばねぇか?」
そう言ってその不良男の一人が強引に女子高生の腕を引っ張って連れ去ろうとした。

「だ...誰か!!」
誰も居ないのは分かっていたが、駄目元でその女子高生は叫んだ.......その時。

「あのぉ...あまりそういう事すると、痛い目みますよ?」
そう言う声が聞こえたので不良男達と女子高生はその声のする方へ目を向けた。
そこにはグレーのフード付きのパーカーを着ている男がそこには立っていた。
その男は強くも弱くもなさそうでいかにも普通って感じで、顔はフードを深く被っていたのでよく見えなかった、不良男達はその男が言った言葉に怒りこう言った。

「てめぇ!!!ナメてんのかァ!?二度とこの街に来られないようにボコすぞテメェ!!!!!!!」
女子高生はその不良男の暴言に恐怖を覚えた。
だが、その男は違った…男性はその不良男の言葉を聞いて軽く笑いこう言った。

「あぁ...これだから考える事も知らないケダモノは...」
その瞬間...日光の光でフードの中から影が消え、そして顔が見えた、その時見えた顔は純粋な怒りからできる顔だった...

すると、同時に不良男達もその言葉に怒りを覚えた。
そして、その不良男達の1人がその男の前に駆けて来てその男の顔を殴ろうとすると同時にこう言った。

「てめぇ!!!あんまりナメてると殺すぞぉ!!!!!!!」
そうすると、その男は、あぁ?と言い、戦闘の構えにはいった......その瞬間、女子高生は今世紀最大の衝撃を目の当たりにした。
なんとその瞬間、男はその不良男の拳を下にかわして、まるで雷が空を切る様な速さでその不良男のみぞおちを殴った。
その力はあの体からくるようなものではないほどの力だった。
そして、そのパンチを受けて不良男は白目を剥いてコンクリートの道路に倒れ込んだ。

「お、おい...兄貴!?」
不良男の残り2人はその状況を見て少し恐怖を覚えた。そして、それに抗うかの様に不良男のもう1人がこう言った。

「てめぇ!!!よくも...許さねぇ...ブチのめすぞ!!!!!!!」
そう言って残りの不良男2人が同時にその男に駆けて来て襲いかかる...

だが、男はその不良男達の猛攻を今度は上に跳びかわし少し回転を加えてその不良男達の背後に着地して回り込みそのあまり強くなさそうな手でその不良男達の髪を鷲掴みにして、その不良男達の顔と顔を凄い勢いでシンバルを鳴らす様にぶつけた、その振動はあまりにも大きくその不良男達も同じ様にコンクリートの道路に倒れ込んだ。

ほんの一瞬の事だった。

そしてその男性は女子高生の方に走って来て、心配そうにこう言った。

「大丈夫か?あぁ...ここってそんなに治安が悪いの?」
そう言って質問してきたので女子高生は動揺した。

「え?え?」
そしてその男は少し困った顔でこう言った。

「あぁ...確かにあの状況見てこんな質問するのはおかしいのかな?まぁ、俺は...耀 練かがやき れん!!ちょっとした理由でここで暮らす事になったんだけど、たまたまここに来たらお前が居てさぁ。」
耀 練はそう言って少し笑った。

「で、お前の名前は?」
名前を聞かれたのでその女子高生はこう言った。

「私、天野 灯里あまの あかり...ありがとう!さっきは助けてくれて。」
そう自己紹介して彼女は笑顔で感謝の気持ちを伝えた。
そう言うと練はこう言った。

「いや、人として当然だよぉ、そんな事より英才高校えいさいこうこうってお前知らないか?服装的に高校生っぽいけど、もしかして英才高校の生徒?」
灯里はその質問に対して驚きながらこう言った。

「そ、そうだけど...なんで!?」
「いやぁ、実はここに来るついでにこの辺りの高校に転校する事になって、高校の場所が分からないから聞いたんだけど…気が動転して言えない状況なら無理に教えなくていいよ!場所を忘れた自分が悪いし。」
そう聞くと灯里は慌ててこう言った。

「い、今行こう!まだ校門は開いてるはずだから今から行っても遅くないよ!!」
いきなりそう言われたので動揺した練はこう言った。

「お、おう分かった!!早速だけど場所を教えてくれ」
そう言って灯里は練を高校へ連れて行く事になった。

「Licht・Ritter:リッチ・リッター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く