破滅の華が散る日まで

澪佩

序章

僕は1人の少女と出会った。幻魔狼の出来損ないの僕が近づいていい様な身分では無いのは分かっていたけれど、一目見た瞬間、この子は僕と同じだと確信はないけれど感じた。









・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*
私は1人の少年と出会った。少年から不思議なものを感じた事は鮮明に覚えてる。その不思議なものが何であるのかは分からないけれど一緒にいればわかる気がした。













さぁ、僕らの物語を紐解こう。何も知らない僕らを選んだ破滅の華が散る日まで…………

「破滅の華が散る日まで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く