転生先は異世界学園

猫宮&宮藤みほ

転生先は魔法学園(序章2)

ようやく光が収まり私が目を開けると
そこは先程とは違う場所だった。
周りには沢山の木があるのを見る限り
どうやら森に転生したらしい。
「・・・これどこに行けば?」
と私が途方にくれていると不意に
近くの茂みが音を立てる
私がそちらを見ると茂みから
出てきたのは一人の少女だった。
少女はこちらを見据えると
「あなたが凪咲なぎさ?」
「あなたは?」
「私はパルスイート様からの使いの者
付いてきて」
他にあてがある訳でもないので
私は使者に付いていくことにした。
そのまま使者について森を歩くこと
数分が経った頃
私と使者は開けた場所に出た。
そこには一人の少女がいた。
銀髪に銀色の目そして
どこか儚い印象を持つ
和服の少女だった
「あなたが黒野凪咲さんで
いいのかしら?」
「そうですが・・・」
と私が警戒心を抱いていると
思ったのだろう
和服の少女はゆっくりとした口調で
「安心して、私は零崎彩ぜろざきあや
あなたが入る魔法学園アヴィリオンハーツの
理事長をやってるわ」
その言葉に私は驚きを隠しきれなかった
目の前の少女はどう見ても私と
同じ歳に見えたからだ
「あなたが何を考えたかは大体分かるわ
何故私のような子が理事長なのかって
ところかしらね」
「確かに思いました」
「そう・・・」
その空気に耐えられなくなった私は
彩理事長に本題を切り出す。
「私をここに呼んだ理由は
なんですか?」
「その事ねあなたをここに連れて
来たのはパルスイートに
頼まれたからなの」
「パルスイート様に?」
「ええあなたには魔法学園に
入ってもらうわ」
「え?・・・えぇ――――っ!!」
そして私の魔法学園生活が幕を
上げたのであった。

「転生先は異世界学園」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く