転生先は異世界学園

猫宮&宮藤みほ

警報(宮藤みほ視点前編)

「そうねあなたを呼んだ理由はね」
と彩は語り出す。
「もうすぐこの学園に
1人の生徒を殺しにとある妖怪が来るわ」
「なるほど、でも並の妖怪程度にこの学園の
結界は破れないと思うわよ」
というわたし、宮藤みほの言葉に
彩は静かに息を吐いて吸うと言ったことを
した後にこう言った。
「それならいいのだけれど相手が
相手だからね、油断できないのよ」
その言葉に私は疑問を抱いた。
なぜなら学園周辺に学園の結界を敗れるような
強い力を持つ妖怪などいないからだ。
いたとしても私たち魔法探偵事務所や
他のチームにとっくに駆られているはずだからだ
「一応聞くわその相手とは?」
私の質問に彩は答えず
少しだまったまま天井を仰ぎそして
また私を見て語り出した。
「数年前に・・・この学園に
敵が攻めてきたわよね」
その言葉に私は黙る
なぜなら私もその戦いに
参加したからだ
こちら側は魔界と呼ばれる
場所にある学園のため
人間界の住人達には敵と見なされているからだ
そしてその戦いの終わりと共に
学園からは2人の住人が消えた。
「そしてその際にあなたの兄とその使い魔・・・・・・・・・・・
行方も分からなくなった」
と彩がいう。
「ええ、確かにそうねで?今回の侵入者と
あの戦いの失踪者に何の関係が?」
と私が聞くと彩はこう答えた。
「まだ分からないのかしら?此度の侵入者は
妖狐三倉よ」
「なっ!三倉ですって!?」
いきなりのその言葉に私は机に手を叩きつけ
立ち上がる。
なぜならその三倉という狐には覚えが
あったからだ。
「ええそして三倉に狙われている生徒は
たったの1人よ」
私は深呼吸をし落ち着きを取り戻すと
ゆっくりと椅子に座り問いかける。
「それで?その狙われている生徒というのは?」
と私は聞くと彩は少し考えたあとに
「先日理事長室でパートナー契約を
した生徒の片割れよ」
私がそれに対してもう少し聞こうとすると
次の瞬間にはソレは起きた。
「緊急事態発生緊急事態発生学園に
侵入者が現れました」
と警報が鳴り響いた。
「あら?来たみたいよ?」
と彩はスクリーンに映像を映し出した。
そこには見覚えのある獣人と
複数の生徒の姿が映し出されていた。


ー警報(宮藤みほ視点前編)(終)ー

「転生先は異世界学園」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く