話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

なんか効率悪すぎやしませんか?

 作戦決行の晩、俺たち一行はそこまでに突き詰めていった作戦の内容を何度が確認し直して、山頂の魔王城へと向かった。

 エルンの案内で俺たちは2つのグループに分かれ、それぞれのルートへと各自移動する。

 敵感知のスキルによって常に周囲の敵を把握しているのだが、敵感知にかかるのは魔王の反応だけで、それ以外の敵対生物の反応は一切見つかることは無かった。

 視界の端に映るマップの中心に見える赤い点は、城の中を右往左往しているようで、先陣組の的が外れないか少し心配になる。

 裏道から魔王の元へと向かったはずのエルンたちだが、よく考えると魔王の妹であるエルンがそんなことをしていると分かったら、バレた時に魔王サイドからのお咎めがかなりのものになるのではなかろうか。

 あの天然童女のことだ、必ずここで倒すなどとほざいてあとのことを全く考えずに先走ったのだろう。本当にどうしようもないやつだ。魔神サイドにレジスタンス運動をする奴らって、実は大抵みんな馬鹿だったりちょっと抜けてる子だったりする?

 うちのシルティス嬢もそうだし、なにか関係があるんだろうか。うん、ないね、しってた。わかってるからその黒いオーラをしまってください、遠目でも見えます。

 とにかく俺たちは、先に入ったエルンたちが魔王を外に追い出すのを見計らって白を破壊。その中にある魔王の魔術の心臓部、氷石のコアを破壊しなくてはならない。

 【偽・破滅魔法】で何とか破壊できるかどうかだろうとシルティスが言っていたが、よく思えば、その程度の硬さなのだったらうちの双剣ちゃんたちで溶断した方が早いなと思ったのは本の数十秒前だ。

 妄想力でなんとかカバーした、それこそ初心者ダンジョンの床を突き破った時の本物(?)のヤバいやつよりもはるかに劣る偽物だ。破壊力など元から多く持ち合わせていない。

「ご主人、そろそろだわ」

 シルティスのその声で我に返り、大急ぎで魔法発動の準備をする。詠唱が必要ないとはいえ、その分多く使ってない今回のような大型の魔法は、集中力を代償にして発動される。妄想してる時は集中力MAXだから問題なく射出できるのだけど、あのスキルは使うと、使用後の気分が最悪で色々あとに響きかねない。ここは自分の力で何とかするしかないようだ。

 城の頂上が大きく砕けて、轟音とともにエルンが城の中へと落ちていくのが見える。

『おらおらー、姉ちゃん、覚悟〜!』

 気の抜けた、しかし大きな声でエルンの声が聞こえた。ここでエルンが南の魔王を仕留めてくれれば万々歳なんだけど、さすがに無理かな?

『神楽の舞!』

 あいつの技はどう聞いても厨二くさい。というかミツアキ、案外君ほかの世界救った勇者っていう設定からくる強さに忠実なんだね、思いのほか戦力になってる。

『『至高神と大魔王の戦火ゾロアスター』!』

 ヤン兄が初っ端大技を放っている声が聞こえる。あれ、俺から吸った魔力使い切るつもりですか?

「さて、俺達もそろそろ行くか。あいつらに一旦引いてもらわないと」

「ええ」

 シルティスに了解をとると、大声でこう叫ぶ。

「『偽・破滅魔法』スピアーオブ、ブラッドサッキング!」

 我ながら恥ずかしい名前である。ミツアキに技の名前を考えさせた結果がこれだ。あれ、なんか腹たってきたな、アイツごと城ぶっ飛ばすか。

『あれ、すこしはやくn……』

 ミツアキが外に出てくるのを待たずして打ち込む。主人公補正付いてんならよけれるだろ、このくらい。

 その俺の期待通りにミツアキは、赤黒く一直線に城めがけて突き刺さる巨大槍を高く飛んで避ける。

「殺す気ですか!? ちょ、殺す気ですか!?」

「あー、ごめんごめん、技名思い出したらイラついちゃって」

「じゃあ帰ればよかったじゃないですか!? 人に考えさせておいて理不尽にも程がある……」

 はっはっは、人間みんなそんなもんじゃない? 理不尽に気付かず理不尽して生きてるってみんな。ね? そうだよ……ね?

 パキパキと音を立てて崩れ落ちる氷の城を見て、昔家族で見に行った映画を思い出す。写真でも撮って姉ちゃんに送ってあげようか。あ、カメラないし送る手段もないや。

『エルン……私をはめたわね……絞首刑よ、公開処刑……』

『あっははー、なんてこったい、氷の魔女様は心まで凍てついてたってかー。実の妹からの最初で最後のビックなイタズラにそこまで怒るのかー?』

 鎧をまとったくぐもった声で、エルンが魔王に応答する。

『ここで死ぬ姉さんに絞首刑とかやられる筋合いないんだよね、さっ、あとは頼んだよ、おふたりさんっ!』

 魔法陣を手早くその場に書くと、そこにある2人の人物を召喚する。

「さぁさぁさぁ、体動かしてなくてなまってたんですよ! そろそろ出番ないかなぁって待ってたんですよ! マキナ、見参っ!」

「あのー、風魔法でこの周りの空気整えるだけでいいんだよね?」

 明らかに出番が少なすぎて大きなキャラ改変を起こしてしまったハイテンションマキナさんと、自分の役割をきちんと理解しているけど最終確認を怠らないコウジさんの召喚です。

「『ヴァ二ーノ・ヴェディ』!」

 よくわかんないけど、語感で魔法叫んでんだろうなぁと察する。巨大な火の玉を南の魔王にぶち込むマキナ、そしてその消えやすいマキナの火を空気を送り続けることによって永続的に燃やし続けるコウジ。

 こと支援に関してはお二人共一流ですね、そのまま僕の役割ついでみんな個々で魔王倒せるようになりません?

『このようなもので私がダメージを受けると? あのスライムもどきではあるまいし、片腹痛いですわよ、勇者共!』

 あー、流石にこんなに簡単にくたばらないですよね、パーティみんなの経験値をあげようとしたための苦肉の策だったんだけどなー。

「よっと」

『なっ!?』

 軽く一飛びして魔王の眼前へと迫ると、魔王は驚いた顔をして半歩後に下がった。

 が、遅い。

「『勇者パンチ』」

『ぬぶっ!?』

 女性らしからぬ声で、腹パンされて白の残骸に叩きつけられた魔王に俺はこう言った。

「残念だけど、アンタを倒すのは俺一人で十分だ」

 うん、最初からこうしてればよかったね。でも、旅は道連れだし、みんなに倒して欲しかったな! なんでみんな魔力切れてへばって広報でシルティスの救護受けてるのかな!?

 しっかりしやがれよ!?

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く