転生先は異世界学園

猫宮&宮藤みほ

放課後の遊び

放課後・・・
私は一旦寮の自室に戻ると
黒いパーカーとチェックのスカートを
穿いて部屋を出るとそこにはナビがいた。
「マスター、お出かけですか?」
「ええ、誘われたから」
と私が言うとナビは少し
考え込むような仕草をした後
「私も同行してもよろしいですか?」
「ええ構わないわじゃあここで
待ってるわね」
「わかりました」
と言うとナビは部屋に入り
5分が立ったあと
「マスターお待たせしました」
とナビが出てくる
「いきましょうか」
「Yesマスター」
そして私はナビを連れて集合場所に向かった


そして私とナビが集合場所に
向かう五分前理事長室では
「これが彼女の使い魔なのですか?」
「そのようね」
と彩は返す
「しかしこれは危険ですよ?」
「その時はあなたに任せるわ」
と彩は言い放ち窓の外に目を向け
そのまま黙る。
遠くから鐘の音が聞こえてくる。


私とナビが集合場所に行くと
そこには3人がいた。
「あ!凪咲さんそれにナビさんだー
遅かったね!」
「まあ少し着替えに手間取ったから」
「そうなんだーいこー」
「まさかナビさんまで来るなんて珍しいことも
あるもんにゃん」
「・・・ああそうだな」
と言いながら二人が追いつくと
「あー二人とも遅いよー
あ、自己紹介してなかったね」
「そうね」
「まずはわたしから
私の名前は田辺弓職業は名前に
ちなんでアーチャーだよー♪」
と茶髪の少女田辺弓たなべゆみ
笑いながら言うと隣の猫耳の獣人少女に
「ほらー次はミーシャの番だよ〜♪」
と促された猫耳少女が
「ミーシャ・ヴァルナニャン♪職業は
ビーストニャンこれからよろしくね凪咲さん」
御影孝太郎みかげこうたろうだ職業は
バーサーカーだ」
と各自が自己紹介を終えると
「よし自己紹介も終わったことだしまずは
鍛冶屋に行こう!」
「鍛冶屋?なんで鍛冶屋に?」
「ふっふっふーそれはねー」
「それは凪咲さんまだフェイタルアーム
使えないでしょ?」
「フェイタルアーム?」
と私が戸惑うとナビが
「マスター、フェイタルアームというのは
学園の生徒が使える魔力のこもった鎧の
ようなものです。」
「なるほど」
「人によっては」
「・・・ 人によって形は様々だ
だからある意味オリジナルの衣装という
わけだ」
と田辺さんの言葉を遮りミーシャさんと
御影君の二人は説明をした。
「・・・私が言おうとしたのに」
「まあとにかく行くにゃん」
と言うミーシャさんに私達が付いていくと
やがて石造りの建物が見えてくる。
「ここでフェイタルアームの武器とかを
作ってくれるんだよー」
と言い田辺さんが中に入ると
「いらっしゃいませですよー」
「こんにちわユキちゃん武器を作って
くれない?」
「あー田辺おねえさんストレートに
いいましたね」
「あの・・・」
「おや?見ない顔ですねフェイタルアームの
武器作りの新人さんってとこですかね」
「はいそうです」
「なるほどならお姉さんの職業聞いていい
ですか?」
と少女は言う
「魔法士見習いです」
それを聞いた少女は
「ついでにステータスカードも見せて
・・・ふむふむおけありがとう」
「ユキちゃんどうかな?どれくらいかかる?」
「このステータスだと1週間はかかります」
「そうですか」
「マスター、ここは期待してもいいのですよ」
「そうそうこの鍛冶屋が1週間もかける
ということはかなりすごい武器が出来るって
事だよきっと」
「けどそれだとシュミレーションは
無理ニャンねー」
「あー確かにそうだねーならしょうがない
よし温泉に行こう!」
「特に汗はかいてないだろうが・・・」
「いいかい孝太郎、別にいいじゃない
温泉くらい」
という訳で私達は温泉に向かうことになった。
この時の私は自分に迫りつつある危険に
まだ気づかない・・・

「転生先は異世界学園」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く