話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

来客は突然にですか?

「ちょ、なんなのにゃ、これ!」

 地下の最深部へと潜ったマイハウスの中から出て七輪で鮎を焼いていると、柳沼がこちらに向かって突っかかってきた。

「あ? なにって軽食だけど」

「鮎の塩焼きを軽食と申すかこの愚骨め!」

「はい?」

「あんな美味しいものをなぜ飯で出さなかったのにゃー!」

「だって俺の分しか作る気ないし」

「……」

「お、出来た。うひー、美味そ」

 出来上がった鮎の塩焼き2本を手に取り、片方はそのまま、もう片方にはマヨネーズをかけて頂く。これがまた美味いのだ。鮎の独特な身の感触に塩気、そしてマヨネーズのあの味。

 あー、やばい。このままだとマヨラーになるかもしれない。マヨネーズって何にでも合うよね。

「うわ……ないわ……」

 柳沼は俺の食べ方と、本当に2本のうち1本が自分のものでなかったことから何故か俺に対して引き気味になったが、身の安全を保証している側としては、好かれなくとも信頼はしてもらいたい立場だ。

 マイハウスに放火とかされたら困る。すていすてい、そこから立ち去れ、よしよし、ちゃんと家の中で大人しくしてるんだぞ。

 それにしても、来るはずの来客がなかなか来ない。先程見た小型多勢の反応がバタバタと消えて、残りも差し押さえられているので、多分その辺で止まっているのだろう。

「仕方ない、ちょっくら迎えに行きますか」

 本当にどうしようもないので重い腰を上げて、自ら来るのを待つのではなく迎えにいくことにした。

「さて、どんな人達が来てるかねー」

 そのままテレポートをして最前線まで飛ぶ。

 目の前に現れたのは、死臭のするゴーレムの壁が狼の軍団を押し寄せている光景だった。

「ということは、ここが前線ではなくてもっと下層に下ったか。いやー、我ながら読みが甘かったね、それにしても、ここまで来た狼さんたちはみんなこのダンジョンの魔物たちを倒してくれちゃったわけだ」

 蛇以外にも敵対生物に対しては防衛装置として魔物たちが出現するようにプログラムしたはずだ。それが行われていないことを考えると、やはりスポーン狩りされてると思った方がいいだろう。

「ったく、無駄に強いな。この化け物たちは」

 仕方ないので魔物に割く魔力を大幅に増やして、一体一体の質を増強する。

 これで1層目から初心者ダンジョンのボス級の魔物がわんさかと湧くだろう。覚悟しやがれ野良犬共!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 ぐぉぉぉ、という咆哮が聞こえて、狼がこちらにやってきたのかと思い振り返るが、そもそも後方から聞こえた音ではなかったし、狼の鳴き声でもないことに今更気がつく。

「どこから聞こえた音?」

 シルティスは音の正体が更なる脅威になり得るかを判断するため、瞬時に周囲に確認をとった。

「機械音が混ざって聞こえました。スピーカーから漏れたなにかの音かと」

 班員の一人が答えると、シルティスはかつて映士から得た知識でそれをなんの音化を一時的に判断した。

「これは、げえむ?」

 自身の口からは滅多に発することの単語だったため少しなまってしまったが、その場に居合わせた全員は理解出来たようでうんうんと頷く。

「しかし、こんな地下で誰がゲームをしているのでしょう」

 1人がポツリとそうつぶやく。

「それこそ、速水映士しかいないんじゃないか?」

「ですよね、私もそう思います」

「しかし、この非常事態にゲームなどやるだろうか?」

「ご主人ならやりかねないわね」

 1人の発言から波紋のように会話は広がり、ついにゴールが近いということが分かると、班員たちの疲れた目に光が宿り始めた。

「よし、次で85層。そろそろこの馬鹿みたいに長い迷宮も終わるといいのだけど」

 期待と不安を胸に、シルティスたちは次の階段へと足をかけて降りていった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「1班、魔力障壁用意!」

『了解!』

 地上では、バルトラの懸命な救助及び駆除活動により、蛇たちの勢いは次第に弱まって言った。

「今だ、魔力砲を撃ち込め!」

『了解!』

 バルトラの的確な支持により所員たちは完璧な連携を行い、救助されたなかで動ける男達も一時的な避難所を作るために大いに貢献した。

 郊外に一時的な避難所を設け、蛇たちに襲われぬように地下に雷撃弾という蛇に電流を流すために作られた特殊な機械を埋め込んで、防御面に優れた拠点が作られた。

「12班はまだか?」

「はい、未だ連絡も来ず、彼らもかなりの苦戦を強いられているものと思います」

「すると、半数以上が救護能力特化の12班を当てたのがまずかったか」

 唯一の采配ミスは、回復術士を多く含む12班をシルティスと同行させてしまったことだった。

 ほかの班にも回復術士はいるにはいるのだが、この状況下では数が足りない。すぐに戻ってくると思って使いに出したが、それは判断ミスだったと言わざるを得ないだろう。

 あれから4時間ほどたった。そろそろ戻ってきても良い頃合だろう。とバルトラは考えた。

「この拠点がある国を滅ぼされることはなんとしてもあってはならない。して、これをどうすべきか」

 ふとそう呟くと、こちらに向かって走ってくる1人の所員の姿を捉えた。

「バルトラ様!」

「どうした?」

「バルトラ様に面会したいという男が来ています、何でも、相談したいことがあると」

「ほう」

 この状況でなにかいい案が出してもらえるのなら、本来ならそれは自分の役目ではあるが、藁にもすがる思いでしがみつくのもいいかもしれない。そう思い、バルトラは所員にその男の場所へと案内をさせるのだった。

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く