話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

今更だけど色々チートすぎませんか?

「はぁ、やっと薄皮までたどり着いたか?」

 ただひたすらに一方向を殴り続けていると、不意に少し外の明かりが見えた気がした。

「よし、あと数撃って所かなっ!」

 言葉に勢いを乗せて殴り、蛇の体内からの脱出を試みる。

 しかし、やはりと言うべきかそこまで蛇の皮も簡単には破らせてくれないようで、何度も何度も同じ場所を攻撃することになる。

「氷の剣を作ったとしても拳の方が威力高いしなぁ……どうするか」

 実際問題、外の人たちに何とかして助け出してもらいたいのだが、皮一枚を隔てて聞こえた外の音は、蛇の人間滅ぼすコールと人々の悲鳴で溢れているようだった。

「こんなんだと、自分で何とかするしかないんだよなぁ……」

 かと言ってなにか出来るかと言えばおいそれとイエスとは言えない。外の混乱具合がどの程度かわからないので、簡単にスキルを使ってしまえば、後でやれ実験だのやれ人類のためだのとどうこうされるのは目に見えている。

 力で振り払えばいいといえばそれまでなのだけれど、それで我が家になにかの被害が起こるのは個人的によろしいことではない。

 悪魔の家だ、化け物の家だとか言われて壊されたら嫁たちが巻き添えを食らってしまう。

「オーバーライトを使うにしてもな」

 何をするかが定まらないので無闇に妄想して結果を作ってボコされても文句は言えない。

 というか周囲に敵感知をして引っかかった反応が多すぎる。これが全て蛇だとしたら恐ろしいな。

 なにかこの場所から1発で抜け出せる方法は……一瞬でどこかに移動できれば……我が家を守りたい、その一心で……


「あぁ、テレポート一択か」


 はい、もうオーバーライトを使うのを躊躇している暇ないですね、うん。

 はいそこ、ご都合主義とか言わない、何か言いたければこのスキルを考えたやつにでも言ってください、俺は知らない。

「『オーバーライト』俺は超能力を使える」

 なんと安易な、と思うかもしれないが、いざと言う時にテレポートだけだと困るからね、サイコキネシスとか石化能力とか、その辺くらいは使えるようにしておきたかったのだ。

「さぁ、テレポート」

 体がふと浮く感覚。全身が重力に反している、そんなふうに思える不思議な感じ。

 その後、全身が眩い、蒼白い光に包まれて、俺は蛇の腹の中からいなくなっていた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 うぉっほう、仏様ありがとう、今だけ信じるわ、仏様ありがとう。

 ん、神様は信じないのかって? 残念だけどあのぽんこつを見たあとに信じられるかって言われると微妙なのよな。

 仏様の方が信頼おけるよね。(あくまで彼の個人的感想です。)

 それにしても、本当にうちにつくとは。

「とりあえずグッズを抱えて実家の方に持って帰るか。いや、いっそのことが変えずともこのままテレポートを……」

 近隣を少しばかり見て回ったが、まだこの辺りは襲われていないのか、ほかの場所のように火の手が上がったり建物が崩れたりしていることは無かった。

『称号:超能力者』

 何故か新しく増えたこの称号によって、オーバーライトなしでもこの状態を維持できるようになったのは色々と美味しいのだが、いよいよ本格的に自身の体のスペックが把握出来なくなってきた。

 あの、チートならチートでいいので無双させてくれません? ほんと。死んでばっかりって結構心に響くんよ、今回みたいに記憶ぶっ飛ぶなんてこともあり得るかもよ?

 今回の記憶ぶっ飛び案件はそれが理由ではなかったけれども。

 いやしかし、少し話を戻すけれど、実家の方が本当に無事だという確証はない。あー、どこかに安全なところないかな……あ、ここを、マイホームを要塞化すればいいのか?

 またもやオーバーライトに頼ることになるけれど、これは行けるんじゃないか? 割れながらグッドアイデーァ!

 あ、ウザイとか言わないで、ちょっと調子乗っただけだから許して、ヲタクは無視と悪口に弱いんだよ、みんなよく覚えておくといいよ。

「よし、そうと決まれば!」

 大急ぎで自宅周辺を自身の妄想力(笑)で覆っていく。オーバーライトの力で家の中身を一気に地下の最下層まで移動させ、その上に計84層のダンジョンを作る。

 どんどん出来上がっていくダンジョンに1人で惚れ惚れしています。

 基本やられないための構造を作りたいので、蛇が通れるか通れないかギリギリのサイズで作る。

 地下にそれだけの広大な空間を、直下で用意するのは難しかったので、層ごとに微妙に高さをずらすだけで、基本は螺旋構造で作っていく。

 すべての回をモンスタートラップにし、モンスターは蛇だけを攻撃するようにプログラム。人間は、とりあえずうちの手前までは来ていいよ、中に入れないけど。

 あとは柳沼を連れてきて、一時篭城するまでだ。幸い、オーバーライトで食料の無限化には成功したからな。

 世界観移動は無理だったけど。あれは妄想邪道にもならんらしいね、世界は自由にできるのに移動は自由にできないって、基準がよく分からないんだけれど。

 まぁひとまず、しばらくの拠点は完成したので、ここで何とかしのごうと思う。

 え? 蛇を倒さないのかって? ……あー、あ、カップ麺作るためにお湯沸かしてるんだった。

 あー、吹いてる吹いてる、火を止めないとー。

 ……はい、忘れてました、考える気も起きませんでした、許して……

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く