転生先は異世界学園

猫宮&宮藤みほ

パートナー契約(序章3)

その日私は彩理事長の家にて泊まり
一日を学園への転入手続きへと費やした。


ー次の日ー
私は彩理事長が用意した制服を着て
鏡の前に立って自分の姿を見た。
そこには銀色の髪に黄色い瞳の
制服を着た自分の姿が写っていた。
(改めて見ると自分が本当に転生
したんだなって実感させられるわね)
「どうかしら?サイズはピッタリかしら?」
と彩理事長が聞いてきた。
「はいピッタリです。ありがとうです
彩理事長」
「いいのよあと私の事は彩さん
とかでいいわ」
私はその言葉に少々戸惑いながらも
言われた通り呼んでみる
「あ・・彩・・さん」
少しだけ恥ずかしさを覚えた。
「まあそのうちなれるわよ」
「はい」
そして準備を終えると私は
学園に向けて歩き出した。
彩さんはと言うと、事情により先に
行ってしまった。
仕方なくこうして歩いている訳だが
こうして見てみるとこの世界は
元の世界と色々違う。
まず歩いているのは私のように人間も
歩いているのだが
中には頭に耳が生えた少女や
エルフだろうか耳が尖っていたりと
人外も歩いていてとても新鮮だ。
と私が周りをみながら歩いていると
不意に目の前にいた誰かに
ぶつかってしまった。
「あ、ごめんなさい」
「いえ気にしなくてもいいです
これぐらいでは私は壊れませんから」
という声が聞こえ私がそちらを
見るとそこには一人の少女が尻餅を付いていた。
少女の耳には機械が付いていた。
私がそれを見ていると少女は
「あの・・・大丈夫ですか?」
少女の声に私は我に返ると
「えーと大丈夫ですとにかくぶつかって
しまってごめんなさい」
「いえ私も少し油断していましたので
急がないと」
と少女は腕の時計を見ると慌て始めた。
それに対し私は
(あれ?時間・・・・あ、まずい!)
そう言えば彩さんに
『今日は早めに来た方がいいわよ』
と言われていたのを思い出し
私は走り出す。



結果から言うとギリギリセーフだった。
そして私は学校の敷地の大きさに驚いた。
なぜならそこには中等部用の校舎と
高等部専用の校舎がそれぞれあり
そしてそこにプールと体育館が
付いていると言うのだからすごい。
そして私は急いで校舎に入ると
「やっと来ましたか」
どこからか昨日私を彩さんのところに案内した
案内人さんがいた
「あー色々ありましてね。」
私のその言葉に案内人さんはしばらく
黙っていたが
「まあいいでしょうこっちです」
と私は理事長室に連れていかれた。
理事長室に着くと
私は彩さんに
「この学園では生徒はパートナーを
作る事が決まっているのよ」
それに対し私は
「パートナーといっても
どうやって探すのですか?」
「それなら問題ないわ
もう決まってるもの」
彩さんのその言葉に
私は少しばかり驚いた。
なぜなら本来パートナーとは
他人が選ぶようなものじゃないと
思ったからだ。
それを先読みしたのか
彩さんは
「大丈夫よしっかり貴方と縁があるから」
「え?」
私が固まっていると
コンコン・・・
不意に理事長室のドアがノックされる
「失礼します」
という声と共に理事長室に入ってきたのは・・・
今朝方ぶつかったあの少女であった
「あなたは今朝の・・・」
私のその言葉にその少女は
こちらを見ると
「あなたが私のマスターに
なる人だったのですか・・・」
と彼女も驚いたようだった
説明を求めるように
私が彩さんの方を見ると
「まあわかりやすく言えば
パルスイートが決めたのよ」
「そうなのですか」
と言いつつ私は少女の方を見やり
そして少女の方も私を見ていた。
「それよりさっさとパートナー契約
しちゃいましょうか」
と彩さんは言いながら
私と少女に体をくっつけるように促す
私と少女がそれに従いお互いの体を
密着させる。
「さてじゃあ始めるから二人ともそのまま
動かないでね」
といい彩さんは案内人さんと床になにかの
文様を描き
何らかの言葉を紡ぎ出す
「我、契約の見届け人なりけり女神
パルスイートの加護をこの二人に与え
契約を執行したまえ」
すると床の文様から光が溢れ出した
途端私は手の甲に焼けるような
感覚を覚える。
そしてすこしずつ光が収まっていく
「契約は完了したわ
手の甲を見なさい」
言われた通り確認すると
そこには2つの名前
が刻まれていた。
ひとつは自分の名前が、
そしてもうひとつには
こう書かれていた
「ナビ・イルム・・・
それがあなたの名前?」
「はいこれからよろしくお願いしますね
マイマスター凪咲」
とナビはいうと倒れる。
咄嗟にナビの元に駆け寄ろうとしたが
体が重く感じ
私は急激な眠気に襲われ
そのまま倒れた
彩さんは静かにこちらを見つめ
「おやすみなさいね凪咲さん」
そこで私の意識は途絶えた



「転生先は異世界学園」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く